Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

自転車操業の悲喜劇……

2021年03月04日 08時13分14秒 | 日記(アニメ感想含み)
HD録画消化の話。
毎クールごとに録る番組を決めて、その分の容量を撮りだめしている番組を消化してその分の容量を確保して、と言う
どう見ても、自転車操業に陥っている
(だから、2クール前の作品の感想を書いているのですね)
から、突発的に見たい番組(特に映画)が出てくると、撮りだめした分の録画消化がさあ大変……と言う、
どっから見ても自業自得な事態に……。

・"未来少年コナン"#20「再びインダストリアへ」
コナンの「器の大きさ」がハイハーバーの村長や先生、モンスリーをも動かす。
ラオ博士とインダストリア地下街の住民たちを迎えるためにインダストリアに向かった一行だが幸か不幸かインダストリアは無傷で、悪いことに一行が乗った飛行艇がインダストリアの飛行艇に敵として捕捉されてしまい……。

・"ファインド・ミー パリでタイムトラベル"#22「母のペンダント」
色々と急展開。
まぁ「実はレナとヘンリーはきょうだいでした」と言う最悪な展開にはならずなかったのは幸い(ヘンリーの父親もレナの母親も即座に否定したのでそれだけは確か)だが。
後はレナの母親が以前に描いたレナとの"母娘の肖像画"に(未来に飛ばされたレナが気づいてくれることを前提とした)ペンダントを描き足した事と言い、未来に何かメッセージを残しているはずだが……。
あ、そうそう。
美術館でティアがレナに「何でロシアからフランスに来たの?」と問われて返答に詰まったのは、"母娘の肖像画"と「娘のヘレナ(通称レナ)は1905年に謎の失踪を遂げた」説明文を見たショックでまともに答えられる精神状態になかったからだと思いたい所だが……。
(「パリで最高のバレエを学びたかった」事には1905年でも現代でも変わりはないのだから、すぐにでも言い返せるのだが、それができなかったと言うことは……)

・"シャドウバース"#24「祝福と災い」
ヒイロの「すべてを『取る』と言う信念、或いは『すべてが譲れない物(*1)』であるために」レオンに今までのすべてをぶつけて勝つ。
この回の裏筋はルシアとヒイロ、ヒイロとレオン、レオンとエイジ、レオンとマウラ(*2)の「一筋縄ではいかない」関係と、シャドウナイツを「認めた(ルシアでさえ相手のシャドウナイツのことを『覚悟も力もそちらの方が上なのかもしれない』と評している)」上で乗り越えたヒイロ以外のみんな(*3)、なんだろうな。
*1 ルシアがシャドウナイツに向かって言った「君には譲れない物があるかな?」と言った問いかけのこと。
*2 元々マウラがレオン側に属していることに注意。またシャドウナイツ相手に「自分の運命から逃げたくないだけですから」と発言している。
*3 カイの「貴方(対戦相手のシャドウナイツ)の思いも汲んで、前に進みます」と言う発言やアリスの「よく分からないけど、アリスはしっかりとやることをやるアイドルなんだ」発言など。後者についてはシャドウナイツも負けや「未来を託すに値する相手であること」を認めたかのような笑みをこぼした。


・"ジビエート"#11「まぼろしの愛」
池田秀一の使い方としては正しい。
物語としてはドンデン返し、と言うかちゃぶ台返しにもほどがあるが。
最後のネタバレ回。
実はあれだと千水や兼六、雪乃丞が
「ヨシナガとメテオラを乗せた宇宙船が太陽系にワープする際にできた時空の歪みに巻き込まれた」
のでタイムスリップしたと言う説明もこじつけられるんだけどね……。
それはそれとして、このひっくり返ったちゃぶ台は収拾するのか?(反語)
それにしても、
この('20年7~9月)クールの地上波アニメ(*4)に出てくるバイオハザードに対応する医者って、
ヨシナガと言い、伊佐津("A.I.C.O. Incarnation")と言い、ろくなもんじゃないんだね……。
(そりゃ、
ヨシナガのCVが池田秀一で、
伊佐津のCVが子安武人

だから(*5)ねぇ)
*4 "A.I.C.O. Incarnation"のNetflix配信は2018年だけどもTOKYO-MX放送が'20年7~9月クール。
*5 子安武人はまだしも、池田秀一がマッドな役回りを演じた記憶があまりないんだがなぁ……。


・"トミカ絆合体 アースグランナー"#26「リフトアップ!浮遊要塞センカンジマ!」
サーベルタイガーのアースグランナーがあるのであれば、恐竜のアースグランナーがいてもおかしくないよね。
でもって五人目のグランナーGとアースグランナーティラノトプス(ティラノサウルスとトリケラトプス)のお披露目回。
……なのだが、空飛ぶ敵を相手にどう立ち向かうの!?
(次回予告のライガとクウガのナレーションを聞く限りではプテラノドンのアースグランナーも登場する見込みだが……)

コメント   この記事についてブログを書く
« 今回は感想のみ(令和3年3月1日) | トップ | サイトのアクセスカウンター... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事