ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 



浅尾拂雲堂(ふつうんどう)。台東区上野桜木1-5。左:1989(平成1)3月12日、右:2007(平成19)年3月2日

言問通りから上野公園へ出る狭い道路に面している。額縁製作と絵画修復の専門店である。油絵修復で台東区無形文化財・工芸技術の指定を受けた浅尾丁策(ていさく)氏(故人)は昭和2年に当地に開業したという。
芸大がすぐ近所だから、桜木・谷中・池之端にはその関連の店や工房が点在している。



東京都職員上野桜木会館。上野桜木1-6。1988(昭和63)年8月5日

明治後期に建てられた民家。撮影時は東京都が管理していたようだ。現在は「上野桜木会館」の名称で台東区の文化施設になっている。集会などに使われているのだと思う。その際、修復工事をしているが、2階部分が失われてしまった。
写真左に2階の瓦屋根が写っているが、国の登録有形文化財「市田邸」である。日本橋で布問屋を営んでいた市田善兵衛が隠居所として明治40年に建てたもの。戦後は芸大生の下宿屋にもなったという。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 天野商店、他... 玉子屋隣の民... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。