Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

10月2日の仕事休みのこと

2020年10月12日 09時18分17秒 | 日記(アニメ感想含み)
考えていたこと……「そろそろ曼珠沙華が見納めだから、どこか近くの公園まで曼珠沙華でも撮りに行こうかな」
実際の行動……古いマンガの単行本と、レトロゲームの物色に中野まで。
だから何でだ。

こちらは中野駅側から撮った中野サンプラザ

それはその中野駅側玄関にある飾り時計

その文字盤

・"ゾイドワイルドZERO"#33「破滅へのカウントダウン」
スピーゲルがシーガルに推挙した「オメガレックスを修理できる科学者」がボーマン博士なら良い(それでもあまり良くない)が、もし科学船を襲撃して"ゾイドクライシス"を引き起こしたグループだったら、事態はさらにめんどくさいことに……。
(キルサイスがボーマン博士を拉致しようとしていた当たり、どちらともとれるが)
でもって、めんどくさい事態はもうごめん、とばかりに一行と別れるバーン。
(ようやく、落ち着いてシャドーフォックスを助けてもらったお礼をボーマン博士に言えたような)
後は病みつつある地球と、それを食い止めるため奔走する一行の新たな戦いの始まり、かなぁ。

・"シャドウバース"#11「ヒイロVSルシア」
事穏やかでないレオン社長の台詞(「これで、世界の命運が決まる」)とともに、決勝戦始まる。
ヒイロはルシアとの戦いに勝って彼を強迫観念(だよなぁ、あれでは)から解き放つことができるのか?
(ルシアが自身を「復讐」状態に落とし込んたので大分厳しいが)

・"牙狼 -VERSUS ROAD-"#12「VERSUS ROAD」
葉霧の妄執の終わりと、空遠の物語の終わり。
(「ただ、生きる」と言って牙狼剣に背を向けた以上、彼が牙狼世界に戻ってくることはなさそうだし)
殺し合いの果ての静かな余韻を残して幕。
……、
決して
「一件迷宮入り」
の幕ではない。
(アザミとの決着が付かずじまいだったこと)

・"ULTRAMAN"#11「そのままの君でいて」
レナと進次郎の「別れ」回。
一方で12年前の決着をつける事への固執が原動力の北斗。
「星団評議会」との決着をつけるために敢えて表に出てきたことが判明したベムラー。
(ヤプールの見立てだと、ベムラーも身体の不調、或いは限界を抱えているようで)
そして起こる大事件。
落着点は一体どこに?

・"未来少年コナン"#8「逃亡」
やっぱりコナンは
「大地の子」
なんだなぁ。
(二人で陸に漂着して以降元気が有り余ってきたのはラナと再開できたうれしさだけではない)
でもって、ダイスの駆け引き負け(ラナを舳先に縛り付けておけばレプカはラナに当たるのを恐れて撃ってこないだろうと踏んだら威嚇射撃をされて反転する羽目になった。これがなければラナとコナンの再開もなかった)にはじまり、ダイスとレプカの部下の迂闊(小型ボートにラナが乗っていたことを半ば故意でレプカに伝えず、レプカの部下がラナの乗ったボートを撃沈させた)に終わった当たり、この回の裏の主役はダイス船長。
でもって、彼が反逆(ラナをインダストリアから拉致してハイハーバーに送り届ける)を決意したきっかけが「レプカが太陽エネルギーを使って飛行戦艦を復活させてみろ!奴は空の上から世界を見下ろすに決まっている!そうすれば俺たちは海の上からでも奴に頭を下げねばならん!」のにたてついた結果だったって事を考えると
「海の男」
だよなぁ。
とは言え、レプカがこのまま諦めるとも思えないが。
(実際にモンスリーが飛行艇でコナンが漂着した海岸を捜索した。コナンとラナが戦車の影に隠れたので見逃したが)

・"ファインド・ミー パリでタイムトラベル"#12「揺れる心」
オスカーがヘンリーの手配書を持っていたのって、時空犯罪者のそれじゃなかったのね……。
(レナの母親がばらまいた「レナ誘拐犯」としての手配書だったこと)
で、そのレナだけど、ヘンリーのこともあって(1905年に戻ったら、オペラ座で踊る機会がない)、プレッシャーから降板(解任)騒ぎを起こすほどの大スランプに。
マックスのプレッシャーやら何やらから解放する助けと、カレン先生が「レナはスランプから立ち直った」と見て続投にひっくり返ったのは良い物の、ジェフ(ダッシュが彼のティアの支え方がマズいとみてアドバイスしたのが今回のなにげに良いシーン)の一言でティアがレナの秘密(オペラ座の屋上でヘンリーからの手紙を受け取っていること。さらに間の悪いことにヘンリーがレナを救出するために現代へ向かう手紙が入っていた)を知ってしまい……。
と言ったところで放送調整のためしばらく放送休止という……。
そうそう。
タイムコレクターの甘さ(と言うより、技術力のなさ)に大分救われているよね。>ヘンリー
(前回にリーダーを縛り上げて現代に行かせないようにする造反を起こしたのにもかかわらず、「タイムマシンが完成するまで『現代に行けるようになるまで』大目に見る」んだからなぁ。タイムマシンを作れるのがヘンリーしかいない状況を差し引いても相当にヘンリーに甘い)

コメント   この記事についてブログを書く
« シーズン改編期の手抜かり…… | トップ | blogで書けない一言日記、更... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事