大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・新 時かける少女・1〈その始まり〉

2018-02-19 06:39:34 | 時かける少女

新 かける少女・1
〈その始まり〉


「じゃ、また明日!」

「ハハ、明日は日曜だよ!」

 そう言って三叉路で別れたのが最後の記憶。

 それから、川沿いの道を歩いた。

 いつもとは違っていたような気がする。

 いつもは、もう一本向こうの道まで行って川を渡る。

 少し遠くなるけど、向こうの道が安全なんだ。お喋りも長くできるし。

 でも、その日は、なにか特別なことがあって、少しでも早く帰りたかった。

 川沿いをしばらく行くと、川の中で女の子が溺れているのが目に飛び込んできた。

 この寒さ、この流れの速さ、あたしが助けなければ、その子は確実に死んでいただろう。

 あたしは、パーカーの袖口、裾、首もとを絞った。短時間でも浮力を得るために。スカートは脱いだ。足にまといつくし、水を吸って重くなる。ハーパンを穿いているので恥ずかしくもない。
 川に飛び込むと、冷たいよりも痛かった。胸回りは、パーカーに溜まった空気で幾分暖かい。浮力もある。

「がんばって!」

 声を掛けると、弱々しいながら、その子は、あたしの方に顔を向けた。大丈夫、これなら助かる!
 そして、川の中程で女の子を掴まえ抱きかかえ、橋桁に掴まった。

「だれか、助けて下さい!」

 十回までは覚えている、次第に体温が奪われて意識がもうろうとしてくる。
 ああ、ダメかな……そう思って目を閉じかけると、川岸の人影が何か言いながら、スマホで……119番に電話してくれている様子。
 救急車の音がかすかにした……救急隊員の人が、女の子を確保したようだ……。

 で、気づいたら、ここにいた。

 真っ白い空間。床はないけどちゃんと立っていられる。寒くはなかった。体も無事なよう……。

 でも記憶がなかった。三叉路で曲がったところは鮮明に覚えている。でも、だれと別れたのか思い出せない。なんで、あの道を通ったのかも……なにか楽しいことが待っていたような……女の子が溺れていた。で、あたしは冬の川に飛び込んだ。女の子は助かったよう……でも、あたしは助かったんだろうか……実感がない。

 あたしは……自分の名前さえ思い出せなかった。

「余計なことをしてくれたな」

 目の前五メートルほどのところに男が現れた。周りの白に溶け込みそうな白い服で、カタチも定かではない。まるで白の中に首と手が出ているようなものだ。
「われわれは、積み木細工のように条件を組み合わせ、やっとあの子の命を取る寸前まできていたんだ。もう二度と、あの子には手が出せない」
「……悪魔なの、あなた?」
「なんとでも呼べばいい。それより下を見ろ」

 男が言うと、白い床が透き通って、はるか下にチューブだらけのあたしが機械に取り巻かれて眠っていた。

「あれ、あたし……」
「そうさ、ただ脳の大半は死んでいる。名前さえ思い出せないだろう……おれたちの仕事をダメにした報いだ。これからは時の狭間でさまようがいい!」
 恨みの籠もった声でそう言うと、男の姿は消えてしまった。床の下に見えていたあたしの姿は、どんどん遠くなり、グラリとしたかと思うと上下左右の感覚も無くなった。
 どこかへ上っていくような感じでもあるし、落ちていくような感じでもある。なにがなんだか分からない。

 ただ、どこかに連れて行かれるんだ。

「時の狭間……それって、なに? どこ? あたしは……」

 そして体の感覚が無くなり、意識も無くなった。無くなったことが全ての始まりだった……。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高校ライトノベル・ライトノ... | トップ | 高校ライトノベル・イスカ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

時かける少女」カテゴリの最新記事