遊煩悩林

住職のつぶやき

根を訪う

2019年06月25日 | ブログ

5年前、沖縄の佐喜眞美術館で丸木位里・俊 作の「沖縄戦の図」をみた。

昨年、群馬県の太田市足尾鉱毒展示資料室で同じく「足尾鉱毒の図」をみた。

そして数日前、丸木夫妻が描いた「大逆事件」のレプリカのパネルを和歌山県新宮市の「大逆事件資料室」でみた。

この「大逆事件」の図にも、足尾の田中正造の姿が描かれている。「念仏講」の表記とともに。

 

「念仏とは何なのか」、この問いを抱えながらの住職道である。

そんなことも知らずによく住職が務まるな、と自分でも思う。

念仏の道場たるお寺の住職である。

ただの商売道具にしてはいないかと自問する。

 

さて、6月22日に新宮市の浄泉寺にて、かつて大逆事件をでっち上げられて連座した高木顕明住職の事績を訪う「遠松忌」法要が営まれ、お参りさせていただく機会をいただきました。

浄泉寺さまをお訪ねしたのは3度目です。

その都度、大切な学びをいただくのだが、果たしてその学びが行動として実践できているのか。

「念仏を生きた」顕明のこの世の最期は、秋田監獄での「絶望」だったのかもしれない。

そう思うと「絶望」に立てない私の姿こそ、顕明を刑務所に送った張本人かもしれない。

「前を訪う」がテーマの遠松忌で、さらにその「根」を訪っていかなくてはならないことを聞いた。

 

顕明は、部落改善運動を進める虚心会で

「頭の中では排斥しておいて外面だけ体裁よく交際するというのはそれは少々偽善、まぁ偽善ですな」

と語ったともいう。

そして「戦争は極楽の分人の成す事では無い」という顕明の姿勢は、念仏を申す人の真の姿だったと学ぶ。

 

そういえば今月11日、伊勢朝熊の三法寺を訪ねるご縁をいただいた。

かつてそのお寺に住寺されていた植木徹誠は、

「戦争は集団殺人だ」

「宗教者は戦争に反対すべきものである」

と言い切った。

その根拠はやはり念仏に尽きる。

 

念仏は、非戦であり、平等である。

それが体裁であれば本当は「絶望」に値するはずであるのだが。

丸木夫妻の執筆の原動力ももしかしたら「絶望」ではなかったか。

親鸞も絶望を生きたという。

私の南無阿弥陀仏が問われ続けています。

 
コメント   この記事についてブログを書く
« もうひとつ | トップ | 体質構造 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿