Tricolor Dandy 【トリコロール・ダンディ】
横浜F・マリノスのサポーター、龍壱が色々思うところを書き殴るblog ★★★
 


相手ファイルで得たハーフウェイライン近くからのFKを中澤が前線に蹴り込み、アッサリと相手ゴールキックにした。
1-0の状況での終了間際のプレーとしてはとても信じられなかった。

俊輔のFKは見事だったが、その後は押し込まれる場面が多かった。
ボールが余り収まらず、なかなか繋がらない。
玉際では甲府の選手の方が気迫を感じた。

惜しい場面も作ってはいたが、単発のチャンスが多かった。
前に詰める人数は少なく、2次、3次と畳みかける攻撃もなかなか見られなかった。
CKも1本目は後半になってからだ。

マルキに決定力がなく、富澤の広島戦のようなミドルもバーへ。
端戸は引き出すまでは良かったが、パスもクロスもシュートも雑。代えられないのは学が控えていない状況だからだ。

守り切って勝った試合が少ない今季を象徴するような試合だった。
1試合1失点するチームは首位に立ち続けるのは難しい。

日程は詰まり披露が重なっているのに動きが遅すぎるベンチ。
内容から見ても今日のドローは必然だ。
勝てれば御の字だったが、そこまでの力がないということ。


ロスタイムのゴールで勝つ試合もあれば、ドローとなる試合もある。
浦和が負けたおかげで首位大宮とは1差。まだまだ、前半戦の前半だ。

これまでマリノスは首位にふさわしい圧倒する試合をしてきた訳では無い。
まだまだの所は多くある。必死に、強い大宮に食らいついていくしか無い。

この後は鹿島、柏、名古屋、仙台と、強いチームとの対戦が続く。
ここが正念場、改めて気持ちを引き締め直して戦っていくしか無い。
コメント ( 0 )

« チグハグ4-4-2... 快勝!久々の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。