大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル:真凡プレジデント・40《なつきんちのテレビ》

2018-06-23 13:56:20 | 小説

真凡プレジデント・40

《なつきんちのテレビ》

 

 

 あれから放課後になるとなつきの部屋に通っている。

 

 早まって退学届など書かせないためなんだけど、いまはモチベーションの問題だ。

 一人で引きこもっていては、ろくなことを考えない。

 綾乃もみずきも一緒に行こうかと言うけど、大勢でいっては、当方の――気にかけているんだ――という自己満足とアリバイにはなるが、落ち込んでいるなつきには逆効果になる。

 もう、説教もしないし引きとめもしない。まったりと時間を過ごしているだけ。

 毎日通って、ただただまったり過ごすというのは、ちょっとした芸だと言っていい。肩の力を抜いて、お互い空気のようになるには、慣れた関係でなきゃできない。

 しかし、マッタリにも工夫がいる。

「なんだ、ゲームしかしてないのか」

 中古が安くなったのでモンハンを買ってきて、インストールしようとして気づいた。

「え、あ、だってゲーム機だし」

「ツ-ルバーを見なよ。いろんな機能が付いてるでしょ」

「……なんか、むつかしそうで、見たことない」

「テレビがおっきいいなだからさ、ユーチューブとか迫力だし…ANIMAXとかは、アニメ見放題なんだよ」

「なんか、欄外のCMくらいしか思ってなかった」

「ハハ、なつき、教科書とかも欄外読んだりしないもんね」

「バカにしないでよ、教科書そのものを読まないわよさ!」

「そーいうとこで自慢すんな……よし、ここをポチッとやれば、とりあえず一か月はタダで観られる。やってみそ」

「えーー、でも、クレジットとか」

「なつきのカードでいけるよ。課金は一か月後からだし、嫌になったらいつでも止められるし」

 

 そうやって、今日は『けいおん』を観ている。

 

 古いアニメで、最初のクールなんかは画面がアナログサイズなんだけど、このマッタリ感は薬になると思う。

「あ~~~~いいね~~~唯ちゃんの感じ~(^^♪」

 ダラダラ、グズグズが大好きで、勉強が苦手で、集中力が無くて、お茶してばっかりの唯とけいおんの有り方に、すぐに共鳴するなつき。ひとまずは作戦成功。

「こういう妹が欲しいなあ~」

 なつきは、唯のよくできた妹の優を羨ましがる。

「健二がいるじゃん」

「健二じゃねえ~、だいいち健二、男だし」

「いいやつだよ、健二」

「そっかな~」

 今回の事でも、健二はずいぶん心配してくれて、最初に知らせてくれたのも健二だ。だけど、そこから入ったらなつきを傷つけそうなので控える。

 

 階下のお好み焼きのお店がなんだかざわついている。

 

「また、ソースの瓶でもひっくり返したかなあ?」

 呑気なことを言っていると、なつきのお母さんが上がって来た。

「ね、ちょっと毎朝テレビにしてみてよ」

「ええ、いまアニメ見てんだけど」

「いいじゃん、いつでも続きから観れるし」

 リモコンでテレビに切り替えた。

「え……映らない」

 毎朝テレビのチャンネルは砂あらしの状態だ。これはアンテナが電波を受信できないときなどに起こる症状だ。

「にしては……受信不良のアラームとかは出てこないし」

 つまり、アンテナはきちんと受信しているんだけど、放送局から発せられる電波に中身がないということになる。

 フットワークの軽いお母さんは、商店街のお店の様子を見に行く。五分ほどして戻って来たお母さんは首をひねっている。

 どうやら、どこでも毎朝テレビは観られないことになっているようなのだ。

 

☆ 主な登場人物

 田中 真凡    ブスでも美人でもなく、人の印象に残らないことを密かに気にしている高校二年生

 田中 美樹    真凡の姉、東大卒で美人の誉れも高き女子アナだったが三月で退職、いまは家でゴロゴロ

 橘 なつき    中学以来の友だち、勉強は苦手だが真凡のことは大好き

 藤田先生     定年間近の生徒会顧問

 中谷先生     若い生徒会顧問

 柳沢 琢磨    天才・秀才・イケメン・スポーツ万能・ちょっとサイコパス

 北白川綾乃    真凡のクラスメート、とびきりの美人、なぜか琢磨とは犬猿の仲

 福島 みずき   真凡とならんで立候補で当選した副会長

 伊達 利宗    二の丸高校の生徒会長

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・ライトノ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小説」カテゴリの最新記事