ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

【道具】Drill Press、その二

2018年05月01日 | 番外編

 到着!            

最寄りのHomeDepotに配達されたとのメールが届いたので、早速受け取りに行ってきました。

こちらがその箱。ちなみに下にある一回り大きい箱は偶然にも同じ日に届いたFire Ringです。こちらは週末にでも開封します。

店舗で受け取った理由の一つとして、何か運搬で異常があった場合は受け取りを拒否できることが大きい理由です。もしも家まで配達してもらった場合、受け取りを拒否すると第三者の業者を挟んでしまうことになるので、面倒になります。

しかし特別問題なさそうなので、受け取ってきました。

 開封!            

開けるとまず説明書、土台、チャック、その他の部品が入っています。

説明書は最低限のことしか書いておらず、しかも載っている写真も真っ黒で殆どどの部分の説明なのか分からない具合です。まぁ説明書を必要とするほど複雑な道具ではないので、良いのですけどね。もしも別の道具をこのメーカーから購入する時は要注意です。

また、モーターの重量に対して土台が若干軽く感じました。少し頭でっかち感があります。最終的にはドリルを乗せる台にしっかりと固定する必要があります。(説明書にも書いてあります)

発泡スチロールを開けると本体が出てきます。

こちらも問題なさそうです。

ただこの時点で気が付いたのですが、塗装がちょっと甘いですね。もう数回コーティングするべきだったのかなと思います。まぁその分安くなっているのでしょうけど。

 組み立て!          

組み立ては至って簡単です。

まず、台に支柱をボルト4本で固定します。次に支柱に付いているオレンジ色のカラーとテーブルの高さ調整用のラックを外し、テーブル台にラックを挿した形で支柱に戻します。後はモーターを含む頭の部分を支柱に取り付ければ完成です。テーブルの水平出しを行いましたが、殆ど問題無い程度でした。

完成したDrill Pressです。散らかっているショップは見なかったことにしてください。

 使った感想          

上の写真から分かるように、この高さだとやはり高すぎます。もう少し低めの台を用意する必要があります。感覚的に作業台を上から覗き込む位の高さがちょうどいいのかと思います。

まだまともには使っていませんが、一点だけ気になることが。

始動した直後と、モーターが止まる時に少し「カラカラ」とした音が出ます。モーターから出ているようですが、昨日見ただけでは原因は分かりませんでした。この様な仕様とは考え難いので、もう少し調べて必要ならメーカーに問い合わせてみようと思います。

 関連記事           

【道具】Drill Press

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
«  【キャンプ道具】テーブル | トップ | 【道具】ダストコレクター »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スゴイ! (kenyじぃーじ)
2018-05-07 13:34:27
 立派なDrill Pressですね。
日本ではボール盤とか呼ぶ道具ですね。
これで直角、真円な穴明けが出来、更に工作精度UPと成る事でしょうね。
もう必需品です (Ryu)
2018-05-07 21:21:45
以前使っていたDrill Pressを手放してからどれだけ重要な道具だったのかに気が付き、その後穴あけ工程に関しては精度が気になりなかなか作業できていませんでした。
この子の追加で精度もそうですが、加工の幅が広ガスと思ってます。
乞うご期待ください。

コメントを投稿

番外編」カテゴリの最新記事