クソムシが歴史系映像の感想を書いたり、妄想キャスティングしています。このブログは純度の高い自己満足で構築されています。
必然的なヒストリー



主人公が生まれた時から仕えてきた老女が死にました。

老女・菊本は主人公・篤姫にとっては日傘、もっとスケールを大きくしていうとバリアー的な存在でした。そんな『守り』の存在が側に居たからこそ、姫は自由奔放に生きてくることが出来たと思うのですね。
その『守り』がいなくなった今、「女の道」を彼女がどのように生きていくのか。
篤姫が今後どのような生涯を送ったのか既に知っていても、このドラマではどのように描いてくれるのか、とても楽しみにしています。

菊本の死についてはぶっちゃけ原作通りなのですが、今までがほのぼの青春劇だっただけにインパクトが強かったです。
しかも、このドラマにおける菊本はどちらかというと「そういう死に方」とは程遠いキャラだと琉河は感じていました。それだけに驚愕。
それでも死なせなければならなかったキャラクター。
その動機は原作よりも納得のいくものにして頂きたいです。

菊本の自決シーンで終わってしまい、憂鬱な後味になってしまった物語。
ストーリーのテンションも落ちてしまいました。(コレに比べれば瑛太の失恋劇なんぞたいした問題ではないかと)
次回、どうやって彼女の死を活かしてドラマのテンションを挙げていくのか、スタッフの腕の見せ所だと思います。

ところで、ジョン万次郎
いつの間にか重要なポジションに居座ってないか!?
なんだその「愛の伝道師」みたいなキャラクターは!!
なんとなく感じる上から目線が何とも言えない。
ああ、ハケンの品格で篠原さんや加藤あいさんの後ろをウロチョロしていた頃が懐かしいです。
ともかく、原作では万次郎の「ま」の字も出てこない人物に変な役割を与える今年の大河ドラマ。なんてファンタスティックなのでしょう

次回、篤姫はついに薩摩77万石を背負う大名の養女となります。
今までみたいに自由奔放に生きていくことが難しくなることは間違いなし。
彼女が、そこで思うこととは何でしょうか?



コメント ( 12 ) | Trackback ( 0 )



« 【篤姫レビュ... 【篤姫レビュ... »
 
コメント
 
 
 
女のみち (がてう)
2008-02-10 21:52:03
琉河様、一週間ぶりのご無沙汰でございます。
今回のタイトル「女の道」、なんだかぴんからトリオが出てきそうでした(年ばれる)

・ジョン万って(←勝手に略すな)、もともと漁師だったはずなのに武士の尚次郎となんだかタメ口状態だぞ、いくらアメリカナイズされてても・・・
・仰せの通り、菊本の自害はわかってても陰鬱になりました、なんだか目頭が・・・

あと、今月末の放送からかのコロッケさんが瓦版売りとして登場なさるとか。
「ペリーの顔真似」などをさはるそうな。

《姫だるま様》
吉高由里子さんについてのさらなるご教示ありがとうございました。
しかし小生は碌にドラマ見てなくて・・・(汗)
 
 
 
菊本なぜ死んだ? (冬芽)
2008-02-10 23:57:51
琉河さん、こんばんは^^
お久しぶりです。

原作を読んでいない身としては、今回の菊本の死は唐突で、意味がわかりませんでした;
突然献身する対象を失って、うつ病にかかり死を選んだのか、それとも、何か於一に諭すために死んだのか…。

>原作では万次郎の「ま」の字も出てこない人物に変な役割を与える今年の大河ドラマ。
万次郎いないんですか!?
何だか偉そうで、アメリカナイズされてる万次郎。
気になります!
 
 
 
薩摩隼人 (ケロケロ)
2008-02-11 01:05:26
この言葉、幕末でも死語だったんでしょうかね。
失恋?のショックがあるとはいえ、ひとさまの祝言の席で泥酔してボロ泣き。
万次郎とは男どうしだからまだしも、ともさかりえ嬢にまで実は於一様が好きだったんだ…と、ベラベラしゃべってしまう尚五郎。
元・漁師の万次郎のほうがキッパリしてる分、武士らしく見えなくもないです。「奪い返したらええ。殿様を斬ってでも」とかね(笑)

若手キャラの行動や感情の出し方が現代チックなので、菊本の自害がすごく浮いて見えます。死ななきゃならないほどの理由があるの?って感じです。
それを説明するシーンだけ、今は幕末! 命をかけてでも姫を諭すのが、守役だった薩摩おごじょの道なのです!なんて調子にならなきゃいいんですが。

あ、それから。
斉彬公が於一に向かって、そなたは我が母に似ているとか言った瞬間、脳裏をよぎったのは上杉政虎と伊勢姫でした(笑)

琉河さん、来週もよろしく!
 
 
 
銭形愛なら (トールギス)
2008-02-11 08:31:39
他殺の線もあるんですけどね…。
第一発見者の侍女が怪しいと見せかけて、真犯人は…
 
 
 
愛の伝道師・・・ (なおみ)
2008-02-11 14:59:50
琉河さん、こんにちは
>菊本の死についてはぶっちゃけ原作通りなのですが
あ、そうなんだ・・・ってか、そりゃそうですよねぇ・・・「そんな理由」で死ななきゃならない「封建制度」・・・酷いですね。今なら人権問題ですもんね。

>いつの間にか重要なポジションに居座ってないか!?
なんだその「愛の伝道師」みたいなキャラクターは!!
武士に対して偉そうな物言い・・・(菊本の爪の垢でも・・・)「YOUもコクちゃいなよ!」には驚きましたね~。そうして「ハートブレイク・尚五郎」は失恋の痛みを癒すため「ジャニーズ」に入り「倒幕5」を結成!とか?

>彼女が、そこで思うこととは何でしょうか?
「やっぱセレブサイコ~☆」ですかね?
 
 
 
私が捧げたその人に♪ (琉河岬)
2008-02-11 16:49:20
がてうさん、こんにちは!

>なんだかぴんからトリオが出てきそうでした
今回もし宮史郎さんがゲスト出演していたならば、間違いなく視聴率が軒並みアップしていたと思います。(笑)

>なんだかタメ口状態だぞ、いくらアメリカナイズされてても
海防のリーダー的存在、という自覚もあってか、万次郎は偉そうでしたね~。それでも、身分を気にせずに接する尚五郎の姿勢に効果が持てました。

>コロッケさんが瓦版売りとして登場なさるとか
ペリーの顔真似は面白そうですね
ドサクサに紛れて五木ひろしの顔真似なんかしちゃったりして!
 
 
 
菊本の死について (琉河岬)
2008-02-11 16:58:35
冬芽さん、こんにちは!

>今回の菊本の死は唐突で、意味がわかりませんでした
唐突過ぎですよね。
確かに作中での彼女の言動を見ていると欝状態になっていた、と推測してしまいそうです。原作通りの理由で菊本が自決したという展開になるのならば、見ている方が憂鬱になります。これをどう調理していくかは、もうスタッフの腕次第といえます。
 
 
 
時代錯誤な展開 (琉河岬)
2008-02-11 17:05:50
ケロケロさん、こんにちは!

『尚五郎グチ』シーンと『菊本の死』シーンでは明らかに取り扱っている時代が違うのでは?という違和感を覚えました。
尚五郎の価値観が現代的過ぎて笑えるので、それだけに菊本の死がワケ分からん事になってしまったと思います。
もし次回、ケロケロさんが仰るような
>それを説明するシーンだけ、今は幕末! 命をかけてでも姫を諭すのが、守役だった薩摩おごじょの道なのです!
なんてことになったら、尚五郎の言動は『男の恥』なので、皆で詰め寄って、切腹モノにならないといけませんよね。
私も、菊本の死の動機がそうならないことを願っています。
 
 
 
真犯人は・・・ (琉河岬)
2008-02-11 17:09:05
トールギスさん、こんばんは!

銭形愛的展開なら、さしずめ真犯人は梅野泰靖さんといったところでしょうか?善良なる老臣と見せかけて実は・・・、みたいな展開に。
 
 
 
YOUも! (琉河岬)
2008-02-11 17:18:57
なおみさん、こんばんは!

>「YOUもコクちゃいなよ!」
爆笑しました!
まさか、そこで『社長さん』が登場するとは!!
「倒幕5」のメンバーが気になりますね~。まさか西郷さんまでメンバー入りですか
 
 
 
Unknown (姫だるま)
2008-02-14 09:59:18
毎回、後半の「大奥編」にどのようにつなげていくのだろうと不思議でした。もしかしたらこのノリのまま江戸城を明け渡してしまうのだろうか?いや、それはそれでいいのかもしれない-とも思いつつある今日この頃...
でも今回の「菊本の自害」でドラマのトーンが変化していくのでしょうか?菊本を失くした篤姫も、失恋した尚五郎も大人になってしまうのだろうか。

でも篤姫には松坂慶子さんとの第2ラウンドが控えていますから、まだまだこのまま突っ走っていくのかもしれませんね。

琉河さま、先週のタイトル「あしたの、尚五郎」には大爆笑でした。立派な小松帯刀になって欲しいものです。
 
 
 
大人の階段 (琉河岬)
2008-02-14 22:15:26
姫だるまさん、こんばんは!

篤姫輿入れの時期も近づいてきましたよね。
篤姫はこのまま天真爛漫な性格でい続ける事が出来るのか、それとも見目麗しい大人の女性へと変わっていくのか。楽しみです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。