癒しの世界へ

自然に癒しを求めてトレッキング!好きな温泉で明日への活力を!

長野県信濃町でキャンプ

2019年09月16日 | キャンプ

9月半ばと云うのにまだまだ日中は熱中症に気をつけなければならないほどの暑さで、心身に堪えます。このたび久々に夫婦2人で2泊3日の休日キャンプを長野県信濃町の野尻カームフォレストキャンプ場で楽しんで来ました。標高も600mほどの立地ですので、暑さもしのげて居心地も良かったです。2日目は、信濃町のそば屋と明治21年に作られた土木遺産戸草トンネル、妙高の苗名滝を初めて見学してきました。自然の中に身をおいて、ゆったりと時間を過すことのできるキャンプは、これからの私たち夫婦の目指すスローライフですが、まだまだ先は長いのであせらずゆっくりと良い計画を立てて行こうと思います。

野尻カームフォレストキャンプ場 9番サイト 

全10サイトですべて電源付  木立の中の森林浴ができるすてきなキャンプ場でした。

久々のテント張りで、ちょっと手間取ってしまいましたが、次回からは要領を得たので大丈夫かな。。。

焚き火の薪は、無料でした。 1泊3500円 良心的で又利用したくなります。

夜は、ダッジオーブンでハンバーグの燻製作り

アルコールも程々にして10時には寝ました。

翌日の朝、鮭の燻製 今回は燻製料理のレシピで挑戦してみましたが、野外の料理は空気が良いので、何でも合いそうです!

お昼は、地元のお蕎麦屋さんへ

私は、ざるそば 妻はひすいそば天婦羅付き  なかなか歯ごたえがあって美味しかったです。

お店の前には珍しい自販機が。。。結構人気があるようです!

土木遺産 見学

140mほどのトンネルですが切石とレンガで組まれた戸草トンネルは、昔、線路であったというから驚きです。

続いて、妙高の苗名滝へ

入口より500m先まで行けるようです。

つり橋を渡って、階段も上ってたどり着く

休日もあってか大勢の観光客がいました。

下の休憩所には、つりぼりや流しそうめんのレストランもあって、子供も楽しめますね。

流量も半端無く、別名地震滝とも云われます。

絶景でした。

これから紅葉の時期大勢の観光客が訪れるでしょう。

 

3日目は、朝パラパラと雨が降ってきたので、朝起きたらすぐに撤収作業、自宅に戻ってテントをすぐさま乾燥させました。

天気予報も当てにはならないものです。 早めの行動でテントは乾いて片付けることが出来ましたよ。

最後は慌しかったけれども充分満足のゆくキャンプができて良かったです。

年内もう1回出来るかどうか。。。お天気次第ですね!

  

コメント   この記事についてブログを書く
« 好天に恵まれて鹿島槍ヶ岳へ | トップ | 越後丘陵公園、里山でパーク... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

キャンプ」カテゴリの最新記事