ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




竹田ビル、横田ビル。中央区銀座2-11。1986(昭和61)年9月7日

昭和通沿いに2棟の古いビルが並んでいた。写真左のルノアールが入る竹田ビルは今も健在だ。右の小さいビルは主に横田建材という会社が使っているようで、入口のガラス戸に横田ビルと書かれている。
竹田ビルは幾つかのサイトを参照すると、「1932(昭和7)年竣工、瓦屋根の6階は増築、元はホテル」。
戦前の火保図には「竹田ビル/竹田アパート/コ六」、横田ビルのほうは「四国ビル」と記入がある。昭和30年頃の火保図では竹田ビルの裏側に「竹田ビル」表側は「銀座ホテル/阪東調帯KK東京支店」、横田ビルは「自工ビル/自動車工業KK」となっている。



2005(平成17)年12月24日

隣の日本電工ビルが解体されて竹田ビルの側面が見えている。この写真からは6階建てとして建てられたようだ。正面は元は一段後退していたのを増築で埋めたように見える。ただしビルの前面と後ろとの床の高さが異なり、前面がそっくり別の建物のような感じだ。アパートまたはホテルにした部分とオフィスとして貸し出す部分とで構造を変えたのだろうか。


竹田ビルの裏側
1987(昭和62)年4月29日

裏のほうは表側とは違って、ただの古いビルで戦前の建築には見えない。6階は増築のように見える。現在は横田ビルの裏になる三光ビルと、城山産業とエースという喫茶店が入る家は新しいビルに換わった。
「相模書房」の看板が出ている。聞いたような名前だと思ったら、当ブログの根岸の記事でだいぶ引用した『東京の町を読む』の出版社だった。主に建築・土木に関する本を出しているという。










横田ビル。1987(昭和62)年11月6日
2020年6月20日追加

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )



« 日本ライト/... 増見東京営業... »
 
コメント
 
 
 
もうすぐ取り壊しになるそうです (たこぼうず)
2015-04-05 10:47:31
こんにちは。
このビルの部屋を借りている会社のものです。
もうすぐ取り壊しになるそうで、退去を迫られています。
とても残念です。
シックな様子が気に入っていました。
ぜひ、秋までに、もう一度ご覧になっておいてください。
 
 
 
>たこぼうず様 (流一)
2015-04-06 09:51:33
1階のルノアールが変わらないからかもしれませんが、表側を見ている限り、ずっとこのままで存在していくかのように感じてしまいますが、いよいよ建て替えですか!
ストリートビューを見ると裏側の外観も変わりませんね。1階の相模書房と4階の日本温泉科学研究所が今も30年間変わらず入居している。この…研究所、ネットで検索してもなにも判りませんでした。
 
 
 
ありがとうございます (pc23k488)
2020-06-17 20:31:30
祖父がこのビルを持っておりました。
その後伯父が相続し
そして改築した直後に売却した模様です。
子供時代に祖父に東京に連れていってもらった時にこのビルに泊まりました。
1階でタイルの展示があったのを覚えております。
毎日の朝食は隣の竹田ビル様のルノアールで頂いておりました。
このように映像で残して下さり、また素敵な文章で開設して下さりたいそう感謝しております。
たこぼうず様の投稿も拝見できて良かったです。

ありがとうございます。
 
 
 
>pc23k488様 (流一)
2020-06-20 18:22:27
横田ビルはおじい様が所有していたビルですか! ビルはおじい様が建てたものでしょうか? 建築年代、設計者などはお判りでしょうか? 横田建材はただのテナントだったのですか?
質問ばかりで申し訳ありません。ビル上部の装飾を撮った写真があったので追加しました。
 
 
 
凝っていますね (pc23k488)
2020-06-25 19:13:20
写真を追加して下さりありがとうございます。
凝っていますねー。
メールで申し上げました通り、祖父は元々東京では別の土地を持っていたのですが、ある政商がその土地が必要ということで、
この銀座の土地とビルと交換ということになり、
祖父が土地とビルを所有することになりました。
父の話によると、心付けの額などからしてもこの政商の裕福さに驚かされたとのことです。
なので建築年代や設計者は私は知らなくてお役に立てず申し訳ありません。
またこの建物について父に尋ねてみます。
横田建材は祖父の会社で、元々は故郷の県から出発し、東京に会社を開いたといった経過です。
(このビルを建てたのは祖父ではありませんが、故郷の建材会社ほか関連する建物は凝ってはいた気がします)

祖父の死後伯父が会社やこの銀座の土地とビルを相続し
その後建て替えて数年後に土地建物を売却した模様です。
 
 
 
>pc23k488 (流一)
2020-06-26 10:09:57
わざわざの返信をありがとうございます。「横田建材」はビルのオーナーだったわけですね。本文でもふれた通り、昭和27年頃の地図では「自工ビル」となっているので、おじい様が所有されて「横田ビル」に替わったのは昭和30年代かとかってに推測しています。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。