RyuTube~Broadcast myself~

世界を旅するバックパッカーです。
→新HP完成!! http://ryutube.net

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そろそろ

2008年07月30日 | 日本
★写真
アップできました!!!
フォト蔵というサイト
月2GまでOKなので、これからバンバンのせます
http://photozou.jp/photo/top/194826


★ビザ取れた
1ヶ月のが5000円
てことで出発です
おそらく5日の船で上海へ
へへへへへーんn

たぶんすぐに西安に行ってシルクロードにはいる
何とかスタンをプラプラしてトルコ→イラン→パキスタン→インド→ネパール
みたいな感じでえぃじあで革命おこしてくる

日本でやりたいこともやったし
そろそろかな

たのしみたのしみ
コメント (3)

誰にも負けない

2008年07月15日 | つまらない考察
自分の国では・・・・という考えは
もはや意味をなさない
常識という言葉の無力さ

価値観のゆさぶり

これらに対応するにはまず受け入れること
そうか、、こんな考えがあるのか、、と

そして、それらに対抗するには
いかなるゆさぶりに対しても絶対ゆるがない自分ルールをもつこと

一見相反することのように思えるが
海外をフィールドに何かやろうと思ったらこれは必要だろう
コメント (2)

中国の就職活動

2008年07月14日 | 中国
大学生とお話しする機会が沢山あったので
就職事情について話を聞いてみた

中国の一般企業への就職のためのルートは主に3つ
インターン、就職試験、うらぐち

就職にあたってはインターンが一般的だという
夏休みや、学期の途中に1ヶ月~3ヶ月ほど企業にいって
そこで気に入られれば採用
時期は3年の終わりから4年の終わりまで。。
すぐにやめてしまう人がおいとのことなので、しっかりと適正を見極めるためでしょうか
それにしても、3ヶ月無給はきついぜ

就職試験
これは、日本のように試験やら面接やらで篩いにかける方式
インターンと平行してあるらしいので、他の企業のインターンで駄目だった人が受けるらしい

うらぐち
コネやらお金やらで裏口入学が可能らしい


現在の中国は大学生の増加により
一般企業に就職を希望する人が増えすぎて、職のポストがいっぱいだという

だから、就職戦争なるものがあると

また、公務員に関しては試験がある
先生は特に給料が高いらしく人気の職業
各地に師範大学という教育大学がたくさんある

中国の学生も苦労してるみたいですよ
コメント   トラックバック (1)

環境問題

2008年07月14日 | つまらない考察
ってなんだ
洞爺湖のサミットは予想通り、具体的な数字の提示がないままおわた
合意って「環境問題に取り組んだ方がいいんじゃないですかねー」
位のレベルでしょ

インドとか中国とかは相変わらずごねる
確かに、現在の環境問題は先進国のせいかもしれないが、
経済活動を行う以上は環境に配慮した経済活動が必要であろう

だいたい、あいつらは都合がいいときだけ先進国のふりをして
都合が悪くなると途上国だという

グローバル化してどこの国がどれだけ排出しているということが曖昧にされる中で
国に対して規制をかけるのではなく
排出単位にたいして、規制をかけていけばいいのでは、と先生が言ってた

みんなやばいってのは知ってる
だけど、さあ何をするといっても、何も出来ていない現状

だれも、今の生活を犠牲にしたくないのだ
自分の生活は大きな犠牲の上に成り立っているってこと知らずに

きょうも、かかえきれない大きな矛盾をかかえ
いちにちが始まる
コメント

旅はおわらない

2008年07月13日 | 日本
日本
ふくおか

ふくおかすき
前のうちの近くとかしっくりくるね

引っ越した家はなんかしっくり来ない
あたまでは分かってるけど

体と心が育った場所は福岡なのでしょう

価値観が形成されていったのはちばかな
出会いと別れ
発見と喪失

価値観が形成されてきたあの場所で
自分に影響を与えてくれた人達にあいたい

あとすこし
そしてまた旅に出ます
コメント

うみ

2008年07月13日 | 日本
同じものをいっしょにみていても
違うかんじかたすんのに

ときをこえて
同じものを違う場所から眺めてる
いま

対岸の花火
歓声
海面に映える夜景
血管のような道路
不規則に走るクルマ

自分は確かにあそこに居たと感じる
コメント

訃報

2008年07月13日 | タイ
6月のあるひ

それは突然やってきた
人の死は突然訪れる

その日は物凄い雨
嫌な雨だ
雨はみんなのいつもを少しだけ狂わせる

少し狂わされた日常は誰かの日常に作用し、核分裂のように大きな力になる

そういえば、あの日も雨だった


トムくんが亡くなったとの知らせを受けた
彼はAIDSを患っていた
母体感性からの発症

両親はもういない
彼は伯母さんのとこに世話になってる

おれがいた時は、既に発症していて、免疫力が低下していた
咳き込む彼の背中を擦ったり驚くほど軽い彼をおんぶしてあげることしか出来なかった
かれはいつもベッドの上に座して無表情でコチラをみつめる

時々みせる笑顔がとても素敵
おばさんたちも泊まりこみで面倒見ていた

そんな1ヶ月まえのことが頭を過る
14歳の若さにして彼は死んだ

両親をなくし、不治の病に侵され、苦しみながら死んでいった
何故、、彼が何した

人生これからなのに
誰が悪いともいえないまま
社会の矛盾の中に埋もれていく命

かわいそうというよりも
疑問と憤りを感じる
コメント

みえる

2008年07月12日 | 日本
海外と比較してみえる日本の風景というよりも
慣れ親しんだ風景

なんだろう
かわって見えるようで何も変わらない
いままでの風景にフィルターかけてるかんじ

家と呼ばれる空間に入っても
なんだか、帰ったという気がしないのはなぜ
場所が違うから

いつも場所は違うけどあんたに会うと
ただいまって思うのはなぜ

そだおれはこの感覚が欲しい

いつもいつもありがとう
言葉にすることは無粋だと思ってたけど
それも悪くないね

そんなこといわなかったのに
あんたかわったよ

たったひとことだけどね
ありがとー
コメント

どうも帰りました

2008年07月11日 | 日本
日本国福岡県は梅雨が明けておるようです
ふぁっきんな暑さかと思いきや、上海での暑さ順応が出来ていたせいか、割と涼しい

楽しみにしておったウインブルドンの決勝は、まさかの延長で、録画が尻切れトンボんのふぁっきん状態であり
さらに、そこら辺歩いてるやつから結果を知らされるw

とりあえず、きょう日本に上陸した
船はちょー人少なくて、全部で15人くらい(間違いなく乗組員の方が多い)
12人が寝るスペースを1人で占領
2等Bという一番安い席のさらに学割で900元(13450円)で日本に帰れた

船の中では、操舵室を見せてくれたり、乗組員も参加のカラオケ大会wがあったり、映画(男はつらいよと釣りバカ日誌という、全く乗客を無視したピンポイントチョイス)があったり、、、、
あとは、卓球台と麻雀卓、簡単な筋トレマシーン、なぜか24時間付きっぱなしのテレビがあった
何と朝食まで付くのっ


この上陸作戦に際しての特記事項は
シャトルバスとおっばちゃんであろう

「シャトルバス有」とあったので乗り場に向かった
時間になっても来ない、まあ10分くらいはご愛嬌と思いまった
10分後に電話すると、あと30分で来るという

そこで、「ちょっとまって」というマジックカードが切られた
このカードが切られると、何かしらの乗り物に関するトラブルがかなりの高確率でおきる
これは何かあるなと思った

30分たった、、、、案の定こない
船を逃すと、まさかのオーバーステイになり罰金1日500元。。
この船だけは逃せんということで焦る

そこに、電話がかかってきた、、もうバスは着ているという。バスは行き先を完璧にチェックしているのに港行きのバスなんかない。。
すると、電話の主はアメリカ製の乗用車を探せというww
さらに、運転手は早くしないと発進してしまうという。。。。。

な、、なにーーーーーー

張り込みの捜査官が騙されてしまった時のような衝撃と、、ベジータがフリーザに勝てると思って戦いを挑んだが、力の差を思い知ってこんなはずでは、、、、、、と思った時のような絶望に駆られた


ナニ色ってきくと知らないという
おい、、、まあローラー作戦で手当たり次第にあたっていたら、こわかったので、いちばん後回しにした、黒塗りの外車に係員発見!!!!
ぶじ、”シャトル乗用車”に乗り込んだ

なんとも、中国の最後を飾るにふさわしい出来事


更に、フェリーターミナルで、おばあちゃんに遭遇
装備は
ちぇゲバラのTシャツ、、しかもプリントではなく刺繍
ベージュの人民帽with北京オリンピックの缶バッチ
老眼鏡と思われる眼鏡はひびが入っていて、ハムテープで補強してある
ハイカラな柄のちっこいボストンバックと、リュック

こ、、、これは一瞬にして只者ではない
革命のオーラを感じた
アカだ赤、、紅

名前が不明だったので、ゲバラさんと、じぶんのなかで呼ぶことにして、
接近作戦を試みた

このおばあちゃんの正体は、、、、もうすぐ70歳で、
一年の半分以上をバックパッかーみたいな一人旅してるんだってーー
すげ

とにかくかえってきたの
千葉には16くらいに帰ります
ビザとって、またどっかにさらばーー
コメント

あの

2008年07月10日 | 中国
MRIって機会にはいれるらしいよ

しかも、お金もらえるよ
小平までいくのめんどいけど、たった2時間で5000円ですって
お薬は飲みませんです

しかも撮影した脳みその図くれるらしいよー
頭おかしいかもって思う人いってみれば、
なんかおかしなところが見つかるかもねww

左利きの人と、東京近辺に住んでない人は残念っす

【ご参加いただける方】
★健康で、右利きで、日本語を母国語とする20~39歳までの男女(先着順)
ただし、以下に該当する方は参加できませんので、ご注意下さい
・心臓ペースメーカーなど体内に金属物がある方
・閉所が苦手な方(MRI装置に入るのは約40分です)
・色覚異常を含めた、眼の病気にかかっている方
・睡眠薬・精神安定剤等の薬を服用している方
・妊娠中の方
・永久的な入れ墨のある方
(実験当日は、マスカラやアイシャドウなどの金属製顔料を用いた化粧品は使用 できません)
【実験の概要】
★運動動画を見た際の脳機能を、機能的核磁気共鳴画像法(fMRI)を用いて調べます
★下記の実験終了まで参加していただいた方には、5,000円の謝金をお支払します (交通費は別途お支払致します)
★また希望者には、MRIで撮ったご自分の脳の画像データを差し上げます
★所要時間は約2時間(アンケート記入:30分程度・MRIの実質計測時間:40分程 度です)
【実験期間】
7/18・19・8/1~8/3・8/8~8/10・8/22~8/24・8/29~8/31
★開始時間については、金曜は17時以降・土日は都合のよい時間で調整します
【実験場所】
★国立精神・神経センター精神保健研究所 精神生理部(最寄駅:新小平・萩山)
【実験の流れ】
1.実験当日に、国立精神・神経センター 精神保健研究所に集合
2.実験の説明(書面による同意書をいただきます)
3.日常の生活習慣アンケート、簡単な心理テスト(30分程度)
4.準備を含めて1時間程度のfMRI計測(40分程度)

【応募方法・問い合わせ先】
おれんとこまで
ryu.bo.ta@gmail.com
コメント

上海におる

2008年07月03日 | 中国
きょうは、街を歩き回った。
たぶん、4、5時間は歩いた。

上海は、ただの大きな街かと思っていた。。
が、、、全然ちがった。
租借地時代が長かったせいか、いろんな国の建築様式のいえが今も残っていて、
そこには地元人が住んでいる。
イギリス、フランス、中国の伝統建築などなどが入り混じる

特に、地元人が多く住む地域は、建物もボロボロで、ここは上海かと思うほど
でも中心地のショッピング街よりも活気があった。
市場があったりして、上海語が飛び交い面白かった。


上海でアートプロデューサーの活動されている、鳥本さんという方にあった。
アートについて、いろいろ教えてもらった。
一番びっくりしたのは、価値のあるアートとは何ですか??って質問したら

[プライスが付くかつかないかと、歴史に残るか残らないか]と即答された。
ギャラリストや、アーティストからの視点でとても印象的だった。
アートとまちについて考えることが多かったから余計に
たしかに 、プライスがつかないと商売あがったりだ

コーディネートされている作家さんが、日本でも展示をされているので
ちぇっくしてみてください
http://www.office339.com/jp


他にも、おもしろい出会いがたくさんあった。
疲れたので、定点観測しながら面白い人を探してたら

俺の横にアトム人形(推定50センチ)おいて写真とりだした欧米人のオッサン。
いや、、これを見逃すわけにはいかんと思い、すかさず話しかけた。

彼は、NYに住むフォトグラファーだった。。
アトムの話してたら、何だかんだで仲良くなった

よく見るとかれのリュックにはアトム人形(推定50センチ)しかはいっていない。
宿はどこかと聞くが、写真撮影に没頭するあまり迷ったと、、、宿を探した

かれは、かなり挙動がおかしい、、真っすぐ歩けなくてフラフラしてる
とにかく、いっしょにいて面白い人だった

街歩き面白っ
コメント (2)

かえります

2008年07月01日 | 中国
中国でビザが取れなくなりました。。
中国ビザは香港でとれば楽勝とのことでしたが、ここでもだめ

北京オリンピックを見越して、危険因子たりえる外国人を国内から排除しようとのことでしょうか。。

とにかく、15日以内の滞在しか認められないようです。

よって、6月28日に香港から入国した僕は7月の13日には出国しなくてはだめです。。。。
なので、近くにいるし、一回帰ってビザとって再度中国にいこうと思います。
だめだったら、どっかほかの国へーー

んで、8日に上海から下関の船があるので、それで帰ります。
帰国は10日の朝です。福岡にちょこっとおって、そっから千葉に
20には千葉にいるかな。。
コメント

カルチュアル・ショッキング

2008年07月01日 | 中国
いN中国

1、ごみ
ぽいぽいすてます、、どこでも。何でもw
赤ちゃんもぽいぽいすてる。
衝撃だったのは、テレビ買ってタクシーで帰ろうとしたら、箱でかくて乗り切んなかったときに
箱捨てた。。もちろん天下の公道に。警察官も知らん振り
こんなに捨てまくって誰が片付けるのかと、観察しておったら
お金になるものは、路上生活者の人が、その他は掃除係りの人が掃除してました

2、たん
何故か、、かーーーーっ、、ぺっ ってな感じで痰はいてます。
バスの中、室内。。。。
いつでも、どこでも、新手のゆびきたす

3、赤ちゃんの服
又のところが裂けてる
露出もいいとこ。。ロリコンの人うれしかろう
トイレのときとかとっても便利便利

最初は、あーお金なくてしょうがなくはいとるのかと思いきや、攻めの選択

4、といれ
これは、衝撃。
田舎の公衆トイレとか溝があるだけ。
後はご自由にww
「おたく、きょう調子悪いっすねー」
みたいな会話、、意外なコミュニケーショの場である

都会や観光地はそんなことないのですが、、
田舎はとにかくきたねー

5、でも何故か年寄りには席を譲る


思ったのだけど、これすべて習慣でやってることだよね。。。


習慣から導かれる行動に、いい悪いの価値判断は介在しない。

ごみ捨てたりすんのは、日本とかでは良くないとされていること
でも、ごみを捨てるときに彼らの中に、いい悪いのかち判断が存在するか、、、
というとそれはないと思う。

同様に、席を譲るときも、いい事したって意識はないだろう。

良いことにしてもも悪いことにしても、行動を起こすにあたって、考えるということをしなくなる
習慣とはとても恐ろしいと思った。

行動の際の思考停止状態
こらいかん
コメント

アートって

2008年07月01日 | 中国
このごろ、広州、シェンチェン、香港と、大都市を回っておるもんで、美術館とか博物館に行ってます。

アートってようわからんという人がおる
おれもようわからん。。

でもでも、、いろんな国の人の作品みて
アートとは相対的には、具体的なものではないかと思った

アーティストの人が頭ので考えてることを、第三者が知覚可能な状態にする作業。
だから、具体的

あ、、これ表現すること全般にいえるかも

絶対的なものの見たかすると、まだまだ抽象てきだ。
わからんっていってる人はそこのことを言ってるんだろう

たしかに、便器になんか書いてあっても何のこちゃわからん
活字のほうがしっかり伝わるのでは、、、とも思う

おれは、多くのコミュニケーションまたは、思考を創出できるのが、いいアートって思ってるので、活字はひとつの手段だとは思うが、多くのという点で問題がある。
言葉の問題

その点、アートってのは、言葉による制約がない、、民族も、人種も、時代も。。
それどころか、見る人がおかれている状況によってまったく解釈が変わってしまう。。。

アーティストの人がどんなこと考えながら、何を伝えたくてこれ作ったんだろうとか
考えるのって面白い。。

思考停止状態からの脱却。。
コメント