陵南小 校長日記

校長の目から見た,学校教育活動の紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仲よし音楽

2012年01月31日 09時46分20秒 | 教育活動
1月31日(火)
今年初めての仲よし音楽は1年生の発表です。
鍵盤ハーモニカの演奏と斉唱を披露しました。


今月の歌「ともだちっていいもんだ」を全校で斉唱しました。


インフルエンザで休む子供が増えてきました。本日インフルエンザとして出席停止した人数は7人ですが,熱発による欠席者数が増加しています。2年2組は明日から2日間の学級閉鎖となりました。お隣の幼稚園年少組も学級閉鎖です。引き続き手洗い・うがいの徹底に取り組みましょう。

読書感想画

2012年01月31日 09時32分42秒 | 教育活動
1月30日(月)
校内階段の絵画用展示パネルに読書感想画を掲示してあります。一部を紹介します。

1年「はらぺこあおむし」


1年「たこやきマントマンおばけのくに」


1年「さるかにばなし」


2年「ももたろう」


2年「うたうがいこつ」


3年「わーいメルヘンランド」


3年「ちいちゃんのかげおくり」


3年「シャンプー王子と大悪党」


3年「七色のキャンディー」


4年「しかく大王とハナクソマルメル」


4年「ザックのヒミツノート・消えたUFOをさがせ」


5年「大造じいさんとがん」


6年「注文の多い料理店」「どんぐりとやまねこ」


来校の折に,詳しくみてください。

日韓親善子供大使友好の翼送別会

2012年01月30日 10時37分32秒 | 地域連携
1月28日(土)
26日から2泊3日で韓国ペーヨン小学校のみなさんが交流で来日しています。今回は竹子小学校が事務局でお世話をしています。交流の歴史は古く,始まりは20年前で本校との交流が始まりでした。交流は19回を数えています。
夜,送別会がありPTA副会長と出席しました。

市長のあいさつ


ペーヨン小学校校長のあいさつ


この他,全ての出席者の自己紹介がありました。
平成24年度は陵南小学校が事務局です。しかも20周年という節目の年になります。イベントもいろいろと考えられているとのことです。3年前同様に,8月の韓国釜山での交流には,多くの子どもたちが行くことを期待しております。

校内なわとび大会

2012年01月27日 08時39分39秒 | 学校行事
1月27日(金)
今日も厳冬の朝になりました。霜柱が至る所にできていました。


2校時「低学年」みんなで仲良く長縄跳びの低学年


3校時「中学年」チャレンジの4年生


4校時「高学年」安定した持久跳びをする5年生


寒い中,ご参観いただきましたみなさん,ありがとうございました。今日のなわとび大会等ブログでは載せきれなかった2学期教育活動の写真を校内に掲示しております。来校の折にご覧下さい。

寒波襲来

2012年01月27日 08時35分05秒 | 学校の風景
1月26日(木)
零下の朝の登校となりました。
池の水も凍りました。排水路から流れる水がつららとなっていました。


1年生が牛乳パックで氷つくりをしました。中に花びらや木の実を入れて,楽しい氷つくりができていました。


明日は,なわとび大会があります。すこしでも寒さが和らぐといいのですが・・・・。


交流給食

2012年01月26日 15時16分01秒 | 教育活動
1月25日(水)
学校給食週間にちなみ,火曜日から水曜日に交流給食を行いました。
クラス半分が兄弟クラスで給食をします。いつもよりも楽しく食べられました。
6年生と3年生の交流給食です。
6年生の様子


3年生の様子


明日は,今日より寒くなりそうです。


学校給食週間

2012年01月24日 13時22分10秒 | 教育活動
1月24日(火)
今朝は零下の登校になりましたが,いつもにまして子どもたちは元気なようすでした。

全校朝会は,給食週間について講話。健康は,運動・栄養・休養(睡眠)が必要であること。学校給食は,その栄養を摂る上でとても重要であることを最初話しました。
次ぎに,給食の由来・始まりは明治22年。群馬県にあるお寺にあった小学校のお坊さんが托鉢で集めた食材で,子どもにお昼のご飯を提供したのが始まりであること。終戦後は,米飯はなくパン給食で脱脂粉乳だったこと等をはなしました。
また,「いただきます」は,動植物の命をいただいていること。「ごちそうさま」の馳走の意味から,わたしたちの口に食べ物が入るまで,作る人・運ぶ人・料理する人・盛りつける人など多くの人の手がかかわっているから感謝の気持ちを口に出して食べることを話しました。好き嫌いせずに,おなかいっぱい食べて健康づくりに取り組んでほしいです。
その後,授賞式。小さな親切の受賞・新春書き初め展の受賞伝達を行いました。

今日から,5年以外は全学年でCRT学力検査を実施しています。皆,真剣な表情でテストを受けていました。学力向上対策の成果がでることを教児共に願っています。

ふるさとウォーキング史跡巡り・地区生涯学習推進大会

2012年01月23日 12時57分59秒 | 地域連携
1月22日(日)
玉利公民館主催で10時から,「ふるさと史跡巡り」です。
総勢34名で,本校児童も保護者と一緒に2名参加していました。

「まむしの神様の像」が備えてあった社跡の説明(右側の窪地,像は盗難喪失)



「馬場」溝辺城に続く道だったと言います。十五夜には,ここで綱引きをしたそうです。


「田の神様」廃仏毀釈の跡がみられます。


「玉利城跡」~溝辺城の出城として,「砦」のような高台を「たかじょう」とよんでいたそうだ。


「たいの坂」つづら折りの急坂。ここを上り下りして田んぼ仕事に通ったそうです。


「溝辺城跡」です。三国名勝図絵には「看初城(みそめ城)」記録があります。一体を「城山」とも言われています。


「たいの川と広見橋」昔は子どもたちはよく水遊びをしたそうです。


「心慶寺墓石群」昔のいわれのある墓石群です。


「磨崖種子(三尊)」梵字が書いてあります。


よく見えませんが資料では,こうなっています。上の写真は,真ん中の梵字です。


とても,有意義なウォーキング史跡巡りでした。子どもたちの教育活動に生かしていきたいと思います。

13:00から湧水町中央公民館で地区生涯学習推進大会がありました。
活動発表Ⅰ「加治木笑劇場「華の会」・大口子ども劇場・霧島市連合青年団・中学3年生」の発表
写真は,加治木笑い劇場

活動発表Ⅱでは,国分自衛隊の「東日本大震災被災地への派遣・救援活動」
では,メディアで流れないエピソードを多く聴くことができました。救援活動に携わる方々に改めて敬意と感謝の気持ちを抱くことでした。

最後は,講演会で「3.11大震災後のわたしたちとこれから」という演題で元MBCのキャスターに話をいただきました。
講師紹介


いずれも大変有意義な会でした。今後の教育活動に生かしていきたいと思います。


縄跳び練習

2012年01月20日 11時14分05秒 | 学校の風景
1月20日(金)

早朝はなかった霧が子どもたちの登校時間に合わせて濃くなりました。車はヘッドライトをつけてもなかなか運転が難しいほどの霧でした。
それでも子どもたちは朝から元気に縄跳びの練習に取り組んでいました。来週金曜日には校内なわとび大会があります。保護者の皆さん方は,是非子どもたちの頑張りを観て下さい。

みんなで八の字跳びに挑戦するクラス


友だちと持久跳びやいろいろな種目にチャレンジする子どもたちです。

来週は,寒波がくるとの天気予報ですが晴れてくれることを祈るだけです。




市学校保健会研究協議会

2012年01月19日 12時29分47秒 | 地域連携
1月19日(木)

雨のため,予定されていた校庭での縄跳びを変更。体育館でストレッチ運動となりました。

昨日は,上記の会が国分シビックセンターでありました。会長や教育長のあいさつの後,「食と健康と環境」という演題で食育についての講演会がありました。
 講師の方は霧島市出身で,子どものアトピーを治すために,食改善に取り組み,ついには自ら無農薬有機栽培を始めて現在があるとのことです。
 「食べ物を変えると心身が変わる。」と熱く語られました。中でも,「医食同源,身土不二,地産地消,旬産旬食,一物全体」などの言葉について説明やエピソードが添えられました。例えば糠(ぬか)は,健康の「康」に通じている。また,その糠を取り去った白米は粕(カス)と呼ばれるという見方から,白米より玄米がよりよい食である等です。
 また,世界中で7人に一人が餓死しており,途上国の三分の一は栄養失調であるという食糧事情や輸入された食料の3割を捨てている日本の食料事情を数値を示しながら分かりやすく説明して下さいました。
 環境問題としては,農地の500万ha~600万haが砂漠化しており,日本の農地474万haの25%が土壌劣化しているとの説明もありました。国際的には,中国やロシアなどが水と農地の争奪を始めているという指摘もありました。
 質疑応答では,研修生の受け入れ態勢や児童・生徒の体験活動,今後の展望について質問がでました。修学旅行で農業体験をさせているとの話でした。
 これまでの「早寝・早起き・朝ご飯」という視点からの食育にとどまらず,食に関する環境問題を踏まえての話で大変興味深く聴くことができました。
 今週は,給食強調週間です。来週の全校朝会では食についての話を予定しています。