ぼくの近代建築コレクション
東京の都心と下町を中心に、戦前に建てられた古い建物の写真を投稿していきます。
 




中将湯ビル。中央区日本橋3-4。1986(昭和61)年1月12日

八重洲通りと中央通りの交差点に立つ。壁面には事故防止用のネットが掛けられている。
中将湯は津村順天堂の商品と認識していたが、現在の社名は「ツムラ」。ツムラの「歴史」によると、1893(明治26)年、日本橋に創業。1952(昭和27)、中将湯ビル落成。1986(昭和61)年、千代田区二番町に本社社屋が完成。それまでは日本橋のビルが本社だったのだろ。


左:誠ビル。日本橋3-4。1986(昭和61)年1月19日
右:警眼社ビル。日本橋3-4。1986(昭和61)年1月12日

第一信用金庫のビルを挟んで古いビルが並んでいた。誠ビルは現在でも残っている。警眼社は戦前からの名称なので警備会社ということはないだろう。私立探偵社のような感じを受ける。
警眼社ビルの隣に「ヤエス松竹」の看板がある。ビルの地下にあった映画館で、撮影時は日活ポルノを2本立てで上映している。もっと以前は洋画の1本立てだった。昭和35年頃ここで見た「悪魔の発明」をもう一度みたい。
この八重洲通りに面してジャズ喫茶「ママ」があったのだが、どのビルだったのだろう。煙草売り場がある狭い入り口からすぐ階段を上った2階で、一度満席で地下へ回された時があった。ぼくがかよったのはコルトレーンが「至上の愛」を出した頃だ。

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 台東区―上野・... 墨田区■目次(2) »
 
コメント
 
 
 
写真転載のお願い (高津和泉)
2013-04-24 17:58:59
はじめまして。
ヤエス松竹の写真を探して辿り着きました。
最近、映画館が嘗てあった風景を探しています。
この写真をツイッターで使用させていただいてもよろしいでしょうか?
 
 
 
>高津和泉様 (流一)
2013-04-25 11:41:26
はじめまして。当ブログを運営している「流一」です。写真転載の件は承知いたしました。ご自由にお使いください。しかし、とても「ヤエス松竹」の写真とはいえないものですが、他になければしかたありませんね。
 
 
 
Unknown (高津和泉)
2013-04-25 16:23:55
流一様
早速のご快諾ありがとうございます。
先程、あの界隈を歩いてきて同じアングルで写真を撮ってきました。
残念ながら左隣の「誠ビル」は取壊されていました。
後程、ツイッターで写真を使わせていただきます。
 
 
 
転載のご許可ありがとうございました (高津和泉)
2013-04-25 17:01:05
流一様

以下の様に掲載させていただきました。

https://twitter.com/takatsu_izumi/status/327330353201168384

ありがとうございました。
 
 
 
中将湯アパート (棚野泰全)
2016-03-12 05:20:16
はじめまして。棚野(たなの)と言います。実は、戦前1930年代に私の勤める会社の社長が、高島屋の近くに、「中将湯アパートメント」があり、そこで数年暮らしておりました。住所は、「5通り3丁目」と、言っておりましたが、そのビルは、もうないでしょうね。当時4-5階建のアパートだたそうです。また、帝国ホテル前の、「井上英会話学校」で教鞭を取っておりました。もしご存知でいらしたら、お知らせいただけると幸いです。Los Angeles, USA 
 
 
 
>棚野泰全様 (流一)
2016-03-12 21:06:56
「昭和7~11年火保図」に「中将湯アパート」の記載がありました。場所はまさしく「日本橋区通り三丁目5番地」。現在の住所は「中央区日本橋3丁目6番地」。L型平面の耐火建築ですが階数の表示はありません。「昭和20年代の火保図」では、昭和30年頃と思われますが、戦前と同一の地所で「大正海上火災第二ビル、コンクリート造6階建」です。これが中将湯アパートメントを建て替えたものなのかどうか微妙ですね。5階だったアパートに増築して6階にした可能性もあります。
goo古地図の昭和22年航空写真と昭和38年航空写真では、同じ建物に見えます。日本橋3-6にはビルは1棟しか写っていないので、どの建物かわかると思います。その写っている建物が中将湯アパートメントなら、昭和40年頃にはまだ残っていたことになります。
仮定の話ばかりで申し訳ありませんが、手持ちの資料ではこんなところでしょうか。
 
 
 
中将湯アパート (棚野泰全)
2016-09-13 07:44:26
流一様
ご回答をいただきておりながら、お礼とお返事が遅れて申し訳ありませんでした。やはりアパートはあったのですね。部屋番号は、確か『404』か『444』で、入る人が居なかったそうです。階からは、皇居も富士山も観えたようです。社長が、『Chujyoto Apartment, Nihon-bashi Gotori Sanchome』と、言っておりましたが、私は大阪生まれですので、東京のことはよく知りませんでした。十数年前にJALの機内雑誌に、津村順天堂の会社案内がありまして、日本橋という文字がありましたので、きっと社宅なのだろうかとも、思ったりもしました。今は、もう無いのですね。社長は、戦中1943年にアメリカに強制送還されて以来、日本を訪れること無く、2010年99歳で亡くなりました。銀座、高島屋、丸善という言葉を、よく聞きました。ありがとうございました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。