磯野鱧男Blog [平和・読書日記・創作・etc.]

鱧男の小説などをUP。環境問題に戦争・原発を!環境問題解決に民主主義は不可欠!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8.バテレン

2005年06月15日 | 【作成中】小説・メリー!地蔵盆



一、出会い

8.バテレン






 池山たちが来た。

「香取ちゃん、読書か。珍しいな」
「そうや、たまには、本読まないとなあー」

「なに、読んでいるんや」
「聖書」

「わかっている。バテレンの本やろ」
「バテレン、なに、それ」

「そんなことも知らんのか。それで偉そうに読書かいな」
 池山は雄二を小莫迦(こばか)にしていた。

「みんな、楽しく、よそで遊ぼう」
 池山たちは階段をおりて行った。

 バテレンとは、切支丹時代にポルトガル語のパードレがなまってバテレン(伴天連)になったという。パードレとは神父のことである。キリシタンのことをバテレンともいう。

 池山にジョンさんのことをひどく言われ、雄二は心配になって母に相談したくなった。
「おかあちゃん、ジョンさんと遊んでもええんか」

 うすぐらい六畳一間で母は内職のミシンをかけている。手をとめて、目をしっかり見開いてから。
「ジョンさん……。ああ、今度、アパートに引っ越して来やはったアメリカの人やね。どうして、そんなことをきくの? 雄ちゃんらしいないなあー」

「うーん、あのなー。バテレンは、人を誘拐して、外国に売るんやって」
 母はそれは時代劇の話ではないかと思う。
「外国に売る、そんなこと現代の日本にあるの!」
 母はお腹をかかえて笑っていた。

 雄二は真剣に母を見ている。母はまじめな顔になって話す。
「そんなことは、あらへんて」
「そうか」それで笑っていたんやなあーとわかる。

「そやけど、池山くん、どうして、バテレンなんて言うたんやろな」
「うん?」雄二は首をひねった。

「今どき、キリスト教のことをバテレンというのは珍しいわ、バテレンなんて古いわよ」
「古い。そうか、曽我のおばあさんに池山きいたんやな」

「そうかもね。曽我のおばあさんは、熱心な仏教徒だものね」
 母は笑っていた。
「それに、鬼畜米英っていって、鬼や畜生と変らへんにゃって……」
「まあー」母は大変、驚いていた。

「それは、大きな間違いよ。同じ人間よ。戦争が雄ちゃんの生まれる前にあったのよ。そのころには、相手を人間と思えば、戦いづらいので、鬼畜米英と教えたのよ。同じ人間なのよ。遊んでいいのよ。それに、お隣の江藤さんの静枝さんだって、カトリック教徒なのよ。雄ちゃんは小さいころ、静ちゃん連れられて、教会へ行ったこともあるのよ」

「そんなの覚えてない」
「そら、小さいころのことやからね。子守してもらっていたのよ」
「ふーん。言われても、わからん」

「静ちゃんのお父さんは、静ちゃんがキリスト教徒になるの反対やったけど……。そう、お父さんは、まわりの人に勧めないようにと約束させて、カトリック教徒になることを許されたのよ。雄ちゃんも、静ちゃんのように、自己を高めるんやったら、カトリック教徒になってもええよ。反対せえへんよ」

 静ちゃんは京都府立大に通っている優秀なお姉さんだ。

「家は仏教徒なんやろ?」
「そうね。家は浄土真宗だけど私は無宗教よ。何も宗教には入っていないのよ。宗教は嫌いよ。他人に自分の考えを強制する人たちが多いもの」

「どういうこと?」
「いろんな考えがあっていいってことよ。雄ちゃんは、子どもだから、キリスト教からも仏教からも、よい所を学ぶといいのよ」




↓1日1回クリックお願いいたします。

ありがとうございます。





もくじ[メリー!地蔵盆]

コメント

楽しそうなダイエット?

2005年06月15日 | 読書日記など
ちかごろ、抹茶ブームだそうです。
カテキンにダイエット効果があるらしいんですね。

抹茶の製品もふえてきました。
シュークリームはなかなか、おいしかった。




「おいしい、これだったら、五コはいけそう」
「それで、ダイエットになるの?」
「なるわけないかあー」
 と、漫才のような会話がありました。

何年か前のことでした。
藤村屋さんにもグリーンティーという商品があるのですが、
冷蔵庫にいれておくようにと書いてあるのは、はじめてでした。
そのグリーンティーは香りがいいです。
冷蔵庫に入れておいたら、香りが落ちないのかなあーと思いました。

八代目はんの日記のBlogでは、実売店で売ってはる寒天がよく売れているそうです。
やはりブームというのは、あるもんですね。

寒天を私にもかんて~ん。
座布団とられそう
コメント (2)