Blog版一言日記

私、雑音領(ざつね・りょう)の一言日記です。

後番組

2021年04月25日 22時22分29秒 | 日記(アニメ感想含み)
先日、"未来少年コナン"の最終回を見終わる。
でもって、
NHK総合日曜深夜アニメ枠の後番組って、
"タイガアドベンチャー(*1)"じゃなかったのね……。
*1 筆者未見。"未来少年コナンII"の副題が付いたり付かなかったりした。

・"ルパン三世PARTIII"#37「父っつあん、大いに怒る」
ルパンと相手の「化かし合い」話。
後は父っつあん(アンに煽られたことも大きいが)のルパンへの入り組んだ愛憎(これはちょくちょく出てくるけど)かなぁ。

・"魔女の旅々"#4「民なき国の王女」
これまた、
「イレイナの手に負えない、と言うかイレイナが訪れた時にはすでに終わっていた」
回だったよなぁ。
ああいう結末になることがミラロゼに取っての「救い」なんだろうなぁ……。
(「復讐のため」に罪を犯したとは言え、犯した罪の大きさから生じる罪悪感はミラロゼに背負いきれるものではない)

・"トミカ絆合体 アースグランナー"#30「フルカスタム!赤と青のプテラノドン!」
ティラノの恐竜時代の仲間にして超古代宇宙移籍と契約していたプテラノドン兄弟、参戦。
時空を越えた絆は契約よりも強い。
え、国道教授の知識はあっても本質には全然触れることのできない無能感!?
……良し!
見なかったことにしよう(こらこら)。

・"シャドウバース"#28「重なる答え」
カイとアリスの「通過儀礼」、或いは「呪縛(アリス。アイドルである以上「大人の事情」に振り回されていたが、それでもアイドルである自分の笑顔に元気づけられる人もいると言ったカイの指摘)や固執(カイ。世界に絶対はあって数式で解析できると言う考えに対して「絶対はない」とアリスに突っ込まれた)からの解放」。
(ジュスティーヌ姉妹の「質問のえげつなさ」もさることながら、それに対して「答えて返す」カイとアリスのすごさもまた印象的)
一方で伝説のカードを手に入れたものの発動させることのできないルシアの焦り(*2)が彼をシオリの病室(なんだかんだ言ってもシオリは彼の「全て」だからなぁ)に走らせたものの彼女の姿はなく代わりにどこからともなくシオリの声が……。
*2 マルグリットに「シオリの無事・所在を尋ねる」と言う発想もないくらいに相当なもの。

・"くまクマ熊ベアー"#5「クマさん、鶏(?)を育てる」
「子どもは幸せでなければならない」

信条を通り越してほとんど強迫観念になっている(*3)
ユナの大暴れ(だよなぁ、あれ)。
まぁ、結果オーライと言うことで。
*3 #1を見た限り、ユナと両親との距離が遠すぎる描写があったので、その辺が影響しているのではないかと。

・"ひぐらしのなく頃に 業(2020年版)"#6「綿騙し編 其の弐」
梨花、またしても出し抜けを食らう(いや、そりゃそうだけど)。
雛見沢住民以外の人たち(富竹、鷹野、詩音)に良いように動かされて古手神社・開かずの祭具堂(倉庫)の中を見ることになる圭一。
果たして真相にたどり着けるか?それとも……。

・"這いよれ!ニャル子さん"#6「マーケットの中の戦争」
徒労というか何というか……>ルーヒーの話のオチ。
(アドバイスする、と言う格言を呈するのも手伝ううちに入るのでは?と言うツッコミも何もあったもんじゃないな)

・"ミルドレッドの魔女学校(シーズン2)"#1「新学期だー!」
新学期始まる。
エセルの妹シリルを始めとする下級生(ベアトリスが色々と良い性格してるんだわ)も登場して、
ミルドレッドとエセルの間は相変わらずで、
(今回は流石にエセルのやらかしたことについて弁解の余地がないなぁ)
ミルドレッドは「瓢箪から駒」に救われての新学期の幕開け。
でもって、
そりゃアインシュタイン(ミルドレッドが「新学期の課題」として呪文の対象として連れてきた亀)も「ここじゃ刺激が強すぎるから、人間界の池に帰るよ」と言い出すはずだわ……。
(カックル魔女学校に来て早々、校舎の崩壊騒ぎが勃発したり、エセルに大木の上まで拉致された)

・"未来少年コナン"#26「大団円」
コナン、ラナと仲間たちとともに、のこされ島に帰るという「おじい」との約束を果たした。
まさに大団円。

コメント   この記事についてブログを書く
« 気がつけば藤の季節 | トップ | ああ、大見落とし……。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記(アニメ感想含み)」カテゴリの最新記事