ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

【一人ぼっちの夏休み】ルーフラック作成、其の一

2018年06月08日 | キャンピング

 ルーフラック、構想         

 毎度のことですが、一つのことが終わらないまま次の事を開始してしまいます。まぁ時間的に余裕のあることはちょっと後回しにします。

さて、スバル・アウトバックですが、米国仕様のルーフバーは使用しない時はレールの一部になり風の影響を受けにくくなっています。アイディア的には良いのですが、バーの間隔が固定されてしまっていて、あまり汎用性がありません。またバーの長さもレール間のみとなってしまうので、カヤックと一緒にルーフカーゴを載せたりすることが出来ません。

そこで今まで使っていたThuleのルーフラックを使えるように固定部分を作成しようと思います。

この図だけでは分かりにくいかもしれませんが、ルーフバーの他にタイダウンする場所が片側2箇所づつ付いています。一箇所につき150lbs(約68㌔)まで大丈夫のようです。ここを使おうと思います。

ネジは外してありますが、この様なタイダウンのプレートが付いているのでこれを外し、同じネジを使う予定です。

 作業開始           

使用するのは2.5インチ×2.5インチ×3/16インチ厚の角材です。これを長さ1.75インチに4つ切ります。

グラインダーで4面別々に切っていくので出来るだけ真っ直ぐ切れるようにバーを固定してガイドします。フリーハンドで切った割にはまぁまぁの出来です。

かなりの火の粉が飛ぶので、30度以上のガレージの中でツナギを着ての作業です。安全面を考えると必然的なチョイスなのですが、暑い!サウナスーツ着て作業しているような感覚です。しかし昔火の粉を浴びながら作業していて履いてるジーンズを燃やしたことがあるので、仕方がないですね。

 サイズの確認         

切る前に何度もチェックしているので、サイズがおかしいってことはないのですが、実際に置いて確認します。

大丈夫そうです。

横からの出っ張り具合です。

付けっぱなしにしていても気にならなさそうです。

 関連記事           

一人ぼっちの夏休み、計画編

ひとりぼっちの夏休み

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 一人ぼっちの夏休み、計画編 | トップ | 【一人ぼっちの夏休み】ルー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンピング」カテゴリの最新記事