大阪龍馬会

1987年に創立して2017年は創立30周年。龍馬好きの集まった大阪龍馬会が龍馬会の活動をお知らせします。

大半は役人不正の訴え…江戸期の目安箱、内容まとめた資料発見

2008-03-09 11:19:47 | 幕末ニュース
 「夫を殺害した犯人を捜してください」「役人を更迭してほしい」――。8代将軍徳川 吉宗が1721年、広く民意を聞くために始めた「目安箱」への直訴内容を将軍の側近が簡潔にまとめた「訴状留(そじょうどめ)」が徳川宗家文書から発見された。江戸時代の民意の実態を解明する資料として注目される。

 将軍に直接意見が届く目安箱は、現在の裁判所にあたる江戸の評定所(東京・丸の内)前に設置され、原則的に毎月2日、11日、21日の3日間だけ受けつけられていた。宗家文書を調査していた徳川記念財団が、幕末の1858年(安政5年)から1864年(元治元年)までの訴状留の存在を確認した。

 同財団が安政5年分の225通を分析したところ、同じ内容の再投書をのぞくと1年間の総数は84件にのぼった。多くは幕府直轄領や旗本領での役人の不正を訴えるものだった。

 目安箱の実態については、江戸に住む医師の投書によって貧しい病人の窮状を知った吉宗が小石川養生所を設置したケースなど断片的にしかわかっていなかった。

 磯田道史・茨城大准教授(近世史)は「政策に役立つ知恵を集めるという第一の目的よりも、民衆側は不正の告発など個別的な案件を訴える場として使っていたことがよく分かる」と話している。23日まで江戸東京博物館(東京・両国)で展示されている。

 安政5年(1858年)の目安箱の主な投書

 ◇旗本領内の村の農民一同です。(旗本から)たくさんの金を要求され難儀しております。知行替えしてください。

 ◇某村の周りの村々が申し上げます。この村の人たちはバクチをすすめるので困っています。おただしください。

 ◇水路の工事に乗じて村々の代表たちが私欲で大金を詐取したために困っております。厳重にお調べください。

 ◇今蔵の娘うらです。父は年貢の未納分を完済したのに翌年になって勘定が合わないとして呼び出されて困っております。担当の役所を吟味してください。

 ◇わが村の寺の僧侶は出家者とは思えない所業で一同迷惑しています。お調べください。

(2008年3月8日03時06分 読売新聞)
ジャンル:
その他
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 淀川の砲台「楠葉台場跡」で... | トップ | 井伊直弼の正室、昌子の肖像... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マンボウ)
2013-09-12 09:19:23

コメントを投稿

幕末ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事