Open Air Life ~with Scrambler Cafe Racer & 718 Cayman S~

"Ducati Cafe Racer" & "Porsche 718 Cayman S"を中心に 日々を綴る雑多日記

快晴の日曜日はバイクで郊外カフェテラスモーニング Ducati Cafe Racer

2024年04月14日 | ★バイク

Top Page

昨日に続いて日曜日も絶好の日和の名古屋。そんな今朝はDucati Cafe Racerで朝駆けへ。独特なLツインの鼓動を楽しみながら、郊外道路をひと回り。で、今朝 向かったのは こんどう珈琲さん。




店前のスペースにサクッと駐車。最近は もっぱらポルシェでお邪魔することが多かったので、バイクでお邪魔するのは本当に久しぶり。多分 7-8年前にMT-01でお邪魔して以来かな。







さて、こんな日は もちろんテラス席。ポカポカ陽気の中、ちょっと深煎りの美味しい珈琲で爽やかなモーニングタイムです。






にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


ミドルクラス カフェレーサー比較。。。Ducati Scrambler Cafe Racer と Suzuki SV650X

2024年03月31日 | ★バイク

Top Page

久しぶりにSV650Xに乗って、Ducati Cafe Racerとの色々な違いを再認識。ここで改めて 今 自分が所有しているミドルクラス カフェレーサー 2台を自分なりに比較しておこうと思います。

まずは 『外観』から。。。
両車共にセパハンと控え目なメーターカウルを備えたThe カフェレーサーなスタイル。Ducatiには標準で お約束のバーエンドミラーも。個人的には どちらもドストライクなデザイン。方や 全身おおよそ漆黒でまとめられ、もう一方は イメージのイタリアンレッドとは異なり、往年のワークスマシンをオマージュしたというシルバー&ブルーの稀有で洒落た配色。SVは硬派で漢なデザインでDucatiは洒落たイタリアンデザインといった印象ですね。何度も言うけど、どちらも本当にカッコいい。ただ、パーツひとつひとつのデザインは明らかにDucatiの方が凝っていて、所有感はDucatiに軍配が上がる感じでしょうか。




次は『動力性能』。。。
どちらもV型2気筒で どちらかと言えば低速トルク重視のエンジンですが、方やSVの650ccに対してDucati 800ccと排気量の違いもあって、低速からトルクがあって高速まで余裕があるのはDucatiの方。とは言え、高速まで終始粒が詰まったようなレスポンス性を持つSVも秀逸。あと、Ducatiはアクセルレスポンスがシビアでラフに扱うとギクシャクしてしまいがちなのに対して、SVは良い意味でレスポンスがダルで少々のラフな操作は許容してくれる感じ。乗りこなす楽しみはDucatiで、気軽に付き合えるのがSV。どちらも捨て難いですね 笑

『音』は というと。。。
どちらもVツインのドコドコとした鼓動が心地好い。SVの方がDucatiよりも より重低音な印象でしょうか。一方で、より高回転まで鼓動が感じられるのはDucatiの方。何故か終始ガシャガシャ音も一緒ですが 笑
ただ、信号待ちの時にヘルメット越しに聞こえる より重低音のVツインのドコドコ感はSVの方が好み。ここら辺りは好みの問題ですね。



『装備』については。。。
これはDucatiの方が圧倒的に上。SVのABSとローRPMアシストのみというシンプル硬派仕様に対し、Ducati Cafe RacerはコーナリングABS、スリッパークラッチにウインカーオートキャンセラーやオプションだけどヒートグリップも。フロント倒立フォークやセミラジアルマスターのブレンボブレーキは標準で装備されてます。あと、バッテリー電圧計や温度計装備も地味に便利なところ。

最後に『乗り心地と取り回し』についてですが。。。
両車ともに おおよそ195kgほどで、大型にしては扱いやすい車重です。一方 シート高はSV650X 790mmに対し、Ducati Cafe Racer 805mmなんですが、何故かDucatiの方が圧倒的に足付きが良い。やはり 実際に跨ってみないとわからないものです。サスペンションはDucatiの方が明らかにソフトで乗り心地良好。あと、同じセパハンだけどDucatiの方が前傾が緩く乗車姿勢が圧倒的に楽ちん。これなら長距離も行けそう。個人的には一番大きな違いかも。


ということで、思いつくままに 今所有している2台のミドルクラス カフェレーサーを比較してみましたが、どちらも 本当によくできた味のあるバイク。一般的には 広く受けることのないバイクかもしれませんが、そこがまた良いところ。これからも大事に付き合っていきたいと思います。

あっ、ハンドリングの比較については、Ducatiを もう少し乗り込んでから追々。。。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


色々寄り道しながら無事に帰還しました。。。SV650Xで2024年春の雲仙・小浜温泉お泊りツーリング

2024年03月30日 | ★バイク

Top Page

昨夜は綺麗な夕陽を眺めつつ 新鮮な魚介で一杯。







温泉も十分に堪能し、朝までぐっすり。

さて、土曜日の今朝も引き続きのツーリング日和。9時過ぎにのんびりと宿を出発。途中、山合いではちょうど桜が見頃に!




しばらく桜で小休止の後、下道で諫早までアクセスしてブランチ@Espresso D Works。







開放的な店内で、今回はクロックマダム。













最後に、お世話になっているバイク屋さんでオイル交換もしてもらい、まだまだ走っていたい気持ちを抑えつつ、13時過ぎに無事に帰還。終始絶好の日和の春のお泊りツーリングでした。

総走行距離は128kmで、燃費は相変わらず上々の29.7km/L。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


温泉旅館に無事到着し温泉街散策。。。2024年 春の雲仙・小浜温泉お泊りツーリング

2024年03月29日 | ★バイク

Top Page

雲仙の山をひと回りして下山し、今晩お世話になる温泉旅館に無事到着。



因みに 今回も屋根あり駐車場。小浜温泉は とってもライダーに優しい宿が多いです。




さて、チェックインまで間があるので、温泉街散策。まずは遅めのランチ。小浜ちゃんぽんののぼりに釣られて、少々年季の入った食堂へ。

取り敢えず、無事到着の一杯。




温玉入りちゃんぽん。




いやぁ、これ美味い。長崎市内で食べるちゃんぽんに比べて魚介の出汁がさらに濃厚な印象。とは言え、小浜ちゃんぽんは この店が初めてなので、なにが特徴なのかは定かではありませんが。。。

さて、その後は、海辺の足湯に。




すでに散り終わりの中でも、わずかに残っている桜を眺めながら、ポカポカ陽気の足湯でまったりタイムです。


にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


2024年一発目のお泊りツーは長崎で。。。SV650Xと行く春の雲仙・小浜温泉ツーリング

2024年03月29日 | ★バイク

Top Page

昨日までの雨が嘘のような絶好の天気の長崎。今日はお疲れ休みを取って、春の一泊ツーリングへ。今年初のお泊りツーリングは長崎での相棒 SV650Xと雲仙・小浜温泉へ。

久しぶりに ゆっくり寝て、昼前に出発のお気楽旅。取り敢えず 雲仙市に入ったところでカフェタイム。




& coffee(アンド コーヒー)さん。



店内に入るとペンギンくんのお出迎え。今まで気づかなかったけど前からいたっけ?



で、勝手にここの名物だと思っているクランチエクレアを。




甘すぎないカスタードクリームが目一杯詰まっていて満足感高いエクレア。そんなエクレアとホッとラテをお供に、心地好いテラス席での小休止です。




さて、いざドラゴンロードへ!



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


改めてLツインの心地好さを感じた雨のバイク プチ朝駆け。。。Ducati カフェレーサー

2024年03月24日 | ★バイク

Top Page

先週水曜の春分の日に続いて、今週末も不安定な天気で乗る機会を逸していたDucati カフェレーサー。日曜日の今朝も、引き続いての不穏な空模様でしたが。。。雨雲レーダーを確認しながら えいやっと朝駆けへ。


何とか雨に降られることなく郊外道路をひと回り。で、取り敢えず コンビニで缶コーヒーブレイク。




さて、もうひとっ走り!と、コンビニを出たところでパラパラと雨が。。。
結局、小一時間で朝駆け終了。幸い ずぶ濡れになる前に無事帰還に成功。




わずか郊外道路一周のみでしたが、ドコドコくるエンジンの鼓動は本当に最高。Ducati Lツインの心地好さを改めて感じた雨の朝駆けでした。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


Ducati Cafe Racerのちょっといい装備

2024年03月03日 | ★バイク

Top Page

納車されて おおよそ1ヶ月が経った 名古屋での新たな相棒 Ducati Cafe Racer。まだまだ乗る機会が少ない中でも、今までに乗ってきたバイクには なかった装備も幾つかあって、中々調子良く楽しんでます。

まずはDucati純正オプションのグリップヒーター。
納車が冬真っ只中だったこともあって、最初から大活躍。もちろん手の甲側は相変わらず寒風にさらされ続けているものの、手のひら側だけでもポカポカするだけで、冬のライディングが快適。後付けする方が多いのも納得の装備です。また、純正ということもあって、インストルメントパネルを使った操作ができるのも○。

お次は、これまたDucati純正のエンジンガード。
これまでのバイクではエンジンスライダーのお世話になったことはあったけど、ガッツリのエンジンガードは初。お世話になりたくはないものの、いざという時の安心感が違います。




後は、標準装備のオートウィンカーキャンセラーが地味に便利だし、インストルメントパネルで表示できる情報の中に温度計やバッテリーの電圧表示があるのも何気に良い感じ。




もちろん、最新のバイクに付いているオートクルーズやオートシフター、トラクションコントロールなどは未装備ですが、それでも充分快適なバイク。じっくりと付き合っていきたいと思います。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


Ducati カフェレーサーで3連休中日の郊外スタバ朝会

2024年02月24日 | ★バイク

Top Page

寒さの戻った名古屋の3連休中日。明日は生憎の天気っぽいので、今日は気合を入れてバイク朝駆けへ。
ちょうど日の出の時間にDucati カフェレーサーに火を入れて出発。Max Fritzのレザージャケットが中綿入りということもあって 思ったほどの寒さは感じず、逆にキンと冷えた朝の空気が心地好いぐらい。

気持ちよく空いた郊外道路を流して郊外スタバへ。




サクッと店前のスペースに。




程なくTaycan turboさんとMGさん、そしてアルファードさんも到着。




寒い中だけど、今朝は皆さん付き合ってくれてバイクを眺めながらのテラス朝会。




珍しくハクセキレイくんも参戦 笑




小一時間の朝駆けでしたが、とても心地好いバイク朝駆け&朝会でした。



にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ


Ducatiの魅力。。。Scrambler Cafe Racerのファーストインプレッション

2024年02月20日 | ★バイク

Top Page

先日の200kmあまりのプチツーで、ようやく体に馴染んできた新たな相棒のDucati Scrambler Cafe Racer。



ここで、このバイクのファーストインプレッションを思いつくままに記しておこうと思います。

●良いところ
・空冷L型ツインの独特なドコドコ感が心地好い
・低速からの充分なトルクと粘り強い加速感
・アクセルレスポンスがいい
・セパハンの割に前傾キツくない ロングツーリングもいけそう
・足つきが良い 身長163cmで両足母趾球+αの安心感
・更に車体も軽いので 取り回しがとっても楽ちん
・細部のパーツにもこだわりを感じる
・何よりデザインが最高にイケてる(と個人的に思ってる)



✖︎イマイチなところ
・クラッチのミートポイントが遠い
・たまに起こる主に6速でのギア抜け
・2速からNへ入りづらい (1速からNはOK)
・ニーグリップのおさまりが今ひとつ
・エキパイのある右足だけでなく、左足もそれなりに熱い 夏がちょっと心配

といった感じです。

何をおいても、本当に惚れぼれする唯一無二のデザイン。そして、空冷Lツインの鼓動と連動して地面をしっかり蹴っていくのがわかる独特な感触。後は、イマイチとして挙げたところもひっくるめて 自分で操ってる感が相当に強いバイク。そういったところが、イタリア車 Ducatiの魅力なのかな、とDucati初心者なりに改めて思った次第です。Ducatiの他の車種は更に個性が強そうなので、より顕著に感じるところがあるのかもしれませんね。

幸いにも、暫くは長崎のSV650Xとの2台持ちなので、カフェレーサーという同じジャンルの2台を比較しながらじっくりと味わっていきたいと思います。




因みに。。。先日のプチツーで初給油。満タン納車してもらってからの これまでの燃費は25.5km/L。SV650Xほどではないけど、燃費も上々です。

にほんブログ村 車ブログへ にほんブログ村 車ブログ ポルシェへ にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ