1日講習・全国出張!職長教育・安全衛生責任者教育ブログ

全国を渡り歩き、職長教育・安全衛生責任者教育を1日講習で行う愛知のRSTトレーナー。

3章 職長の職務 作業手順の定め方 その1

2017-12-08 14:19:10 | 日記
1 作業手順はなぜ必要なのか

作業者が安全に作業を進めるためには、機械設備や作業環境を危険が少ないものにすることが大切であるが、
そこで働いている作業者は、機械には持っていない記憶や判断のような高度な能力を持っている反面、
感情や疲労のようなマイナスの面も持っている。

そのために作業の流れと内容を安全面の立場から検討をし、必要な対策を取ることが必要となってくる。
普通、作業は「人」と機械・原材料のような「物」との関係によって行われている。


製品やサービスを目標どおりにつくり上げるためには、「品質」、「能率」、「原価」、「納期」および「安全衛生」を
作業の中に考慮しながら進めていく必要があると言えるだろう。
そのために「技術標準」、「作業標準」などの標準類が作られている。



―――――――――――――――――――――――――――
1日(一日)講習で職長教育・安全衛生責任者教育(再講習)
全国出張講習!修了証は即日発行致します!
ホームページはこちら http://www.t-try.jp/rst/
―――――――――――――――――――――――――――
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 監督・指示の方法 まとめ | トップ | 3章 職長の職務 作業手順の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事