元高校教師のブログ

地元仲間とのウォーキング、ハイキング、サイクリング、旅行の写真入報告。エッセイや意見も。

windows10の更新でプリンターに不具合。

2018-11-18 15:53:00 | パソコン関連

 ハイキング候補地として久し振りにカラー印刷をすることになった。念のためインクを充当した。そして印刷ボタンを押した。だが印刷できない。おかしいな、最近までできたのに。

 いろいろ試したが駄目なので、インク会社に電話した。言われる通りにプリンタ操作をしたが、駄目なのだ。インクカートリッジを調べた。PC電源のon/offは正常に作動するし、ノズルチェックパターン印刷もできる。
 最後に言われた言葉→「PCからの指令がprinterに通じていないのでは--」。
パソコン卓の背後はコードが複雑に絡まっていて夕方では確認できない。よって、翌日に持ち越して卓の背後を調べた。その結果、接続は問題ないことが分かった。そのことを電話で話したら、「これ以上のことは当方では案内できません。プリンタ会社に訊いてください。」

 ip2700プリンターを半ば諦め、新規購入まで考えた。だが一応、キャノンに電話した。Free call ではないので、電話はすぐに繋がった。PCとprinterに対して私がこれまでやってきたことを説明した。そして、向こうの指示に従って作業を始めたが、相手から見て、どうもマダルッコイらしい。そこで、作業をキャノン側に任せることにした(remote control)。途中で「設定など、だいぶイジッテますね。」などと言われた。
 つまり、私が問題を複雑にしてしまったらしい。不具合の段階で、素人はイジラないほうが良かったのだろう。私が電話をかけてから30分くらい経過しただろうか。

 向こうも私の電話代を考慮してくれたのか、「一旦ここで切り、暫くしてから、
こちらから電話します。別の担当者からになるかも知れません。」との言葉。

 そんなに待たずに呼び出し音がなった。今回も、PC画面で(remote controlの)
マウスが動くのが見える。早い、早い。---そして最後に、私の選んだ文書の白黒
印刷と地図のカラー印刷をしてくれた。

 キャノンは、ここまでやってくれるのだ。感謝、感謝。

  私のprinterの不具合は、windows10の直近の更新時にip2700プリンタードライバーを勝手に削除してしまったのが原因。今回は、それが分かって、そのプリンタ
ードライバーもインストールしてくれたのだ。

 windows10の更新で、これまで不具合になった例は多々ある。例えば;
AcStBmhE.exe---アプリケーションエラー
アプリケーションを正しく起動できませんでした。(Oxc0000142)。
[ok]をクリックしてアプリケーションを閉じてください。

  windows7のころは、こんなのは出ませんでした。上記のは、ずっと以前から出て
きますが、(どうしたらいいのか分からないので)まだ、削除できていません。

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ♯スマホウイルス こいつだけ... | トップ | 朝の散歩----「二十一世紀の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パソコン関連」カテゴリの最新記事