癒しの世界へ

自然に癒しを求めてトレッキング!好きな温泉で明日への活力を!

弥彦山 田ノ浦コースから多宝山

2019年04月13日 | トレッキング

本日は、全国的にお天気に恵まれてさぞかし弥彦も混みあうと思い、海岸の田ノ浦登山道を利用して、弥彦山頂そのあと多宝山まで行って戻ってくるルートを選択しました。弥彦山の間瀬銅山は、現在閉鎖されていますが、このルートはかつての銅山道であり、途中に廃坑になった穴を見ることができました。野趣あふれたコースは、ハイカーも少なく静かで、沢あり、滝あり、鎖場ありと変化があっていつものにぎやかな表参道、裏山道にはない、大変楽しい山行になりました。途中砂防ダムを越えたあたりから急登が続き、特に明神沢付近の滑りやすい狭い急登は、ロープワークは必須で上り下りとも大変神経を使いました。2週間前の角田山以上にカタクリ・オオスミソウがあちこちに咲き乱れているのにはちょっとびっくりしました。山頂から見渡す日本海の絶景と佐渡ヶ島の姿にあらためてこの自然に感謝する一日になりましたよ。

田ノ浦駐車場に車を止めて、田ノ浦海水浴場からスタートしました。9時50分

弥彦山目指して気持ちが高まります。

弥彦・奥宮まで7.9km 約2時間のコース

白の桜もきれいですね。5分咲きですか?

銅山跡

奥にりっぱな駐車場がありました。

銅山跡 あちこちにありますが、崩れてきそうで危険です。

沢沿いのコースは、実に気持ちの良い風が吹きます。

滝も数箇所ありました。

何回か沢を渡るルートです。赤テープもあり迷いません。

私よりも年配の方でしたが、フットワークは軽くてすばらしい御夫婦でした。このコースは慣れているようです。

足元が狭く、滑落注意!

オオスミソウにコバイモ

ショウジョウバカマ

癒されます!

色とりどり

イカリソウ

コバイモ アップ

太陽が眩しい

スカイライン出合い

日本海と佐渡島

エイレンソウ

カタクリは最盛期

ロープウェイ山頂駅

絶滅危惧種 ギフチョウ発見

奥宮 到着 11時10分

新潟平野の先に粟が岳

日本海側に我が故郷 米峰トッコツ

 米山さん 平成最後に登るぞ!

昼食をとり多宝山へ、

とにかくカタクリの群生が見事でした。

弥彦山よりわずか28cm低い多宝山

多宝山より弥彦山9合目に戻る

下りに明神沢 鉱山跡

弥彦の隣の燕市の鎚起銅器に使われた銅が、弥彦山の「間瀬銅山(まぜどうざん)」で産出したこの銅ということです。

板状に延ばした1枚の銅板を叩きあげて器を作る製法です。職人技です。

とても充実した山行になりました。

次回は、スノーシューを使って米山さんへ行きます!

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 50周年記念登山・角田山へ | トップ | 平成最後の桜 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

トレッキング」カテゴリの最新記事