粒金ワールドへようこそ

ホテルニューオータニ東京 アーケード階
『 粒金ホワイティー by jewelwhity 』 店長ブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『リフォーム』 考

2007年11月24日 | 店長 プライベート記

私の親戚が注文した TEZUCAリフォーム例を ご紹介いたします。Photo_5

リフォーム材料として 2点お預かりしました。 

  • 赤い珊瑚のK18イヤリング
  • 水晶のK18ペンダントトップ

ご希望は

  • ”大げさじゃなくね”
  • ”何か面白いデザインに変わって 普段使えるペンダントにしてほしい”Photo

皆様 このリフォーム例はお好きですか?

正直言って 私には、

  • ”この材料でどんなものが出来上がってくるのか” 出来上がりがまるで見えませんでした。 
  • さすがTZUCAは、 『お任せ注文』 を見事に形にしてきました。
  • 花瓶とお花になるとは 想像だにしていませんでした。

同時に 指輪のリフォーム注文も頂きました。 この写真のご注文は 残りの予算でお受けしたため リフォーム代としては 少々タイトでした。

私が 何を お伝えしたいかと言うと、 

  • 私が 失敗してしまったのです。
  • エレガントすぎてしまったのです。

出来上がりが見えない注文を お受けしてはならない。 

  • TEZUCAにガラガラポンに 甘え過ぎてはいけないのです。

幸い 同時におうけした リフォーム指輪の出来上がりの方は 大変気に入っていただけました。 

  • 私の親戚の注文でしたので 大事にならず納まりました。 
  • 貴重な経験(ごめんなさい)・・・今の時期に 勉強させていただけたことを、心から感謝しています。 ありがとうございました。 
  • 反省点がたくさんあります。 
  • TEZUCAとも 『ご注文の受け方』 『発注の方法』 など 改めて一から議論しました。

このペンダントは 『同じミスを起こさない』 ”自戒の証”Img_1057  として額にいれ、飾ることにしました。 お店の奥の片隅に、これを見つけたら ニャっとしてください。

こんな失敗例を ブログに公開することには さすがに ちょっと躊躇しました。 

  • でも 知っておいていただきたいのです。 皆様にも。 

 

コメント

羽織紐 縁起物

2007年11月24日 | TEZUCA粒金技法作品の紹介

3_3 

  • 大黒さま
  • ヒョットコ
  • 達磨

白い珊瑚に(象牙ではありません) 三者三様の 絶妙なタッチで彫られています。  見る方向により 豊かに表情が変わります。

この縁起のよいお顔を見るにつけ、X'masを飛び越して 『ああお正月が近い!』と感じてしまいます。 

  • 粋な羽織にご検討ください。 

目立ちませんが羽織にかける金具に、TEZUCAが ”粒金技法” をアピールしています。

男物

  • 日本の伝統美を大事にされる、文化意識の高い方に お勧めいたします。
  • TEZUCAが復元した ”和もの 粒金作品”を ぜひ世界にご披露ください。

追って ひとつひとつの 豊かな表情をアップさせていただきます。 

コメント (2)