ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 






左:高瀬商店、右:大星商店倉庫。中央区佃2-14。1989(平成1)年12月31日

立派な出桁造りの高瀬商店は佃大通りの二葉家和菓子店の角を入ったところにある。タバコ売り場もあるが、店先に箒や束子が出ているように荒物屋だ。現在、「高瀬家住宅」として中央区有形文化財に登録された。昭和6年築という。下の最近の写真ではタバコ売り場にポスターなどがなく、自販機も置いてない。平成1年の写真にも自販機はなく、これは珍しい店だ。下の写真には商品は置いてあるようだし、路上に灰皿が置かれているので廃業はしていないと思うがちょっと心配だ。建物左の白い看板は「孔官堂」のもので「松竹梅・仙年香・蘭月」は線香。
銅板貼りの看板建築は住宅地図で「大星」で、前の佃大通りを右手へ行った次の四つ角にある大星商店(酒店、現在はコンビニ)のものかと思う。戦前は「榎本乾物」、昭和25年頃では「榎本ゴザS(商店)」。ゴザとはイグサなんかで編んだ敷物のことだろうか? 山下薬舗と左の二葉家とも戦前から続いている店である。




近影。2008(平成20)年10月3日

二葉家(右写真左)は創業が明治元年という和菓子の老舗。新佃島には大正7年に移ってきたらしい。
銅板貼りの家の2階の窓の上の庇と、その上の帯状の飾りが外されてしまった。剥落しそうだったのだろう。山下薬舗は「レストランPUB・ohana」に変わっている。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )



« 横井豆腐店、... 増田屋/佃2丁目 »
 
コメント
 
 
 
高瀬商店は駐車場になってたw (Ryo)
2015-02-14 18:45:23
今日(2015/2/14)、この記事を参考にして現地訪問しました。大星商店倉庫はまだ残っていましたが、高瀬商店は無くなっていて駐車場になっていました。
 
 
 
>Ryo様 (流一)
2015-02-16 10:15:14
この辺りはまだ戦前築の商店が残っているところですね。高瀬商店は中でも、いかにも東京下町の日本家屋の商店建築で、間口も大きい立派な建物でした。中央区の有形文化財に指定されていましたが、それだけでは残すのには有効に働かなかったようですね。解体されたのは2013年ではないかと思います。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。