大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・高校演劇事始め『また逢う日まで・1』

2018-09-11 22:26:41 | ライトノベルベスト

高校演劇事始め『また逢う日まで・1』

 こう暑いと、屁も出えへんわ……    「鐘撞堂」の画像検索結果

 ツルハシを持ち上げた手を下ろし、まるで、そのバランスをとるために上げたような尻を、お天道様に向けて、勇夫はつぶやいた。

「屁も出んようじゃ、B29も墜とされへんわな」
 ゲンヤンが、首の汗をぬぐいながら賛同し、シャベルを、盛り土につきさした。
「シャベル放り出して、しゃべる奴があるか!」
 頭の上から、下手な洒落がが降ってきた。
 
 鐘突き堂……といっても、鐘そのものは春に金属供出させられて、鐘無しのしまりのないそこから、代用教員であり、この寺の住職でもある長田先生が作業を監督している。

「センセ、シャベルっちゅうのは敵性言語ですよ」
 土運びの動員にきていた、女学校一年の麻里子が言った。
「そやから、洒落で、叩きのめしたやないか」
「アハハ……」
 防空壕掘りにかり出された、二十人の生徒たちが一斉に笑い出した。
 今で言うオヤジギャグにでも笑っていなければ、腰くだけになってしまいそうに八方ふさがりで、栄養失調な中学一年生や女学生たちであった。

「昼にはラジオで重大放送があるさかいに、それまでにアラアラにでも掘りあげなあかんで」

 長田先生は、南の空を見上げた。

「今日は、グラマンも来いしませんね……」
 クラスで一番目が良く、予科練志望の駿夫が先生の気持ちを代弁した。
「……なにか重大な攻撃の前触れやろか」
「さあ、ボサッとしてんと掘らんか!」
 長田先生は、見透かされた不安を打ち払うように檄を飛ばした。生徒達も、山に松根油を掘りに行かされた班よりもマシと精を出した。

 昼前に村人達が、寺の本堂に集まって、ラジオの前でかしこまり始めた。生徒たちは入りきれないので、本堂の縁側で正座した。
 
 重大放送が流れたあとは、ひとしきりの蝉時雨しか聞こえなかった。

「……日本は負けてしもた」

 長田先生が虚脱したようにつぶやいた。

 勇夫たちは、鐘突き堂の防空壕に目をやった。

 その穴だけの防空壕は、そのまま勇夫たちの心に開いた、まさに穴であった。「ポッカリ」という言葉が頭に浮かんだ。
 敗戦の衝撃よりも、湧きだしてきた徒労感をもてあました……。


  つづく

コメント

高校ライトノベル・かの世界の片隅へ:19『みっちゃん飛んで!』

2018-09-11 14:48:44 | 小説5

かの世界の片隅へ:19     

『みっちゃん飛んで!』  

 

 

 あ………

 

 そう言ったきり志村先輩は息をのんだ。

 ロンゲのお姫様カットで眉が隠れているのでとことんの表情は読めない。

 志村先輩は表情の核心を眉に表す人なんだ。

 眉を見せてください……とも言えずに中臣先輩を見る。キリリとしたポーカーフェイスで、さっきまでの陽気さが無い。

 消極的だけど、次の任務が大変なことを物語っている。

 

 モニターには、どこにでもある一軒家が映っている。

 

 二階建てで、カーポートと十坪ほどの庭が付いている。

 ラノベの主人公が住んでいそうな中産階級の見本のような家。今にもトーストを咥えた女子高生が飛び出してきそうな雰囲気だ。そして、最初の角を曲がったところで男の子とぶつかって――なんて失礼な奴!――お互いに思っう。そして学校に着いたら、そいつが転校生でビックリして、そこからお話が始まるとか……。

「ミッチャンの思った通りよ、しばらくしたら誰かが飛び出してきて、角を曲がったところでミッチャンがぶつかるの」

「そんなラブコメみたいな任務なんですか?」

「ラブコメではないと思う。でも、そういうフラグが立っているのは分かる」

「そう、フラグなのよ……」

 志村先輩がマウスを操作すると、カメラが引きになりながら上昇……通り二つ向こうに学校が見えてくる。

「この学校が舞台なんですか?」

「これは小学校……見て、屋上の……」

「あ」

 それは、前の任務でも見た『白の丸』だ。

「この『白の丸』を『日の丸』に戻さなきゃクリアにはならないと思う」

「でも、それは、このステージの任務ではないと思うのよ」

「チュートリアルに毛の生えたような任務だと思う。白の丸に関わるのは、まだ先」

「初期設定は……HP50 MP50」

「時間が迫ってる。時子、ダブルクリックして」

「うん」

 中臣先輩がカチカチとクリックすると、ドアからトースト咥えて飛び出してきたショートヘアーの女の子……外股だ……え、女装男子!?

「時間よ、みっちゃん飛んで!」

「は、はい!」

 一瞬でホワイトアウトして、再び次元の狭間に投げ出されるわたしだった…… 

 

☆ 主な登場人物

  寺井光子  二年生

  二宮冴子  二年生、不幸な事故で光子に殺される

  中臣美空  三年生、セミロングで『かの世部』部長

  志村時子  三年生、ポニテの『かの世部』副部長 

コメント

高校ライトノベル・連載戯曲『月にほえる千年少女かぐや(改訂版)・4』

2018-09-11 06:39:01 | 戯曲

月にほえる千年少女かぐや(改訂版)・4


時   ある日ある時
所   あるところ
人物……女3  

    赤ずきん
    マッチ売りの少女
    かぐや姫

 

 

下手から、コンビニの袋を持ってかぐやがやってくる。

 

かぐや: あら、わたしに御用?
赤ずきん: あら。
マッチ: かぐやさん。
かぐや: マッチ売りの少女さん……と、こちらは……郵便ポストさん?
赤ずきん: あのね……
かぐや: あ、サンタさんのお嬢さん。お父さんのお手伝い?
赤ずきん: そのね……
かぐや: 知ってるわ、赤ずきんちゃんさんでしょ? 生徒会長さんですよね。どうぞ中へ。きたなくしてるけど、お茶でもいれましょう。
マッチ: わたしたちね、呼び方かえたの。赤ずきんちゃんとか、マッチ売りの少女とか、長くて呼びにくいから。わたしはマッチで……
かぐや: まあ、かっこいい。赤ずきんちゃんさんは?
赤ずきん: それがね……
マッチ: 赤ちゃん!
かぐや: まあ、かわいい! じゃ、わたしもそう呼ばせてもらっていい、赤ちゃんさんて。
赤ずきん: さん抜きでいいよ。
かぐや: そんな不しつけな。わたしは「さん」をつけさせていただきます。いいでしょ?
赤ずきん: うん、そりゃあいいけど……
マッチ: こないだも来たのよ、金八郎先生といっしょに。
かぐや: まあ、そう。それでね……このお家が急にお散歩に出かけてしまったのは……
マッチ: ああ、やっぱりお散歩だ。
かぐや: はい。このお家、すききらいがはげしいんですぅ。
赤ずきん: 金八郎きらいなの、この家?
かぐや: にがてなんですの。熱心でいいお方なんですけど……むき出しでいらっしゃいますでしょ、いつもエンジン全開で……
赤ずきん: あたしも元気な方だけど、それでも持てあましちゃうもんね。
かぐや: どうぞ……(お茶を出す)あの先生悪いかたじゃございませんのよ、ご兄弟もいい方ですし。
マッチ: 兄弟いたの?
かぐや: はい、お兄さんたちとは古いおつきあいよ。
赤ずきん: お兄さん?
かぐや: 金太郎さん。動物好きの、マッチョだけれどもおだやかなお方。その下が金二郎さん。いつも柴を背負って、お勉強ばかり。その下は早くに亡くなられたけど。四番目が金四郎さん。桜ふぶきで入れ墨がとってもおにあいのナイスガイ。以下省略。
赤ずきん: どうして、あの先生この世界にいるんだろう?
マッチ: あ、さっきのわたしの質問!?
かぐや: それは……あの先生のおつむりの回路がメルヘンみたいだから……でも本当のメルヘンて……よしましょう、こんなヤボな話は。

コメント

高校ライトノベル・妹が憎たらしいのには訳がある・16『グノーシス・片鱗』

2018-09-11 06:23:22 | ボクの妹

妹が憎たらしいのには訳がある・16

『グノーシス・片鱗』    


 大きな破片が目の前に迫ってきた。

 あんなものを、まともに食らったら死んじまう!
 思わず目をつぶる……直後に来るはずの衝撃やら痛さが来ない。
 薄目を開けると、破片が目の前二十センチほどのところで止まっていた。
 ショックのあまり、体を動かせず目だけを動かす。

 ……時間が止まっていた。

 様々な破片が空中で静止し、逃げかけの生徒が、そのままの姿でフリ-ズしている。
 加藤先輩は、一年の真希という子の襟首を掴んで、中庭の石碑の陰に隠れようとしている。ドラムの謙三は、意外な早さで、向こうの校舎の柱に半身を隠す寸前。祐介は、途中で転んだ優奈を庇って、覆い被さり、その背中に、飛行機の折れたプロペラが、巨大なナイフのように突き立つ寸前。まるで『ダイハード』の映画のポスターを3Dで見ているようだった。

 目の前の破片が、ゆっくりと横に移動した……破片は、黒い手袋に持たれ、ボクの三十センチほど横で静止した。当然手だけが空中にあるわけではなく、手の先には腕と、当然なごとく体が付いていた。

 黒いジャケットと手袋という以外は、普通のオジサンだ。なんとなくジョニーデップに似ている。
「すまん、迷惑をかけたな」
 ジョニーデップが口をきいた。
「こ……これは?」
「まず、自己紹介をさせてくれ。ボクはハンスという。ややこしい説明は、いずれさせてもらうことになるが、とりあえず、お詫びするよ」
「これ……あんたが、やったのか!?」
「いや、直接やったのはぼくじゃない。ただ仲間がやったことなんで、お詫びするんだよ。もう正体は分かってるぞ。ビシリ三姉妹!」

「……だって」
「……やっぱ」
「……ハンス」

 柱の陰から、三人の女生徒が現れた。さっき俺がお尻に目を奪われ、優奈にポコンとされた三人だ。
「まだ評議会の結論も出ていないんだ。フライングはしないでもらいたいね」
「まどろっこしいのよ、危険なものは芽のうちに摘んでしまわなくっちゃ!」
 真ん中のカチューシャが叫んだ。
「あの、勇ましいのがミー、右がミル、左がミデット。三人合わせてビシリ三姉妹」
「美尻……?」
「ハハ、いいところに目を付けたね。あの三姉妹は変装の名人だが、こだわりがあって、プロポーションはいつもいっしょだ。スーパー温泉、電車の中、そしてこの女子高生。みんな、この三人組だよ」
「おまえらがやったのか、こんなことを!?」
「まあ、熱くならないでくれるかい。あと四十分ほどは時間は止まったままだ。その間にキミにやったように、ここの全員の危険を取り除く。太一クン、キミはその間に、妹のメンテナンスをしよう。今度はレベル8のダメージだろう。ほとんど自分で体を動かすこともできない。保健室が空いている。ほら、これで」
 ハンスは、小さなジュラルミンのトランクのようなものをくれた。
「要領は知っているな、急げ。ここは、わたしとビシリ三姉妹で片づける。さあ、ビシリ、おまえらのフライングだ。始末をつけてもらおうか!!」
「「「はい!」」」
 美尻……いや、ビシリ三姉妹がビクッとした。

「メンテナンス」

 そう耳元でささやくと、幸子の目から光がなくなった。だけどハンスが言ったようにダメージがひどく、幸子は自分で体が動かせない。しかたなく、持ち上げた。思いの外重い。思うように持ち上がらない。
「幸子の体重が重いんじゃない。死体同然だから、重心をあずけられないんだ。こうすればいい……」
 ハンスは、幸子を背負わせてくれた。
「せっかくなら、運んでくれれば」
「血縁者以外の者が触れると、それだけでダメージになるんだ。すまんが自分でやってくれ」

 保健室のベッドに寝かせ、それからが困った。前のように、幸子は、自分で服を脱ぐことができない……。

「ごめん、幸子」
 そう言ってから幸子を裸にした。背中の傷がひどく、肉が裂けて金属の肋骨や背骨が露出していた。
「こんなの直せんのかよ……」
 ボクは、習ったとおり、ボンベのガスをスプレーしてやった。すると筋肉組織が動き出し、少しずつ傷口が閉じ始めた。脇の下が赤くなっていた。さっきハンスが背負わせてくれたとき触れた部分だ。そこを含め全身にスプレーした。やっぱ、他人が触れてはいけないのは事実のようだ。
「ウォッシング インサイド」
 幸子の体の中で、液体の環流音はしたが、足が開かない。すごく抵抗(俺の心の!)はあったが、膝を立てさせ、足を開いてやり、ドレーンを入れてやった。
「ディスチャージ」
 幸子の体からは、真っ黒になった洗浄液が出てきた。
「オーバー」

 幸子の目に光が戻ってきた。

「早く服を着ろよ」
「ダメージ大きいから、まだ五分は体……動かせない」
 仕方がないので、下着だけはつけさせたが、やはり抵抗がある。
「……オレ、保健室の前で待ってるから」

 五分すると、ゴソゴソ音がして、幸子が出てきた。なぜか、ボロボロになった制服はきれいになっていた。
「服は、自分で直した。中庭にもどろ」
 憎たらしい笑顔……どうも、これには慣れない。

「あなたたち、グノーシスね」

 中庭での作業を終えたハンスとビシリ三姉妹に、幸子が声をかけた。
「オレたちの記憶は消去してあるはずだが」
「わたし、メタモロフォースし始めている。グノーシスのことも思い出しつつある」
「悪い兆候ね……」
 ビシリのミーが言った。
「どうメタモロフォースしていくかだ。結論は評議会が出す。くれぐれも勝手なことはしないでくれよビシリ三姉妹」
「評議会が、ちゃんと機能してくれればね」
「とりあえず、俺たちはフケルよ。二人は、あそこに居な」
 ハンスは、視聴覚教室の窓の真下を指した。
「あんな、危ないとこに?」
「行こう、あそこが安全なのは確かだから」
 幸子が言うので、その通りにした。
「もっと、体を丸めて。この真上を破片が飛んでくるから」
 幸子に頭を押さえつけられた。その勢いが強いので、尻餅をついた。
「じゃ、三秒で、時間が動く。じゃあな」
 そういうと、ハンスとビシリ三姉妹が消え、三秒後……。

 グワッシャーン!!!!!!!

 バグっていたアクション映画が、急に再生に戻ったような衝撃がやってきた……。
 


コメント

高校ライトノベル・《紛らいもののセラ・12》セラのビフォーアフター

2018-09-11 06:09:38 | ノベル2

《紛らいもののセラ・12》
セラのビフォーアフター



 マスコミが騒ぎはじめた。

「セラのビフォーアフター」のタイトルで週刊誌が取り上げ、放送局や学校の下校中にレポーターに狙われることもあった。
 某局の昼のバラエティーでも特集のコーナーで取り上げられ、レポーターや評論家が適当に面白おかしく言っている。

「解離性同一性障害……の可能性がありますね」

 どこから手に入れたのか、事故前のセラの写真や動画、さらには関係者と思われる匿名で顔ボカシ音声変換をかけたコメントまで出てきた。
「解離性同一性障害って、セラセラは男だったんですか!?」
 性同一性障害と勘違いして、ゲストがボケて笑いを誘う。音響効果で笑い声まで増幅させている。
「違います。自分のことが自分のことと思えない症状で、昔は多重人格と言われたものです」
 精神科の医師が真面目に答えた。
「ということは、事故をきっかけにセラセラの隠れてた人格が出てきたってことですか?」
 もう一人のゲストが聞く。ちなみに、セラの呼び方はセラセラになってきた。本名が世良セラなのだから、そのままといえばそのままだけど、扱いとしては準アイドル的な表現で、佐藤良子や遺族の人たちには申し訳ない気持ちのセラだった。
「セラセラは、ご両親が再婚で、実のお父さんはアメリカの方。これが昔のセラセラなんだけど、写真も動画も、今みたいに明るいですね」
 MCが、セラ自身でももう持っていない昔の写真や動画を出してきた。母親の再婚が決まったときに、セラなりに過去を清算しようと思って処分したものだ。どこで手に入れたのかネット社会というか情報社会の恐ろしさを感じた。

 メディアは興味本位ではあったが、セラの変貌ぶりを好意的に取り上げてくれた。

 しかし、微妙に世良家の日々には影響した。

 毎日、メディアが家や通学路で待ち構えている。
「わたし自身困惑してます『春が怖くて』という曲は、そもそもアイドルとかアーティストなんてつもりで歌ったんじゃないんです。あくまで、あのバス事故の慰霊の延長線上にあることなんで、あんまり、こういう扱いはしないでいただきたいんです。お願いします」
 セラは、聞かれるたびに、そう答えた。正直な気持ちだし、崩せない姿勢だと思った。

 父の龍太が責任者として建造していた26DDHが、正式に航空母艦であると発表された。艦名も一言でそれと分かる「あかぎ」とされた。

 政府が、周辺諸国へのプラスマイナスの影響を考えて、造船所に、そう指示してきた。三つの国が猛反発し、他のアジア諸国は好意的だった。某国の理不尽な進出に憂慮していたアメリカも賛同。遅れて建造の始まった27DDHも空母であると発表された。
「これで、俺も奥歯に物が挟まったような説明をせずに済む」
 久々に帰宅した父は、にこやかに、そう言った。セラには間接的に今のセラでいいと言われたような気がして、気持ちが楽になった。

 そんな早春の朝、マネージャー兼プロディユーサーの春美から電話があった。

「大木さん(『春が怖くて』の作曲者)が、今のセラのために新曲を作ってくださったの。事務所に来て、一度見てくれないかな」
「わたしは……」
「あ、セラちゃん。ぼく大木、このごろの君を見てて湧いてきた曲なんだ。ぜひ君に歌って欲しい」
「わたしは……」
「もう君の学校の近くまで来てる。目立たないよう駅の西の道で待ってる。よろしくね」
 大木は、ときめいていた。それが切ったばかりのスマホに余熱のように残っていた。

 どうしよう……セラの正直な気持ちだった。

コメント

高校ライトノベル・オメガとシグマ・27『連休明けとはいえシグマはくたびれすぎている』

2018-09-11 06:03:15 | 小説3

オメガシグマ・27
『連休明けとはいえシグマはくたびれすぎている』



 松ネエがオイデオイデをしている。

 宿題を2/3やったところでダレてきたので誘いに乗る。
 座ったままカウンター席の椅子を回すと二歩で四人掛け席に着く。
「あ、そーだ」
 呼んでおきながら、松ネエは席を立って店を出て行く。
 店というのは、かつてうちがやっていたパブの店舗部分。
 内装はそのままなので第二リビングとして家族のだんらんやご近所との社交場に使っている。松ネエが勉強やら書類を書いたりにも使い始めたので、俺も倣って気の乗らない宿題やら読書(っても、ラノベとかマンガ)のスペースとして使い始めた。
 子どものころの秘密基地の感覚なのかもしれない。

 大学生って大変なのな。

 テーブルの上には書きかけの書類が散らばっている。
 従姉だけども個人情報、マジマジと見るわけにはいかないけど、その種類と枚数で大変だと思う。
 奨学金申込書的なのが目に入る。
 松ネエんちは両親揃って学校の先生。一人娘の学費くらい楽勝なのに奨学金の申し込みというのは松ネエの心意気なんだと思う。
「ブスだーー」
 書類の写真を見て不用意な言葉が口をつく。

「だれがブスだって」

 いつのまにか戻って来た松ネエが怖い顔をする。
「いや、写真の写りがさ、現物はイケてんのに」
「ま、そのフォローに免じて食わせてやる。どーぞ」
 松ネエが出したのは箱入りのフライドチキンだ。
「お、いっただきー」
 さっそくかぶりつく。鳥は苦手なんだけど、フライドチキンは別だ。この調理法を編み出した白スーツに眼鏡のアメリカのオジサンはエライと思うぞ!
「買ってきたんじゃないんだよ、これ」
「え?」

 確かに見慣れたパッケージではない。

「こんど@ホームで出すかもしれない試作品」
 なるほど、俺は試作品のモルモットか。でも、こういうモルモットなら大歓迎だ、感想を言わなければならないんだろうと、真剣に味わう。
「……カレー味……なんだろうけど、インドとはちがう南国的ってかオーガニックな風味」
 オーガニックがなにかよく分かってなかったけど、イメージ通りの感想。
「いい勘してるわよ雄ちゃん」
「あ、そ?」
「ハワイのカイウラニスパイスってのを使ってんの」
「@ホームがハワイアンになるの?」

 俺はビキニみたいなフラダンスのコスを着た松ネエを想像してしまった。

「なんでフラダンスがビキニなのよ!?」
 松ネエはスルドイ。
「いや、なんでハワイアンってことで」
「それがね、シグマちゃんとお祖母さんがね……」
 松ネエが示したスマホには@ホームのメイドさんたちに囲まれた金髪バアチャンとシグマが写っていた」
「二日続いてお越しになってね、メイド喫茶のメニューにこれがいいって、キッチンで試作品を作ってレシピを教えてくださったの。初日は店長が気に入って、二日目にはオーナーが信者になっちゃった」
「宗教団体かよ」
「@ホームのハワイ店を出すことになっちゃった」

 で、俺とノリスケは藤棚の下でシグマの顔に見つめている。

「シグマってクォーターだったのか……」
 言いようによっては角の立つ感想だけど、今日のノリスケは哲学じみているので、なにか高尚なことを言ったように聞こえる。
「もー連休は、全部お祖母ちゃんに持ってかれて大変だったんですから」
 そう言えば元気のないシグマではある。
「でも、すごいお祖母さんだよな。皇居の写真で『なんで!?』って感じて日本に来るのもぶっ飛んでるけど、二日でハワイにメイド喫茶作るの決めちゃうんだもんなあ」
「あたし、今日は帰って寝ます」
 多くを語らずにシグマは席を立った。

 ほんとは他の話があったんだろうけど、祖母ちゃん疲れのせいかノリスケがいるためか、その話題に触れることは無かった。

コメント