浙江省 杭州に来ました。西湖ほか

2012年06月02日 | 日記
まるで 空港のような中国の鉄道の駅 上海の虹橋火車駅(鉄道駅)です。



そもそも 長距離バスに乗っていこうと思ったのですがユースホテルの人が 運賃もバスと変わらないし鉄道の方が早くて便利だと教えてくれたので 鉄道で来ました。でも 少し後悔してます。切符売り場には長蛇の列 ざっと200から300人くらい並んでました。今まで中国で鉄道の切符を買うときにパスポートの提示を求められたことはないのに ここでは パスポートの提示を求められました。ほんと海外旅行にでも行くような感じです。切符を買ってから荷物検査 そして 広さが半端でなく かなり歩きました。5分前に目的の列車に乗車 危うく乗り遅れるところでした。  

上海から高速鉄道に乗って150キロにある 浙江省 杭州に来ました。

そして 杭州で最も有名な湖 西湖にやってきました。湖面は杭州の特産の龍井(ロンジン)茶のような色をした 深緑色 



こちらが その龍井茶です。高級なものだと3000円から5000円するそうです。



江蘇省 揚州の痩西湖 に行った時 ユースホテルで知り合った。中国人が杭州の西湖に比べたら 全然大したここがないと言っていたけど 実際 その西湖を目にして 全く同感です。しかも 揚州の痩西湖 は入場料600円から1000円位したのに対して 西湖は無料です。ここ杭州は上海と変わらないほど物価が高いのですが こんな絶景をタダで見れるのなら許せるような気がします。





そして 西湖の夜景です。




杭州では バスを待つのに15分から20分かかったり バスが終点到着前に全員乗客を下ろすなど その他にも ユースホテルで鍵が壊れてたり トラブル続きで 一回目ですぐに好きになれるようなところではなさそうです。もちろん 一回目で好きになれた北京や香港 蘇州 などのところもありますが 上海も今回 5回目でやっと好きになれたくらいなので 杭州もあと数回くれば馴染めるかもしれません。 上海には道を熟知した警備員(警官)がいっぱい立っているなど 万博を経験して劇的に便利になったような気がします。ちなみに 杭州にも道に警備員(警官)がいっぱい立っているけど 道をあまり知らないような気がします。路線バスを降りた 反対側の道路にバス停がなかったり 大変苦労をしました。とにかく ここ杭州も上海のように めちゃくちゃ 人が多いです。

  
コメント