ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 



大阪ビル1号館。千代田区内幸町1-2。左:1986(昭和61)年2月2日、右:同年5月18日

設計=渡辺節、施工=竹中工務店、竣工=1927(昭和2)年。
ビルの外観は「ネオ・ロマネスク様式」とか「イタリア・ルネッサンスの城郭風」とか表現されている。ビル上部に張り出しているマチコレーション(張り出し狭間)の飾りが中世ヨーロッパの城塞のようで、ビルの特色になっている。その上下にテラコッタの獣と鬼の首を並べている。
構造的にはコアシステムというものを日本で始めて導入したという。コアシステムとはエレベーター、階段、給排水設備など各階を貫くものをビルの中央に集中させる平面構成をいう。(えらそうに解説してしまったが、「マチコレーション」と「コアシステム」という用語はこの記事を書くときに知ったばかりだ。)
撮影をした昭和61年中には取り壊しが始まったようだ。


7・8階部分。1986(昭和61)年5月18日


正面左端の出入り口と人物像。1986(昭和61)年2月2日

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 寿湯、他/築... 大阪ビル1号館... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。