大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・🍑・MOMOTO・🍑デブだって彼女が欲しい!・7『百戸くんだけ』

2019-01-13 06:49:45 | ノベル2

🍑・MOMOTO・🍑デブだって彼女が欲しい!・7
『百戸くんだけ』



「昨日は、どうもありがとう」

 ここまではよかった。


「目の前で倒れた人間放っておけないよ、当然のことだから、礼なんていいよ」
 オレは、笑顔で返した。デブは、こういう時、貫禄があって格好がつく。
「でも、この次こんなことがあったら、放っといて。一緒に走ってる女子もいるから、百戸くんに救けてもらわなくても……ね」

 そう言うと、三好は教室に入って行った。明らかに後の言葉にアクセントがある。
 教室に入ると、三好は女子の輪の中に入って、キャピキャピと笑っている。

「お礼言うことなんか……」
「ちがうよ……」
「ハハハ、なるほど……」
「デブって……キモ……」

 どうやらオレの事を笑っている。昨日の持久走で三好を救けたことが裏目に出ているようだ。
 ま、仕方ない。オレも、持久走抜けられてラッキーと思っていたんだからな。
 デブになって後悔していないと言えば嘘になるけど、落ち込むほどじゃない。落ち込んでデブ鬱なんかになると、格好の弄りの対象になる。でも、弄られないために明るくふるまっているわけじゃない。どうも根っからの性格のようだ。
 ただ、桜子に見放されてしまったことは堪える。

――100キロ以下になれ、友だちぐらいには戻ってやる――

 桜子は、そう言ってくれているけど、100キロを切るのは至難の業だ。それに、100を切っても、ただの友だち、もとのカレとカノジョの関係に戻れるわけじゃない。

 A定食ライス大盛りを平らげたところで、お昼の放送が始まった。
――みなさん今日は。ビタースマイルの時間です――
「お、桜子復活してる!」
 八瀬が、最後まで残していた唐揚げをつまみながら驚いている。
「桜子……」
 桜子とはクラスが違う。気にはなっているので、登校した時、桜子のクラスの前を通る。今朝も桜子は席に居なかった。だから欠席だと思っていた。桜子は遅刻で登校してきたんだろう。
 親父さんとのことは解決したんだろうか……プロ級と言っていい桜子のアナウンスからは、気持ちまでは分からない。オレは食器を載せたトレーを持ったままシートに座りなおした。
――お昼の陽だまりに、少し早い春を感じますね。三年生のみなさんは今日でテストも終わりました。一二年のわたしたちも三週間後には学年末テストです。二学期の期末テストからは、そんなにたっていませんが、クリスマスやお正月を挟んでいるので、頭も体も、どこかバケーションモードから抜けていないかもしれません。体に着いた贅肉は直ぐに分かりますが、心に着いた贅肉には気が付かないものですね。え、体の方も気が付かない? そうかもしれませんね。そこのあなた、冬太りにはくれぐれもご用心を、三桁の体重は赤信号! では、今週の曲です……――
「おい、百戸、デザートのラーメンは?」八瀬がラーメン乗っけたトレーを持って聞いてきた。
「え、あ……今日は止めとくわ」

 保健室の春奈先生にも言われている。我が国富高校で三桁の体重は「百戸くんだけ」なのだ。


🍑・主な登場人物

  百戸  桃斗……体重110キロの高校生

  百戸  佐江……桃斗の母、桃斗を連れて十六年前に信二と再婚

  百戸  信二……桃斗の父、母とは再婚なので、桃斗と血の繋がりは無い

  百戸  桃 ……信二と佐江の間に生まれた、桃斗の妹 去年の春に死んでいる

  百戸  信子……桃斗の祖母 信二の母

  八瀬  竜馬……桃斗の親友

  外村  桜子……桃斗の元カノ 桃斗が90キロを超えた時に絶交を言い渡した

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・ここは世... | トップ | 高校ライトノベル・乃木坂学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ノベル2」カテゴリの最新記事