嶋津隆文オフィシャルブログ

嶋津隆文オフィシャルブログ

作家&政治家の『石原慎太郎お別れの会』

2022年06月10日 | Weblog


6月9日、渋谷の東急ホテルでの「石原慎太郎お別れの会」に参列してきました。
会場の入り口に入ると、大きなスクリーンに文学を語る生前の姿が映され、その向かいの大きなパネルには著書300冊ほどが飾られていました。作家石原慎太郎の世界です。
 しかし遺影のある会場に入ると風景は一変します。上の写真をご覧ください。前列左から菅、森、一人おいて細田衆院議長、挨拶するのは岸田首相。1列、2列には現役の閣僚や国会議員、何人かの知事が並びます。完全に政治家石原慎太郎の世界です。
そして呼びかけ人代表で挨拶したのは安倍晋三。
 「石原さんが逝かれて1か月後、お母さまが逝かれたと長男の伸晃さんから連絡をいただいた。私が「後を追いかけたんですね」というと伸晃さんは「いえ、あれは父が呼んだのです」といわれました。それがお二人の姿なんだと、とても印象に残っております」。
 心温まる話です。しかし何と不遜なことでしょう、私めは、この挨拶を聞きながらも、もしこの会場にミサイルが撃ち込まれたら日本の国家機能は完全にマヒするなと、あらぬことを考えておりました。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 届いた『石原慎太郎 お別れ... | トップ | 何ということ、安倍さんが凶... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事