癒しの世界へ

自然に癒しを求めてトレッキング!好きな温泉で明日への活力を!

鳩待峠からアヤメ平へ

2019年10月04日 | トレッキング
私の所属する山の会が御年50年ということで、50年前の1969年にちなんで尾瀬の中原山(1969m)へ行くことになりました。尾瀬には尾瀬ヶ原を挟んで北東に燧ケ岳南西方向に至仏山が対峙しておりメインは尾瀬ヶ原や尾瀬沼のトレッキングが有名ですが、今回はのんびりと山上の楽園アヤメ平からの山々を眺めながら静かな尾瀬を楽しんできました。総勢20名の会員も久しぶりにゆったりとした時を過ごせたのかなと思います。心配された天候も良く、季節外れの暖かな陽気で持参した長袖のウェアも着ることはなかったです。 . . . 本文を読む
コメント

好天に恵まれて鹿島槍ヶ岳へ

2019年08月22日 | トレッキング
8月17日、18日大型連休の最終といえども、皆さん考えることは同じで朝8時半には扇沢の駐車場は満車状態でした。運良く、扇沢橋を挟んで西側の45台無料駐車場の隅にスペースがあった為停めることが出来ました。柏原新道登山口で登山者カードを投函して8時50分スタートしました。登山口から種池山荘までは登り一辺倒の標高差1100mでしたが、気持ちも昂っていたせいか気力も充実していてゆっくりとしたペースで上りました。午後1時に種池山荘前で昼食をとり、気合をいれて目の前に聳え立つ爺ケ岳南峰に向かいます。本日はテント泊りでなく冷池山荘での宿泊(2食付)ですので、気分的には楽になります。収容定員250名の山小屋ですが150名の宿泊で8人部屋に6名で余裕で泊まることができましたが、誰かさんの凄まじいイビキのおかげでほどんど眠れませんでした。。。 翌朝5時の朝食を済ませると山荘の玄関前の鹿島槍ヶ岳が見渡せる展望台でご来光も仰ぐことができました。快晴のうちに5時30分まずは布引山(2683m)を目指します。山荘から布引山へ行く途中のテント場は、西側に立山、その右側に剱岳の岩稜が見渡せる絶好の場所なので人気があることが伺えます。布引山を越えてしまえば最終目的地2889mの鹿島槍ヶ岳南峰は40分ほどで登ることが出来ました。山頂では快晴のもと北方には白馬、南方には槍ヶ岳の雄姿がはっきりと見え、何よりも昨日から辿ってきた種池山荘から冷池山荘の縦走路が見えたことは大変感動しました。このあと、計画では鹿島槍ヶ岳北峰への吊り尾根に向かう予定でしたが、帰りの爺ケ岳の上り返しがきついこともあり長丁場になるため今回はパスしました。下り時には膝の痛みを感じることが多いのですが、後立山連峰の眺めを堪能し、登山道脇に咲く高山植物や時より見かけた雷鳥にも癒されながら、大変満足する山旅が出来ました。一緒に登っていただいた恩師に大変感謝いたします。 . . . 本文を読む
コメント (2)

守門岳山開き

2019年05月26日 | トレッキング
全国的に夏日となった本日、我が会の山行は、守門岳(大岳)、一番アプローチが長い入塩川口から上りました。朝5時半に道の駅栃尾に集合し、入塩川登山口手前の駐車場に6時2分に出発、この数日の暑さのためかいつもより残雪も少なくて大岳山頂までは予定通りの4時間半の10時半到着、11時からの第59回守門岳山開き安全祈願祭に間に合いました。雨晴清水から先の2kmに渡る見事なブナ林に終始癒されて気持ちよく山頂まで登ることが出来ました。平成29年にNHKで守門岳が放送されて以来、山開きに訪れる方も年々増えて、本日は600名ほどのハイカーがいたとか。。。ブナ林と残雪の中を老若男女が安全祈願祭に参加し、参拝のあと毎年恒例の記念のお札とお神酒が振るわれました。来年は節目の60回、私も還暦ということで玉串を上げることが出来そうです。 . . . 本文を読む
コメント

長岡市民憩いの三ノ峠山へ

2019年05月19日 | トレッキング
5月になってから週末は本当に天候に恵まれて、気持ちは自然と山へと向かいます。三ノ峠山は冬季にしか行ったことがなかったため、すっかり春めいたこの時期、今週末の守門岳のロングコースに備えて軽くトレーニングしてきました。低山とはいえ野趣あふれる山容は市民の憩いの場としては大変人気があるようです。登山道の草刈の整備状況も出来ていて、よく手入れされている状況がわかります。自宅からですと30分以内で登山口まで来れるのは、今後私の良きトレーニングの山として定番になるでしょう。今回は、心地良い風もあってか、赤道コースから萱峠コースの枡形山までのピストンとしました。 . . . 本文を読む
コメント

新緑の東山ハイキング

2019年05月12日 | トレッキング
毎年恒例の長岡市スポーツ振興課主催の東山市民ハイキングに参加してきました。昨日に続いて天候もバッチリで、ゲストの荻原健司氏もいつもどおり元気ハツラツで、、参加された皆さんをはじめ、主催された振興課のスタップ、長岡市内の山の会の方は大変楽しまれたことと思います。老若男女誰一人けがをする方もなく無事下山できたのは良かったと思います。家に帰って、水分補給をしっかりとってゆっくり休んでください。荻原氏の着用のTシャツにTWINSというプリントがしてあったため、来年節目の10回記念には、ぜひ兄弟で参加してほしいとの要望がありましたので、長岡市スポーツ振興課の皆さんよろしくお願いいたします。 . . . 本文を読む
コメント