陵南小 校長日記

校長の目から見た,学校教育活動の紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日々の教え

2012年12月07日 11時37分20秒 | 日記
11月6日(木)
教職員の胃検診があり朝からちょっと留守しました。

先月の校外生活指導連絡会で保護者や教師を前にして,教育長が挨拶の中で話しをされた福沢諭吉の「日々の教え」を紹介します。

福澤諭吉は半紙を四つ折にした帳面を作り、1871年(明治4年)10月14日から11月にかけて、毎日ひとつの教えを書いて、一太郎と捨次郎の兄弟に与えたそうです。2人にはそれぞれ同じ教えを与えたそうですが,一太郎に与えた教えには追加もあったそうです。

内容は
『東西、東西。日々の教えの二編の始まり。お定めの掟は六か条、耳をそろえてこれを聞き、腹に収めて忘るべからず。

第一、天道様を畏れ、これを敬い、その心に従うべし。ただし、ここに言う天道様とは、日輪のことにあらず。西洋の言葉にてゴッドと言い、日本の言葉に翻訳すれば造物者というものなり。

第二、父母を敬い、これを親しみ、その心に従うべし。

第三、人を殺すべからず。獣を酷く取り扱い、むしけらを無益に殺すべからず。

第四、盗むべからず。人の落したるものを拾うべからず。

第五、偽るべからず。嘘をついて人の邪魔をすべからず。

第六、貪るべかららず。無闇に欲張りて人のものを欲しがるべからず。』
という6つの教えです。

これを見ると、福沢諭吉の教えは今の子どもたちにも十分指導すべき内容であると思います。家庭・学校・地域が連携して教えを守れる子どもたちを育成していきたいものです。

【今日の給食】

献立:冬野菜のクリーム煮,ウインナーとキャベツのソテー,コッペパン,イチゴジャム,牛乳
熱量:634kcal
寒い季節にはクリームシチューがぴったしで,美味しくいただきました。


陵南小学校 校長日記開始!

2011年07月27日 12時01分59秒 | 日記
霧島市小学校水泳記録会

昨日,霧島市国分総合プールで霧島市教育委員会・霧島市小学校体育連盟主催の霧島市小学校水泳記録会(参加学校数35校,児童数約600人)があり,本校から5・6年生が出場しました。
高学年の担任や体育部の教諭が指導しました。水泳指導者のY先生には,前日まで指導助言をいただき出場しました。
当日は,曇天時々小雨がぱらつく天気でしたが,子どもたちは元気に最後まであきらめない心を感じさせる泳ぎをしてくれました。きっと,どの子も自己ベストの記録が出でいることでしょう。

地域では早朝,ラジオ体操に取り組んでいます。
今日は「陵南子ども会」のラジオ体操に出席しました。
6年生がカードに出席印を押してリーダーシップを発揮していました。


学校では8:30~10:00に5・6年生で泳げない子の水泳教室を行いました。


10:00~12:00と14:00~15:30はPTA主催によるプール開放です。子どもたちは,大いに水に親しんでいました。本日が一番多い103人の利用がありました。