磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画のないサウンドトラック

2012年12月10日 | 読書日記など

これでアップするのは最後となると思います。

 

ひどい人間不信になりまして、こういうパターンで書くのはつらいです。

 

10ccといえば、ボクの青春時代に売れていたバンドです。

 

一番ポピュラーなのは、「I'm Not In Love」という曲だと思います。

 

アルバム『オリジナル・サウンドトラック』にはいっていますが、

サウンドトラックといいがら、映画がないというものです。

 

一筋縄ではいかない10ccらしいなあーとも、思います。

 

テレビ・コマーシャルにも使われた曲ですから、知っているひとも多いのでは?

 

 

 

「愛してないよ」と歌っているのですが、よく聞けば愛しているんです。

 

当時、思春期のボクにはとても受ける曲でした。ロマンチックなのが大好きでしたから……。

 

こういうの逆説っていうんだと、教室でいばって話していました。

 

クラスの女の子に、「わたしのこと、愛してないっているの! 本当は愛しているんだ」とからわかれました。

 

でも、あれは思春期の歌ですけど、愛してないものは愛してないですね。

人間愛なら、あったかもしれないけど……。現実の生活にパラドックスはいれません、ややこしくなるので……。

 

パラドックスを使うバンドなので、たぶん「芸術こそ我が命」も逆説だと思うのですけど……。

 

なぜって、「芸術こそ我が命」をエリックがライブで歌っているのを聴いたことがない。シニカルに歌って、楽しそうではないから、皮肉なのではないかと、高校の時に思っていました。

 

それに有名な恐妻家という噂もあって、後「愛の鎖」というタイトルの曲も書いているほどです。

 

このバンドのことは一筋縄ではいかないので、ファン・クラブに入ったほどでした。おもしろいバンドでした。

 

そういや、このアルバムには以前も紹介したのがあります。

 

その他にも名曲があって、母が亡くなった日に、この曲を聴きながらおきました……。夢の中ですけど……。

 

かあさんのメッセージなんじゃないかな? と思いました。別にそう思っても問題はないだろうとも思いました……。

 

 

 

このアルバムには「二度目の晩餐」という曲もありますが、既成のキリスト教会の行いをみていれば、当然そう皮肉りたくなると思います。今なら、なおさらですね。この歌もエリックはシニカルに歌っていますね。

 

 

 

自殺を歌っているのは、クイーンと10ccくらいしかボクは知りませんけど……。

この三万人以上も自殺する国に、そのような歌がつくられないのか? ボクにはさっぱりわかりません。

 

そして、今年は三万人を切るというのも、まったく信用できません。日本の統計をすぐさま信用している人たちって、よほど日本の行政を知らないとしか思えません……。

 

index

この10ccでも、祈ります。10cc Old Wild Men Liveなどがあります。

この10ccは分裂します。

 

元の10ccをオリジナル10ccといいます。

 

ボクの好きな二人は10ccを脱退した人たちです。

 

でも、アルバムで好きなのは、『都市探検』です。

 

アルバムとしての構成がとてもまとまっていて、意味深いです。

 

何より、かわいたドラムが最高です。

 

でも、やはり素敵なのは脱退した二人。

 

最後の曲は御陽気に!

 

 

 

わたくしごとですが、私と関係がないのに、あるようにいう輩がいるかもしれません。確認してください。責任はとれませんから……。

 

ジャンル:
くやしい
コメント   この記事についてブログを書く
« びっくり電話 | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書日記など」カテゴリの最新記事