インテリア イハラのスタッフブログ 「国立窓掛屋婦人」

国立市で60年、夫婦2人で営むオーダーカーテン専門店「インテリア イハラ」のスタッフブログです。

窓からECO

2010-05-28 10:35:45 | インテリア イハラの話

最近の日差し、お部屋の中にいても気になりませんか?

若い頃は、日焼け止めなんて塗らずに、海でガンガン焼いていたのに、今では部屋の中の紫外線も気になるなんて・・・

そこでオススメなのが、UVカットレース!

通販とかで売っているものは安っぽくて、お部屋の雰囲気を損なう物が多いけれど、オーダーすれば種類は色々。

エレガントなものから、モダンなものまで何でもご提案できます。

他に遮熱レースもオススメ。

外からの熱の浸入をカーテンで防げば、冷暖房効率を上げCO2の削減になります。

遮熱ブラインドや、遮熱ロールスクリーンも気になります。

その他、消臭効果や、防汚の機能付レースもあります。

なんでも、ご相談下さいね!!!

Living514

写真は遮熱カーテンのムースシェードです。素敵でしょ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リフォーム!

2010-05-21 11:29:05 | インテリア イハラの話

ご長男がご結婚で独立し、暫く物置になっていたお部屋をリフォームしました。

ほとんどお任せで、テーマは「サロン風」!

まずお片づけから。

ベッドに箪笥、本棚、スキー板・・などを処分。

そしてクロスの貼り変え。

日本家屋の9割以上が、白いビニールクロスを貼るって知っていました?

クロスって面積も広くて、コーディネートも難しそう・・・だから、やっぱり白って思ってしまいがち。

しかし、そんな事もないんですよ。

因みに我が家は、新築の時「白い壁紙は使わない」という主人の考えで、全て色柄物にしました。(天井は白)

遊びにきた仲間には、大好評!違和感がなくて落ち着ける~って。

先日、貼り変えた我が家の廊下は「ペパーミントグリーン」。リビングは「サーモンピンク」。

そこで、今回の稲城市Iさん宅にも、「全面は抵抗があるなら、1面だけ柄物にしましょう」とご提案。

結局、「ウイリアムモリスのWindrush」を、部屋に入った正面の壁に貼りました。

「すごい、すごい!素敵ね~!!お友達に自慢しなくちゃ!!!」と大満足のご様子に、私たちもホッ。

床、窓、照明のお話は、また次回。

Sekoumae Clozet

Zenkei

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「富士ヒルクライム」試走~

2010-05-19 16:58:48 | 日記・エッセイ・コラム

昨日はお店が定休日だったので、富士山で試走する主人に、私は車でお付き合い。

今年は6月6日に開催される「富士ヒルクライム」、今年で5回目の参加。

「富士ヒルクライム」が、富士山の5合目まで、自転車で登るレースと初めて聞いた時は、ただ驚くばかり!

私なんて、多摩蘭坂も登りきった事がないのに!

いやぁ、それにしてもすごい!!!

私は、各駐車場で、主人のタイムを見て「がんばれ~!」と声を掛けるマネージャー。

がんばって登る主人を、車で追い越す度に、ただただ感心するばかり。

45歳になって、衰える体力と向き合いながら、トレーニングを重ねる主人を尊敬しています。

私も何かやらなくっちゃ!!!

Fuji

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「ネバーランド」 恩田陸 集英社文庫

2010-05-19 16:31:58 | 読書の時間

またまた、中学生の娘が学校から借りてきた本を拝借。

誰も死ななくて、苛めもないお話でした。

超有名進学校の寮で、男4人が年末年始に居残りを決めた。

その7日間の間に、自分だけでは背負いきれない秘密を告白し、互いに親密になっていく4人の青春物語。

自分ではどうしようもない家庭の事情を、それぞれが抱えていて、そこから離れたくて、寮生活を送る高校生の心情が、なんとも苦しく懐かしい感じでした~。

でもやっぱり、仲間は良いね!!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニチニチ!

2010-05-16 17:35:14 | この街 国立

昨日は、国立駅南口から徒歩3分、旭通りにある「ニチニチ」で友達と飲みました。

このメンバーで集まる時は、いつも「ニチニチ」。

安くて美味しい、オススメのお店です。

注文したメニューは、ニチニチサラダ、鶏のから揚げ、揚げ餃子、ガーリックトースト、焼きビーフン、ゴーヤチャンプル、タコライス、モンゴルうどん。

どれもすごく美味しいのだけど、しめはモンゴルうどん!これは美味しい!!!

スープが最高!!!

昨日は、すごくお腹が減っていて、女3人なのに、よく食べました。

生ビールと梅酒のソーダ割をたくさん飲みながら、とても楽しいひと時を過ごしました。

何だか最近、お仕事の話を全然していない・・・反省。

Nitiniti

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「へヴン」 川上未映子 講談社

2010-05-16 15:28:44 | 読書の時間

一昨日、娘が「お母さんが読みたいって言ってた本、借りて来たよ~」って、「へヴン」を私に貸してくれました。

そんな事を言った記憶もないのだけど、せっかくなので読んでみました。

とにかく苛めの描写が多く、同じ世代の子を持つ親としては、読んでいて苦しくなりました。

「この本は、一体最後に何が言いたいの?」と、ただハッピーエンドを願うばかり。

こんなに酷い苛めにあっていても、誰か一人、自分をわかってくれる味方がいたら、頑張れるものだろうか?

苛められる側と、苛める側の考えがあまりにかけ離れていて、普通に育った同じ年の人間が、苛められる側の痛みを全く、微塵も感じない、そんな話でした。

最近話題にのぼる本は、刺激が強すぎる気がする。

久々に、文学作品でも読んでみるかな?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「神様のカルテ」 夏川草介 小学館

2010-05-09 14:53:55 | 読書の時間

この本は、本屋さんが薦める本として、度々メディアに出ていたけど、何となく読む機会がなかった。

中1の娘が、「図書室にあったよ~」と借りてきてくれたので、せっかくだから読んでみました。

主人公の「一止」が勤める病院は、信州で24時間365日対応の病院。常に死と隣り合わせで、ハードな毎日。

妻のハルを愛し、夏目漱石を尊敬してる一止は、周囲に変わり者と思われながらも、医師として真摯に患者と向き合い、患者をいたわる、そんな先生。

この本は、スリルやサスペンスのような、ドキドキしてどんどん読みたくなるような本ではないけど、ふ~っと涙がこぼれてきてしまうような、そんな優しいお話です。

と、まぁ、こんな感じに、本の紹介も始めました。

あまり本が好きでなく、沢山読んでこなかった私ですが、娘が本好きで「お母さんも読んでみて~」と言われ、ここ2年位、読書を始めました。

特に好きな作家も無く、ジャンルもバラバラ。

何かの参考になれば良いな~と思っているので、よろしく!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする