大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・まどか乃木坂学院高校演劇部物語・9『もの動かす時は声かける!」』

2018-11-11 07:10:23 | はるか 真田山学院高校演劇部物語

まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・9   




『もの動かす時は声かける!』

 結局、「日付、時間、芝居のタイトル、フェリペの場所」だけをメールで、ヤツに打った。

 ドーン! と、晴れ渡った秋空に花火は上がらなかったけど、城中地区の予選が始まった。

 全てが順調だった、その時までは……。
 私たちの乃木坂学院は、偶然だけど抽選で出番は二日目の大ラスになっていた。部長の峯岸先輩は、初日から全ての芝居を観ていた。峯岸先輩は三年がみんな引退した中ただ一人、現場に残ってくれた。特別推薦で進学が確定していたからでもあるけど、次期部長に決まっている舞台監督の山埼先輩に、部長としての有りようを示すためだと、わたしは思っている。
 前日の朝、乃木坂の講堂で最後のリハをやった。午後は実行委員の仕事として割り当てられていた舞台係(搬入、搬出、仕込み、バラシの手伝い)と、受付をやった。潤香先輩は、カワユク受付……と、思いきや、がち袋を腰に、ペットボトルを太ももにガムテープで留め(バラシのときに出る釘や、木っ端なんか、要するに舞台上に残った危ない小物を拾うため)長い髪をヒッツメにして働いていた。初日最後のK高校のバラシの最中、K高校のスタッフが声をかけないで、三六(サブロク)の平台を片づけようとして、二人で担架のように担いでいた。落ちた木っ端を拾っていた先輩がちょうど立ち上がり、その平台の横面に頭をしたたかに打ちつけた。

「アイテー! だめでしょ、もの動かす時は声かける!」

「すみません」
 先輩は、インカムを外して、痛む頭をなでてみた。
「でかいタンコブができちゃった……気をつけてよね!」
 他校の生徒でも、エラーには手厳しい。K高校のスタッフは、二人揃って頭を下げ、そのあと上目づかいにこう聞いた。
「すみません……あのう、乃木坂の芹沢……潤香さんですか?」
「え、ええ、そうだけど……」
「ウ、ウワー! ホンモノだ!」
 ポニーテールが叫んだ。
「わたしたち、去年の『レジスト』観て感動したんです!」
 カチューシャも叫んだ。
「あ、それは、ドモ……」
 潤香先輩は戸惑った。
 K高の二人のテンションは高く、ミニ握手会。で、写メを撮って、メルアドの交換までやった……ところで、マリ先生の声が飛んできた。
「そこ、なに遊んでんの!?」

 そのときは、それで済んだ……。

 二日目は、本番二時間前に楽屋になっている教室に集合することになっていた。たいていの部員は朝からやってきて、他の学校の芝居を「客席を少しでもにぎやかに(実際、力のない学校は、自分の部員の数ほども観客動員ができない)するため」ということで睥睨(へいげい=偉そうに見下す)するように観劇していた。さすがに峯岸先輩は、冷静に化学実験を見るように、時々ペンライトで、ノートにメモをとっていた。昼の部が始まる前にはみんな会場や楽屋に集まっていた。
「潤香が、まだ来てません」
 山埼先輩がマリ先生にそっと耳打ちした。
「潤香が……?」
「サリゲにメールしてみます」
 山埼先輩の応えに、先生は軽くうなずいた。

 昼一番の芝居が終わると、部員全員、楽屋に招集された。予定よりも二時間も早い。
 楽屋にいくと、マリ先生が腕組みをして背中を向け、窓から見える四角い空を見上げている。峯岸先輩と、山埼先輩が付き従うように立っている。
「先生、なにが……」
「全員が揃ってから……」
 山埼先輩がつぶやいた。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・ここは世... | トップ | 高校ライトノベル・かの世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事