大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・46』

2019-06-25 06:10:47 | はるか 真田山学院高校演劇部物語
はるか 真田山学院高校演劇部物語・46  

 

『第五章 ピノキオホールまで・7』

「あら、映画行ったんじゃないの?」

 皿洗いの手を止めて、お母さんが聞いた。

「映画だと着替えて行かなきゃなんないし。たまにはお客さんで来ようって。ね、由香」
「こんにちは、おじゃまします」
 わたしは映画をやめて、由香を誘って、志忠屋へ初めてお客としてやってきた。
「シチューは、もう切れてるけど日替わりやったらあるで。はい、おまち。本日のラストシチュー」

「ごめんなさいね、わたしがラストのオーダーしてしもたから」

 キャリアっぽい女の人が、すまなさそうに言った。

「いいえ、わたしたち日替わりでいいですから」
「はい」
「アフターで、アイスミルクティーお願いします」
「このオバチャンやったら気ぃ使わんでええから」
「気ぃも、オバチャンも使わんといてくれます」
 と、キャリアさん。
「紹介しとくわ、これがさっき噂してた文学賞のホンワカはるか」
「トモちゃんの娘さん? 作品読ませてもろてたとこよ」
 もう、お母さんたら。ただの佳作なんだよ、佳作ゥ!
「で、ポニーテールのかいらしい子が、友だちの由香ちゃん。黒門市場の魚屋さんの子ぉ」
「ども……」
 コクンと二人そろって頭を下げる。
 もっと、きちんと挨拶しなきゃいけないんだけど、このキャリアさんはオーラがあって気後れしてしまう。カウンターの中から「よろしく」って感じで、お母さんがキャリアさんに目配せ。
「この、オ……ネエサンは、大橋の教え子で叶豊子、さん」
「トコでええよ」
「大橋先生に習ってらっしゃったんですか?」
「うん、三年間クラブの顧問」
「昔から、あんなコンニャクだったんですか!?」

「コンニャク!?」

 それから、しばらく大橋先生をサカナにして、五人はしゃべりまくった。
 昔は怖い先生だったようだ。部活中に引退した男子部員とケンカして二十八人いた部員が、ケンカし終わったら三人に減ってしまい、やけくそで書いた作品が近畿の二位までいったこと。気合いの入っていない稽古ではスリッパを飛ばしていたこと。字は今よりもヘタクソだったこと……など。いずれも今の先生からは「ヘー!?」と「ナルホド」であった。

「先生のヤンキースのスタジャンは?」
「あれ、なかなかシブイですよね」
 お母さんが合いの手。
「あいつは、野球がキライやねん」
「ええ!?」
 と、トコさんを除いた女三人
「阪神が優勝したときにね、この店でみんなで盛り上がって、先生一人ハミゴになってしもて」
トコさんがクスクス笑いながら言った。
「ハミゴってなんですか?」
「ハミダシッ子いう意味」
 トコさんが、自ら翻訳してくれた。
「で、次来たときにはあれ着とった。シニカルなやっちゃ」
「ヤンキースファンなんて、まずいないでしょうからね」
 と、お母さん。しばらく、大橋先生の棚卸しは、終わらなかった。
 トコさんは、話しているうちに高校生みたくなってきて、というか、わたしたちが慣れちゃって、ちょっと上の先輩と話しているような気になって、アドレスの交換までしちゃった。
「うちの店で、買うてもろたら、サービスさせてもらいますよ」
 由香は、ちゃっかりお店の宣伝。店の写メまで見せてる。

「わ、大きなお店!」

「……の、隣です」
「ハハ、今度寄らせてもらうわ」
「まいど!」
「はるかちゃん、台本見せてくれる」
「はい、これです」
「わあ、ワープロや! 昔は先生の手書きやった」
「そら、読みにくかったやろ」
 タキさんが、チャチャを入れる。
「慣れたら、味のある字ぃですよ。わ、香盤表と付け帳は昔のまんま」
「大橋、エクセルよう使わんもんなあ」
 後ろで、お母さんが笑ってる(お母さんもできないもんね)
「あ、はるかちゃんの、カオル役はお下げ髪やねんね」
「はい。それが?」
「先生、お下げにしとくように言わへんかった?」
「いいえ」
「昔、メガネかける役やったんやけど、一月前から度なしのメガネかけさせられたよ。役はカタチから入っていかなあかん言われて」
「そうや、はるか、お下げにしよ!」
 由香が調子づいた。
「うん、やってみよう。お下げなんて、小学校入学以来だもん!」
 お母さんまで、はしゃぎだした。
 あーあ、わたしはリカちゃん人形かよ……。
「はい、できあがり」

 と、お下げができたとき、トコさんのケータイが鳴った。

「……はい、分かりました。木村さんですね。すぐ行きます。ううん、ええんですよ。こういう仕事やねんから。ほんなら、また。あたし木曜日が公休で、月に二回ぐらい、ここにきてるさかい、また会いましょね」

 トコさんはキャリアの顔に戻って店を出て行った。

コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・せやさか... | トップ | 高校ライトノベル・時かける... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事