大阪龍馬会

1987年に創立して2017年は創立30周年。龍馬好きの集まった大阪龍馬会が龍馬会の活動をお知らせします。

龍馬大学校のご案内

2020-07-13 10:00:00 | イベント情報
 長雨が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか。コロナ禍で2月の総会以来活動を休止しておりましたが、龍馬大学校から新しい生活様式のもと、感染対策を行い人数制限して開催することになりました。
 今年は町田明広先生を関西にお招きして行います。『坂本龍馬は、日本が生んだ最大のスーパーヒーローです。とは言え、あまりに英雄化されてしまい、実像と離れた伝説が垣間見られることも事実です。また反対に、見落とされている事績や凄みがあると考えます。つまり、裏を返せば、龍馬は今なお多くの謎に包まれた存在なのです。最新の研究に基づいて、特に慶応期の龍馬の生涯を紐解き、志士・周旋家・交渉人・政治家として、多様性を持つ龍馬の動向を検証し、「新しい龍馬像」を再構築します。』

 なお、新しいイベント様式も考え、今回の龍馬大学校は、インターネットでの生配信を予定しております。生配信をご覧になりたい方は、事務局にお申し込みください。配信方法や遵守事項をお伝えします。

日時:8月23日 13時00分受付開始 13時30分から16時30分まで
場所:北浜フォーラム(大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル3F)
■地下鉄堺筋線「北浜駅」 1B出口(地下道直結) ■京阪本線「北浜駅」 28出口(地下道直結)
■地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」 徒歩7分 27出口(地下道直結)

演題:「坂本龍馬の実相を追う―幕末研究の最前線」
講師:町田明広先生

昭和37年(1962)生まれ、長野市出身。日本近現代史(明治維新史)研究者、神田外語大学外国語学部国際コミュニケーション学科准教授・日本研究所副所長。 明治維新史学会理事・事務局長、博士(文学)、千葉商科大学・佛教大学非常勤講師。著書に『幕末文久期の国家政略と薩摩藩―島津久光と皇政回復』(岩田書院、2010年)、『島津久光=幕末政治の焦点』(講談社選書メチエ、2009年)、『攘夷の幕末史』(講談社現代新書。2010年)、『グローバル幕末史』(草思社、2015年)、『歴史再発見 西郷隆盛 その伝説と実像』(NHK出版、2017年)、『薩長同盟論』(人文書院、2018年)、『新説 坂本龍馬』(集英社、2019年)。

参加費 会場での参加会費:3000円(会員外3500円)
ネット配信の場合:1500円(会員外2000円)
締切:8月20日  定員:42名(先着順・定員を越えた場合はお断りする可能性があります)

大阪龍馬会 〒573-0084 大阪府枚方市香里ケ丘12-28-17  TEL・FAX 072-853-9669
携帯 090-9110-3355  Mail osakaryomakai@gmail.com
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大阪史跡探訪延期のお知らせ | トップ | 大阪龍馬会 1987年(昭和62年) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

イベント情報」カテゴリの最新記事