Tricolor Dandy 【トリコロール・ダンディ】
横浜F・マリノスのサポーター、龍壱が色々思うところを書き殴るblog ★★★
 


ただいま、2011年12月29日午前3時頃。12時間後には、サンガとの天皇杯準決勝がキックオフになります。

私はとにかく天皇杯が欲しい!!
7年前にブログに書いた記事をちょっと修正して再掲します。



私はオヤジが日産自動車勤務ってことでマリサポになりました。
Jが開幕する前、日産自動車の時代は天皇杯の思い出がメインです。

我が家は毎年年末年始にかけてスキー旅行に行ってました。
親がスキークラブに入っていて、そのメンバーと滑っていました。
12月31日はスキーのあと皆で紅白を見てから年越しそばを食べて、除夜の鐘を聞いて寝てました。
江戸っ子の自分が毎年雪の降る町で除夜の鐘を聞きながら年を越していたのはなかなか貴重な体験だったとも思います。
まだ小学生だったんで日付が変わるまで起きているのが大変でした。そんな思い出があります。

あけて元日、大人は酒が抜けてなかったりして、午前はスキーを滑ることなく帰宅の準備をしながらダラダラ過ごします。
昼前に水上(みなかみ)を出発、途中高速道路で別れていく知り合いの車を見送りながら、東京に差し掛かる頃にはラジオからサッカー中継を聞くようになります。天皇杯です。
道路が空いていれば両国の祖父母の家に寄り、TV観戦。

毎年毎年、「日産VSどこか」の試合がやっていたのが強く印象に残っています。
ただ、このときはこれが決勝と言うのも良く分かってなかった気がします。
勝ち抜いたから試合をしていると言うより、「日産は元旦にサッカーの試合をやるもんだ」、という印象でした。
そして毎年、試合に勝ってカップを掲げていたのをなんとなく覚えています。


Jが開幕し、マリノスは一気に天皇杯で勝てなくなりました。
元旦は相変わらずスキー帰りでしたが、やってる試合にマリノスはいませんでした。
大学に入る頃からスキーには行かなくなってしまいました。
元旦は家族でおせちを食べながら過ごすようになります。
その頃にはそこそこ試合を見に行く回数は増えましたが、わざわざ他のチームの試合を見に行くことはほとんどありませんでした。
だから天皇杯は家で見てました。マリノスが残ってないから。
フリューゲルスの優勝に感動した時も、家でした。

その後いつしか自分は「マリノスが残らない限り天皇杯決勝は見に行かない」という誓いを立てました。
サッカー仲間が増えてからも、天皇杯決勝はTV観戦。
快晴の元日にれっきとした出場チームのサポーターとして参加することは未だ叶っていません。

一番近づいたのは3年前、ガンバと準決勝を戦った時でしょうか。
しかしこの試合も延長で敗れ、悲願の決勝進出はなりませんでした。


私の幼い頃の記憶にある、天皇杯に強い日産はどこへ行ってしまったのか。
元日に国立でマリノスを応援する誇らしさを未だ感じられないまま、J開幕から、私がサポーターになってから、15年以上が過ぎました。

いい加減、天皇杯を獲って欲しい。
お願いだから、決勝のゴール裏で戦わせて欲しい。応援させて欲しい。


俺は、喉から手が出るほど天皇杯が欲しい!

コメント ( 0 )

« 順当勝利 4-0 ... 2011天皇杯終了 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。