おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室レポートNo.374 栗の渋皮煮

2010年10月23日 | 日記
栗の渋皮煮
                 
 今年も友人が栗を持って来てくれ、栗おこわを作り、昨日は大変手間がかかるが、栗の渋皮煮を作りました。秋を感じる美味しい食べ方です。
  
①栗(皮つき)500gを沸かしたお湯に浸ける。
②冷えたら渋皮と表面の固い鬼皮をはぎとる。
③②を鍋に入れ、重曹10gを入れ15~20分程茹で途中アクを取る。
④煮汁を捨て、水にさらし、軽く固い筋や厚い渋皮をこすり取りとる。
⑤再び鍋に入れ水・重曹10gを入れ茹でる。
⑥沸騰したらアクを取りながら15~20分茹で、煮汁を捨て、水に晒す。
⑦鍋に栗を入れ茹で、アクを取りながら10分ほど煮て水を捨てる。
⑧鍋に栗を入れ水と砂糖400gを入れ15~20分煮て、火を止めてブランデー10ccを加え、冷やし味をしみ込ませ出来上がり。

  *保存は出来るだけ空気が入らないようにしっかり蓋をする。
*栗の種類や熟し具合などが出来上がりが異なり、硬さ・甘さが変わる。

コメント   この記事についてブログを書く
« おばさんの料理教室レポート... | トップ | おばさんの料理教室レポート... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事