遊煩悩林

住職のつぶやき

非日常

2019年10月14日 | ブログ

台風19号の被害が連日報道されています。

その中で伊勢市の浸水被害もあってご心配の声をいただいています。

常照寺は庫裡に若干の雨漏りがあった程度で「日常」の生活です。

「非日常」を余儀なくされた方々を案じます。

夏休みに伊勢に保養に来てくれた福島のこどもたちがいる聞き慣れた地名。

郡山、須賀川、本宮、伊達、いわき、二本松・・・阿武隈川の氾濫や土砂崩れ。

また、長野や関東、北関東から東北に至る被害。

かつて流罪を赦された親鸞聖人が、越後から常陸へ移られる道中におそらく歩いたであろう土地のことを思った。

越後を経ち、信濃をとおり、上野、下野の国を経て、武蔵から下総を巡り、常陸に落ち着かれたという。

地図を目にしながらふと思う。おそらく川の流れに沿って拓けた道中だったのではないか、と。

関東から帰洛の際には箱根でのエピソードも残る。

19号の爪痕に親鸞聖人の足跡を辿るとはいかがとも思う。

ただ、当時は飢饉に皆が苦しんだとも。

いま、文明の時代にあって、非日常の「苦」のなかに多くの人がおいでになられる。

お念仏とは「非日常」に生きるところにある、と。

謹みつつ。

合掌

コメント   この記事についてブログを書く
« そっちこっちどっち | トップ | 浮世ばなれ寺ばなれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿