Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

〆の八重桜

2021年04月09日 19時58分45秒 | 日記(アニメ感想含み)
東京ではソメイヨシノが(おそらく山桜も)散ってしまい、八重桜が満開になっていました。
それで昨日(令和3年4月8日)の仕事休みに都立東伏見公園に行って八重桜を撮ってきました。

都立東伏見公園の八重桜

その花に近づいて撮った物

・"魔女の旅々"#2「魔法使いの国」
初めて「人に教える立場」になったイレイナと「孤独に負けて燻っていた」サヤの出会いと別れと、サヤが新たなる目標を見つけるまでの物語。
イレイナ自身が旅人であって「(フランや両親との)出会いと別れと『離れていても通じ合える』の果てに一人であるし一人であり続けることを選んだ」から、「孤独に負けて燻っていた」サヤへの最後の一押し(「一人であっても孤独じゃない」と説いた)ができたんだろうなぁ。

・"ファインド・ミー パリでタイムトラベル"#25「もつれた糸」
これは流石に大目に見られる話じゃないからなぁ……。>レナがマックスの父親にダンスバトルのことを「漏らした」こと。
(「父親」としてなら兄弟の切磋琢磨を素直に評価すべき所だが、「舞台監督」としてならマックスの行動は論外)
レナが「過去の人間」であることがイネスとの最大の亀裂(と言うか文字通りの断絶)を生じさせ、
一方でタイムコレクターがレナの奪取を画策し、
フランシーが出し抜けを図って、
どう収束するか?

・"ゾイドワイルドZERO"#50「無限大の地球へ」
ランド&イレクトラ、皮肉な敗戦。
(ゾイドの動力源&端末探査機として使っていたペンダントのゾイド因子に対する拒絶反応が命取りになった)
でもって、一つの旅の終わりと、新たなる旅の始まり、と言う大団円。

・"アサルトリリィBOUQUET"#2「スズラン」
舞台解説回。
と言うだけではなく、楓の「リリィ」としての誇りと、夢結が(本音はどうあれ)梨璃の「シュッツエンゲル(守護天使、作中では『導き手』)」の契りを結んだこと、かなぁ。
(美鈴にその辺を茶化されていたが)

コメント   この記事についてブログを書く
« blogで書けない一言日記、更... | トップ | 今日日の復元技術 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事