I’s Blog

伊藤久志@アイズサポートのブログです。

アイズセミナー『三部作』のお知らせ

2019-09-08 19:48:43 | Weblog
アイズセミナー『三部作』

受付開始 9:30
第一部 10:00~12:30
   横関広子氏(ドロップスin名古屋)
    『知ってほしいな発達障害とてんかんのこと』
第ニ部 13:30~16:00
   山田理恵氏((医)双優会つつじが丘こどもクリニック)
    『コミック会話の可能性』
      〜文字が読める幼児から成人までに使える会話の視覚支援〜
第三部 16:20~18:20
   伊藤久志(アイズサポート)
    『早期療育のポイント』

日時 ◆ 2018年11月23日(金,祝)
会場 ◆ 吹上ホール 第7会議室
    名古屋市千種区吹上2-6-3     地下鉄桜通線「吹上」下車<5番出口>から徒歩5分

料金 ◆ 1,500円(各部)
    2,500円(2部) 3,500円(3部全部)

対象 ◆ 発達障害児者の保護者,発達障害児者に関わる支援者
      定員60名(先着順) お早めにお申し込みを!

お申込みは、件名を【三部作セミナー申込み】とし、
①氏名②参加区分(例.「第二部のみ」「第一部と第二部」「3部とも」)
③連絡先(電話番号/メールアドレス)④ご所属・お立場
⑤講師への質問 を明記の上、下記のメールアドレスにお送り下さい。
i_s_seminar@yahoo.co.jp

【主催】アイズサポート  【問合せ】052-700-7487
【共催】名古屋市発達障害者支援センターりんくす名古屋
【後援】TEACCHプログラム研究会愛知支部





横関広子氏(ドロップスin名古屋)
 名古屋市の小中学校等で発達障害の啓発活動を10年200公演以上行なっている。この3年は発達障害に合わせててんかんの講演も行っている。その他、愛知県自閉症協会(つぼみの会)でペアレントメンターとして活動中。

『知ってほしいな発達障害とてんかんのこと』
「発達障害」や「てんかん」という言葉を聞いたことがある方は沢山いらっしゃっても、その正しい知識と理解がある方はまだまだ少数派なの
が現状です。間違った知識や情報に翻弄されている方もまだまだいらっしゃいます。正しい情報や対応につながることの重要性、専門家ではなく親ならではの分かりやすい説明や事例、そして発達障害の疑似体験を今回は盛り沢山にお話させて頂きます。
 そして今回の公演を「発達障害」と「てんかん」を正しく知っていただくきっかけにしていただければ…と思っています。



山田理恵氏((医)双優会つつじが丘こどもクリニック)
 平成元年より名古屋市立大学病院小児科心理発達外来勤務、平成18年よりつつじが丘こどもクリニック。 TEACCH®公認臨床家、ストーリークラブ名古屋代表、名古屋市立大学大学院人間文化研究科博士前期課程修了。

『コミック会話の可能性』〜文字が読める幼児から成人までに使える会話の視覚支援〜
 自閉症スペクトラム(ASD)の人はお話したり文字が読めても、言葉の裏を読めない、伝わりにくい、説明が苦手など社会的コミュニケーションの困難があります。「コミック会話」はソーシャルストーリー開発者であるキャロル・グレイ考案の(会話の視覚支援)といえます。今回はコミック会話のワークショップではありませんが、コミック会話の紹介、コミック会話を使った事例に触れます。



伊藤久志(アイズサポート)
『早期療育のポイント』
 保護者や支援者にとって早期療育を進めて行くことは、宝を求めて多くの罠が仕掛けられている道程を進んで行くことに似ています。巧みに仕掛けられた罠をかいくぐりながら、欲した宝をゲットするために戦略を練る必要があります。具体例として、「トイレットトレーニング」「模倣」「文字学習」などに関して扱いながらポイントについて整理していきたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野外活動講演会のお知らせ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事