おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.3676 簡単カルボナーラ

2019年10月18日 | 日記

簡単カルボナーラ

 

 

カルボナーラとは「炭焼のパスタ」(炭焼職人風)といわれるパスタソースの1種で、チーズ、黒コショウ、塩漬けの豚肉鶏卵を用いる。

焼人 (Carbonara) が仕事の合間にパスタを作ったら、手に付いたの粉が落ちてこんな風になるのではないかという感じの黒コショウをからませたパスタが名前の由来。

元々はローマの料理で、パスタにはスパゲッティを使用したものが一般的で、これをスパゲッティ・アッラ・カルボナーラという。

① リーブオイルでベーコン・ハム(ソーセジ)・キクイモのスライス・玉ねぎを炒める。

② ①に牛乳約100mを入れ、溶けやすいようにちぎったチーズを入れる。

③ チーズが溶けてきたら、パスタを入れて黒がコショウで味を整える。

④ 器に盛り付け、生卵を天盛りして出来上り。

 

 

コメント