元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

朝の散歩----「二十一世紀の森と広場」

2018-11-21 15:02:41 | ウォーキング

日時;2018-11-20
天気;晴れ
カメラ;pentax 90

私の入院していた千葉西病院から歩いてすぐの場所に、「二十一世紀の森と広場」への入口がある。ここは幾つかある入口のうち、北口へ行く手前で、入口名がない。

この日は用事があったので、病院へは朝一番で行った。診察ではなかったので、用事はすぐに終わり、その足で名も無き入口に行ったら、開門は9時と言われ早すぎた。
止む無く近くを散歩して時間をつぶした。それが、以下3枚の写真だ。

 


車の向こうに見える建物が千葉西病院で、二階の連絡橋の右手が本館。


立派な建物の農家の前で。


名も無き門の近くで。

↓ 以下、「二十一世紀の森と広場」へ入る。


「北口」手前の無名の門へ向かう。左柵の中は公園広場、右柵の中は「木漏れ日の森」。


上の写真の道から公園の中を写す。


ようやく、公園の中へ入った。

早朝なので公園内は疎らかなと予想していたが、さにあらず。近くに住む中高年だろう。かなりの人が散歩やランニングに来ていた。私は千駄堀とは反対の右手の道を選んだ。というのは、この敷地内に幾つか、小さな里山がある。先ず、その一つを登る。快適な山道が付いている。

それが終わり下に降り立ち、次は千駄堀の左手にある里山を登る。二つあるように見えたが、一つは途中で行き止まりだった。

これらを終えてから下の広場の道を歩いた。山道での写真は無く、掲載の写真は皆、
下の道で写したものだ。

 
  左右どちらへも行けるが右手の道に進むと、このような場所。


公園を二分するように、公園の上に架かる車道。此処を抜けて左手に進むと千駄堀。


小川が流れていた。


千駄堀の東端にある公園事務所(パークセンター)と小さな博物館。


東端の広場にある花壇。
此処から東側の里山へ入った。 


此処まで山中を歩いてきたが、左手を進むと行き止まり になった。止むを得ず、再びパークセンターへと降りる。


上の標識のある場所で。

パークセンターから、今度は南口ゲート方面へ遊歩道を歩く。↓


南口ゲート周辺から、立派な長屋門の安蒜(あびる)家を写す。

上の2枚はパークセンター横の花壇。 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« windows10の更新でプリンター... | トップ | 白井市役所~小室西公園~小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ウォーキング」カテゴリの最新記事