ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

【反省点】Seminole State Park, ジョージア州

2018年04月10日 | Teardrop Camper
今回も多くの反省点がありました。


1)以前にも反省した気がするのですが、まずは服装です。
4月に入りだいぶ暖かくなったし、南のフロリダ州に近いところまで行くので大丈夫だろうと軽く考えていたのが間違いでした。初日の夜から二日目の朝頃にかけかなり気温が下がり、最低気温で5度ほどまで冷え込みました。真夏のキャンプでない限り服装の幅は広く用意する必要があります。

2)寝袋。コレも服装と同じなのですが、寝袋を人数分持っていっていませんでした。夜寝る時は二酸化炭素対策の為にキャンパーの窓は空けていますので、窓の横で寝ていると外気に直接触れることになります。

3)忘れ物が目立ったので、それぞれの責任者を明確にする必要がありそうです。

4)ギャリー照明のナイトライト化、その二で考えている照明を早い段階でナイトライト化した方が良さそうです。今回も暗くなるとかなりの虫がギャリーに集まっていました。

5)タイヤレベラー。違いうタイプに買い換えようかと思います。こちらのタイプの方が設営が楽になると思います。


6)バグスクリーン。いい加減に作れ!って話です。

7)カトラリーセット。今スプーンとフォークは家庭用余っている物を使っているのですが、これらが非常に使いにくいし、重い。貰い物だったので、取り敢えずで使っているのですが、そろそろキャンプ用のものを揃える時期のようです。

8)テーブルクロス。今までは使わなかったり、使い捨ての物だったりなのですが、丈夫なものがあったら良さそうです。探してみます。

9)のこぎり。今回キャンプサイトに落ちている木を薪に使ったのですが、切る方法が斧しか無く、右手を筋肉痛にしながら頑張って切りました。のこぎりがあっても良いかもしれません。

10)タープやシェルターのガイロープの夜間対策。今回も何度引っかかったことか…。何か反射するものを取り付けるとか、蛍光ロープを使うとか、何か対策を考えます。


次回のキャンプはまだ未定ですが、それまでに数点は改善しておきたいとおもいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【春休みキャンプ】Seminole ... | トップ | 【ジオキャッシング】Seminol... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Teardrop Camper」カテゴリの最新記事