大阪龍馬会

1987年に創立して2017年は創立30周年。龍馬好きの集まった大阪龍馬会が龍馬会の活動をお知らせします。

日記に龍馬暗殺を克明に記録 土佐藩の役人、京都で

2010-12-19 00:01:00 | Weblog
 坂本龍馬と親しく、幕末の京都で「徒目付」として政治情勢の内偵活動などをしていた土佐藩の下級役人・樋口真吉が、龍馬暗殺の様子を日記に記していたことが高知県の歴史家らの調査で分かった。簡潔でいて詳細な記述が、事件をひもとく史料として注目を集めている。

 日記は「日新録」と題され、慶応3(1867)年から約1年間、京都周辺で起きた事件などを記録。

 日記では同年11月15日午後10時ごろ、龍馬の下宿先だった京都の近江屋で「賊二人」が、龍馬と中岡慎太郎に襲いかかった、と記録。中岡は刀を隣の部屋に置いていたため短刀で応戦、一方、刀を取る暇なく切られた龍馬は立ち上がり「横山兄如何」と中岡を気遣いながら絶命した、と記している。

12/8 共同通信社



よければクリックしてください。 人気ブログランキングへ 一日一回クリックしてもらえたらうれしいです。

大阪龍馬会作成の2011年版龍馬カレンダー「龍馬暦」を発売中。携帯版はこちら PC版はこちら

大阪龍馬会携帯版HPはこちらです。 大阪龍馬会HPはこちらです。 NHKドラマスタッフブログはこちらです  龍馬伝のHPはこちら

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« BSプレミアム:NHKの新設チャ... | トップ | 「皇女和宮降嫁150年記念前夜... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事