大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・アンドロイド アン・18『ちかごろのアン』

2018-09-16 14:34:38 | ノベル

アンドロイド アン・18

『ちかごろのアン』

 

 

 ちかごろアンの様子が変だ

 

 P音事件はアンを弄ろうとした早乙女采女たちが最終的には赤っ恥をかいた事件で、日ごろ采女たちを快く思っていない者たちは溜飲が下がった。

 アンは数ある被害者の一人として、いわば脇役の位置だが、俺はアンの仕業だと思っている。

 学校に置き勉を認めさせたのは、親友の赤沢や俺たち生徒有志の願いが通じたということになっているが、ヒントをくれて方向付けをしたのはアンだ。

 先日の台風では、カーポートで顔の右半分を血まみれにするというアクシデント。それを目にした町田夫人が卒倒してしまったが、ほんの数十秒で顔を直し、庭の八つ手の葉っぱが貼りついて町田夫人が見誤ったということに修正した。

 

 どうにもアンの狙いが分からない。いや、アンのスペックそのものもよく分からない。

 もっと突き詰めれば、なんで俺の家にやって来たか、そもそものところで分かってないんだけど、聞いても答えない、いや、アン自身もよく分かってないんだろう。

「ちょっと、なにわたしのお尻ばっか見てるのよ」

 掃除機のスイッチを止めたかと思うと、振り返って吸い取り口を向けてきやがった。

「そ、そんな、見てねーし」

「わたしの視覚器官は目だけじゃないのよ、どこにあるかは言えないけど、新一の安全を図るために日夜センサーを働かせてるの。あ、見たことを咎めてんじゃないわよ。見たけりゃいくらでも見せてあげるけど、昼間のリビングというのはねえ……ここ、町田夫人の二階の窓から丸見えだし。夜まで待ってくれたら、ベッドの上でいくらでも……」

「バ、バカ、なに言ってんだ」

「ハハハ、照れた新一カッワイイ~!」

「お、俺はだな~!」

「分かってる、わたしのこと心配してくれてたのよね……これはセンサーじゃなくて、その……以心伝心的な、ほら、言うじゃん『忍ぶれど色に出にけり……』だっけ?」

「ちょっと違うと思う」

「ま、だけど、ザックリそういうことだから。あ、いっけな~い、もう、こんな時間!」

「なんかあんのかよ」

「あした敬老の日でしょ、町田夫人に頼まれてるのよ、福寿会のお手伝い……なに、ボサっとしてんのよ、新一も手伝いにいくんだから!」

「え、俺もか?」

 急き立てられるようにして福寿会の過剰であるコミュニテイーセンターに向かう。

 

 この準備で、アンはお皿二枚を割って、花屋の注文書の3と書くところを8と間違えてハラハラさせてくれる。

 目が離せないが、ご町内の明るい働き手というポジションを獲得しつつある。

「いやー、すいませんドジばっかで💦」

「失敗したときが一番かわいいから、始末が悪いわねえ(^_^;)」

 冷や汗をかきながらも、町田夫人はアンといっしょにやることを楽しんでくれているようだ。

 ま、しばらくは見守ることにしようか。

 

☆主な登場人物 

 新一    一人暮らしの高校二年生だったが、アンドロイドのアンがやってきてイレギュラーな生活が始まった

 アン    新一の祖父新之助のところからやってきたアンドロイド、二百年未来からやってきたらしいが詳細は不明

 町田夫人  町内の放送局と異名を持つおばさん

 町田老人  町会長 息子の嫁が町田夫人

 玲奈    アンと同じ三組の女生徒

 小金沢灯里 新一憧れの女生徒

 赤沢    新一の遅刻仲間

 早乙女采女 学校一の美少女

 

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・栞のセン... | トップ | 高校ライトノベル・オメガと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノベル」カテゴリの最新記事