大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・36『ジャンケン必勝法』

2018-12-08 07:27:31 | はるか 真田山学院高校演劇部物語

まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・36   





『ジャンケン必勝法』


 愛おしさがマックスになってきた……。

 まどか……

 忠クンの手が、わたしの肩に伸びてきた……引き寄せられるわたし……去年のクチビルの感覚が蘇ってくる……観覧車のときのようにドギマギはしない。ごく自然な感覚……これなんだ!

「ね、なんで、ここ『アリスの広場』って言うか知ってる?」

 薮先生のおまじないが口をついて出てきた。
「……え、なんで……」
「アリスの『ア』は荒川のア。『リ』はリバーサイドのリ。『ス』はステージのス。ね、ダジャレ。笑っちゃうけど、ほんとの話なんだよ」
「へえ、そうなんだ!」
 二段下の観客席でクソガキ三人が感心して声を上げた。
「どうよ、勉強になったでしょう?」
 怖い顔でにらみつけてやる。
「は、はい……」
 クソガキ三人が頭をペコリと下げて、川べりに駆けていった。

「まどか……」

 忠クンが夢から覚めたようにつぶやいた。マックスな想いは、表面張力ギリギリのところで溢れずにすんだ。
 出場を間違えて舞台に立った役者みたく突っ立て居る忠クン……これじゃあんまり。
「これ……」
 わたしは、ポシェットから花柄の紙の小袋に入れたそれを渡した。
 忠クンは、スパイが秘密の情報の入ったUSBを取り出すように。それを出した。
「これは……」
「リハの日にフェリペの切り通しで見つけたの」
 わたしは、台本の間で押し花になったコスモスを兄貴に頼んで、アクリルの板の間に封印してもらった。以前、香里さんとのカワユイ写真をそうやって永久保存版にしていたのを見ていたから。兄貴はニヤッと方頬で笑ってやってくれた。
「オレも、持ってるんだ」
 忠クンは、定期入れから同じようにアクリルに封印したコスモスを出した。
「友だちに頼んでやってもらった。理由聞かれてごまかすのに苦労した」
「これ……あのときの?」
「うん。花言葉だって調べたんだぜ」
「え……?」
――よしてよ、また雰囲気になっちゃうじゃない。
「赤いコスモスだから……調和。友だちでいようって意味だったんだよな」
――違うって、わたしそこまで詳しく知らないよ、コスモスの花言葉。
「今度のは白だな。また、帰って調べるよ」
「う、うん。そうして」
――白のコスモスって……わたしも帰って調べよう(汗)

 川面を水上バスがゆっくり通っていく。西の空には冬の訪れを予感させる重そうな雲。でも、わたしの冬は熱くなりそうな予感……。

「オレも、まどかにささやかなプレゼント」
「なに……」
 すこしトキメイタ。
「大久保家伝来のジャンケン必勝法!」
「アハハ……!」
 思わずズッコケ笑いになっちゃった。
「一子相伝の秘方なんだぜ。ご先祖の大久保彦左衛門が戦の最中に退屈しのぎに仲間と『あっち向いてホイ』をやって全勝。家康公からご褒美までもらったって秘伝の技なんだぞ」
「そりゃ、たいへんなシロモノね」
「いいか、ジャンケンてのは、『最初はグー!』で始まるだろ」
「うん」
「そこで秘伝の技!」
「はい!」
「次には、必ずチョキを出す……」
 忠クンは胸を張った。
「……そいで?」
「……それだけ」
 わたしは本格的にズッコケた。
「これはな、人間の心理を利用してんだよ。いいか、最初にグーを出すと、次は人間自然に違うものを出すんだよ。違うものって言うと?」
「チョキかパー」
「で、そこでパーを出すとアイコになるかチョキを出されて負けになる……だろ?」
「……だよね」
「ところが、チョキを出すと、アイコか勝つしかないんだ」
「なるほど……さすが大久保彦左衛門!」
「でも、人には喋るなよ!」
「大久保家の秘伝だもんね……でも、これを教えてくれたってことは……」
「あ、そんな深い意味ないから。まどかだからさ、つい……アハハハ」
「アハハハ、だよね」
 笑ってごまかす二人の影は、たそがれの夕陽に長く伸びていった。

 そいで……このジャンケン必勝法は、始まりかけた熱い冬の決戦兵器になるんだ。

ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
« 高校ライトノベル・ここは世... | トップ | 高校ライトノベル・かの世界... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるか 真田山学院高校演劇部物語」カテゴリの最新記事