ティアドロップ トレーラー キャンパーの自作日記

Teardrop Trailer Camperの作製を設計から作業をずっと記録していきます。完成後はキャンプ記録です!!

キャンピングトレーラーの価値

2018年06月28日 | Teardrop Camper

 キャンピングトレーラーの価値って? 

2013年4月に作り始めたキャンパーですが、正確な総費用の記録は残っていませんが、実際にどれだけのリターンがあったのかをざっと試算してみたいと思います。

 総費用?              

始める前に家族会議で提案した時点では市販キャンパー(約$10,000)の1/5から1/3だろうという見積もりでした。この見積もりからすると$2,000から$3,500ぐらいで出来ると予想していたのですが、実際には多分$5,000位かかっているのではないかと思います。

見積もりの段階でデザインの参考にした市販キャンパーも$13,000から$15,000ぐらいだったので、大元からズレていたかもしれません。

今回の試算については$5,000を使います。

 試算内容              

価値を示す為に以下のことを検討します。

  • 宿泊費
  • 食費
  • ガソリン費
  • アクティビティ費

 宿泊費               

使い始めた2015年4月からのキャンプは合計で9回、20泊です。

2泊3日 - David Crockett State Park (往復220マイル)

2泊3日 - Harrison Bay State Park (往復560マイル)

2泊3日 - Cumberland Mountain State Park (往復500マイル)

3泊4日 - St. Joseph Peninsula State Park (往復1120マイル)

2泊3日 - Hornsby Hollow Campground (往復600マイル)

2泊3日 - Cloudland Canyon State Park (往復510マイル)

3泊4日 - St. Andrew State Park (往復640マイル)

1泊2日 - Red Top Mountain State Park (往復40マイル)

3泊4日 - Seminole State Park (往復520マイル)

キャンプでないバケーションだった場合ホテルに泊まるわけですが、一泊を$125で計算すると20泊は$2,500となります。キャンプ場は一泊約$30なので、$600。$1,900の節約となります。

 食費                

20泊29日となるわけですので、食事回数は20泊×3食と29日×2食となります。しかし29日×2食の部分は基本的に移動日となりますので、キャンプであろうが無かろうが外食が中心となりますから今回はキャンプ中の部分のみを比較します。

ホテルで宿泊する場合、朝食はホテル代に含まれるので昼食と夕食だけを考えます。家族4人で昼食は$50、夕食は$125とします。20泊×($50+$125)は$3,500です。

キャンプの場合は朝食、昼食、夕食の3回となり、正確な記録はありませんが、一日分は約$75とします。20泊×$75は$1,500となり、$2,000の節約となります。

 ガソリン費             

宿泊費と食費は節約となっていますが、ガソリン代はキャンパーを牽引している分上乗せとなっています。キャンプが目的でなかったらキャンプ場へ行くことはないので、移動距離が違ってきます。よってこの試算では仮に同じ距離を移動したとします。

今までの総移動距離は4,710マイルとなっています。今乗っているスバルアウトバックの燃費は約30マイル/ガロン。ガソリン代は現在の$3.00/ガロンで計算します。

4,710マイル÷30マイル/ガロン×$3.00/ガロンは$471となります。

キャンパーを牽引している場合燃費が悪くなりますので、仮に20マイル/ガロンまで落ちるとします。

4,710マイル÷20マイル/ガロン×$3.00/ガロンは$707となり、$236プラスとなります。

 アクティビティ費          

通常のバケーションだと遊園地、博物館、動物園、水族館などアクティビティに費用がかかります。期間中1日に1アクティビティをなにかするとします。入場料などは家族4人で$120。

$120×20泊は$2,400。

キャンプ中のアクティビティにかかる費用はほとんどありません。強いて言えば薪を買ったり、何かをレンタルしたりした時にかかるだけで、キャンプ一回に付き$50以下程度だと思います。基本的にはハイキングしたり、釣りしたり、ボーッとしたりとお金はかかりません。

$50×9回は$450となり、$1,950の節約となります。

 試算合計              

  • キャンパー制作費用 - $5,000
  • 宿泊費の節約額   - $1,900
  • 食費の節約額    - $2,000
  • ガソリン代     - $236
  • アクティビティ費  - $1,950

これらが比較的楽に金銭的に比較できる部分です。$5,236に対して$5,850の節約額となります。中には結構強引な計算もありますのでどこまで正確なのかは分かりませんが、結構制作費用をだいぶ回収できている事は分かります。

今後もメンテナンスなどで維持費がかかりますが、使う分だけ節約費用も増えますので、十分な価値があったと思います。

この他にも金銭的に表せれない、子供と一緒に作成した時間、アウトドアに連れ出せれることなど体験的な部分を考慮していくとかなりの価値があると思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ステッカー | トップ | 【キャンプ道具】キャリーワ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おしゃる通り (Kenyじぃーじ)
2018-06-29 11:58:52
 キャンピングトレーラー、キャンカーは金銭的な損得だけでは計れない良さが有りますよね。
特に子供達が小さい頃のキャンプは、一生の思い出に成ります。
子供の成長は早く、「子供は待ってくれない」ですから。

良いキャンピングトレーラーを自作されました。
子供の成長は本当に早い (Ryu)
2018-06-29 21:54:11
Kenyさん、
子供の成長ってびっくりするぐらい早いですよね。キャンパーも少しずつ狭く感じるようになってきました。
それでも子供達が嫌がっても連れ回すつもりです。笑

コメントを投稿

Teardrop Camper」カテゴリの最新記事