大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・通学道中膝栗毛・22『栞はひまり 鈴夏はひめの』

2018-03-17 15:27:42 | 小説3

通学道中膝栗毛・22

『栞はひまり 鈴夏はひめの        

 

 

 ビラまきを終えると、お店に戻ってリボンさんからレクチャー。

 

「時間まで実地教育ね。お迎えとお見送り、ポジションはレジ横。カレンさんがやるようにやってればいいから」

 ピュアは他店に比べると床面積が広く、レジカウンターの横に余裕で並べた。

「わたしがやるようにやればいいけど、時々正面の鏡みて自分でチェックしてね。ポイントはね……あ、おかえりなさいませご主人様~行ってらっさやいませ~お嬢様~」

 カレンさんもたいしたもので、わたしたちにレクチャーしながらも、きちんと仕事をこなしている。

 カレンさんにワンテンポ遅れながらもお迎えとお見送りはなんとかやれそう。

「でも、笑顔が硬いよ」

 ビラまきではガチガチだった夏鈴が冷やかす。夏鈴は学校とかお店とか、一定のテリトリーが決まっているところでは平気なのだ。ま、いっしゅの内弁慶。

 フロアーはリボンさんを入れて四人で回している。満席近くになると、ちょっと大変みたいだけど、さすがにメイドに徹した人たちばかりなので、焦ったりすることはない。実に手際よく、まるでお花畑を飛び回る妖精さんのように明るく無駄なく動いている。

 まだフロアーの事はレクチャーされていないので、お客さんから声をかけられるのではとヒヤヒヤしたけど、あいにくというか幸いというか、突然テーブルに呼ばれるようなことは無かった。

「じゃ、今度はフロアーの子たちに付いてみて。ニコニコ笑顔で立ってりゃいいから」

 リボンさんのアバウトな指示にも戸惑わなくなった、リボンさんはお客さんに対してはツインテールの妹系で、わたしが見ても可愛いんだけど、わたしたちには少々ツッケンドンで口数が少ない。

 レジ横で見ていたので、だいたいの動きは分かった。

 レジのカレンさんが「お席は、あちらになりま~す」と言うと、スタンバっているヒナさん、レモンさん、ココアさんうちの一人が、ごく自然にオーダーをとりに行く。わたしと鈴夏は、どちらかがくっ付いて行って、いかにも見習いという感じで控えている。

 オーダーの取り方やお辞儀の仕方なんかは見て覚えられるんだけど、以下のことがやりにくい。

 

「呼び方のオーダーはいかがいたしましょう? ちなみに『ご主人様』の他に『旦那様』『~くん』『~ちゃん』『お兄ちゃん』『お兄様』など各種ございま~す♪」

「それでは、ご注文の品が美味しくなるお呪いをしたいとおもいま~す🎵 おいしくな~れ おいしくな~れ ラブ注入🎶」

「お兄ちゃんてばバースディなんだ! それじゃ、バースデイソング歌わせていただきま~す♡」

 ほかにも何種類かあるんだけど、これは、ちょっと無理っぽい。

「そういうのはヘッドドレス替わってからでいいから」

「え、ヘッドドレス?」

 リボンさんは黙って鏡の中の自分とわたしの頭を指した。

「あ、あーーー」

 かたちはいっしょなんだけど、リボンさんのそれには淡いピンクのハートが付いている、わたしたちのも付いているんだけど、輪郭だけしかない。

「輪郭だけのは見習い」

 なるほど、このハートマークでスタッフもお客さんも区別をつけていたんだ。どうりで難しい仕事が回ってこないわけだ。

「来週からはやってもらうから、これ読んで覚えてきて」

 A4のプリントとDVDを渡される。パッケージには『ピュア スタッフマニュアル2018』とプリントされていた。

「きょうは、ここまで。まかない出るから食べてって」

 控室で着替え終わると、リボンさんがトレーに載ったオムライスを持ってきた。

「おー、これ頂けるんですか!?」

「うん、はんぶん研修だけど。はい、ケチャップ持って」

「え?」

「ケチャップで文字書くのは必須だから」

 なるほど、これはやってみなければコツとかは分からない。

「で、なにを書けば?」

「小山内はひまり、足立はひめの、名前のお尻にハートを書く。やってみ」

 ……やってみると、案外むつかしい。オムライスの上をケチャップまみれにして初日が終わった!

 

 

 

 

コメント

高校ライトノベル・ライトノベルベスト・エタニティー症候群・2[もう少し楽になろうよ]

2018-03-17 06:34:45 | ライトノベルベスト

ライトノベルベスト・エタニティー症候群・2
[もう少し楽になろうよ]



 苛烈などというものではなかった。

 東鶏冠山北堡塁は旅順要塞の東に位置し、旅順攻撃の初期のから終結時まで激戦地になった。

 堡塁はM字型の断面をしており、Mの左肩から突撃した日本軍はMの底に落ちる。するとMの両側の肩の堡塁の銃眼から機関銃や小銃、手榴弾などで屠殺された。
 この甲子園球場ほどの堡塁を抜くために、日本軍は8000人の戦死者を出した。乃木軍隷下の第11師団の大隊長である立花中佐が戦死したのは11月の第二回総攻撃のときであった。
 吶喊と悲鳴が交錯する堡塁の壕を目の前にして立花は身を挺さざるべからずの心境であった。8月の第一次攻撃の時は、罠にはまったと瞬時に理解し部下に撤退を命じ、大隊の損害は百余名の損害で済んだ。
 だが、今回は重砲隊による念入りな砲撃。工兵隊により掘られた坑道からの爆砕をやった上での突撃である。先に飛び込んだ部下のためにも立花は突っ込まなければ、軍人として、人間として自分が許せなかった。
 M字の底から右肩の堡塁にとりついたところ、立花は6インチ砲の発射音を間近に聞いた。死ぬと感じた。感じたとおり、その0・2秒後に彼の肉体は四散した。その0・2秒の間、彼の頭を支配したのは、内地で結核療養している一人娘の麗子のことである。

「よくもって、この秋まででしょう」

 どの医者の見立ても同じであった。そして麗子は立花の戦死の二日前に十七年の短い生涯を終えていた。
 そして、麗子は父の戦死の時間に荼毘に付されていた。三時間後、叔父を筆頭に親類縁者が骨拾いに火葬場に行ったとき。釜の前に麗子が立っていた……。

 立花は弟が腰を抜かすのを見て戸惑った。

「浩二郎!」
 そう言って駆け寄ったときの自分の声と指先を見て愕然とした。そして、弟の嫁が震える手で差し出した鏡を見て、言葉を失った。

 自分は、娘の麗子そのものになってしまっていた……。

 それ以来、立花は麗子として十年を過ごした。三年目ぐらいから自分の体に変化がおこらないことに不審に思った。友達は次々に嫁ぎ、子を成し、相応に歳を重ねていたが、自分一人がそのままなのだ。人に相談することもできず、自分で文献を調べ、五年目に異変の正体に行きあたった。それは、アメリカのオーソン・カニンガムという学者の説であった。

※ エタニティー症候群:肉体は滅んでも、ごくまれに脳神経活動だけが残り、様々な姿に実体化して生き続けること。その実体は超常的な力を持つが、歳をとることができないため、おおよそ十年で全ての人間関係を捨て別人として生きていかなければならない。この症候群の歳古びた者を、人は時に「神」と呼ぶ。

 立花は、その五年後に出奔した。もう年相応では通じないほどに若いままだったからである。

 それから、七人に入れ替わった……というより、実体化した。いずれも、ほとんど麗子のままで、そのたびに戸籍や家族が用意されていた。そして、並の人間では持てない力が備わっていることも分かってきた。だが、心はいつまでも立花浩太郎中佐のままであった。
 で、昨日も学校の平和学習の語り部としてやってきた92歳のハナタレ小僧をへこませてしまった。

「とらわれすぎるんだよ立花さんは。昔のままの自分をひきずってちゃ仕方がないよ」

 いつの間にか、中庭のベンチの横に神野が腰かけていた。
「もう少し楽になろうよ」
 そう言って、神野は指を鳴らした。
「あ、神野君……!」
「つまらないこと聞くけど、君の名前は?」
「もう、ふざけないでよ」
「いいから、言ってごらんよ」
「立花麗……アハハ、照れるじゃん。幼稚園からいっしょだったのにさ。あ、生年月日とか言ったら、なにかプレゼントとか良さげなことあったりして?」
「考えとくよ。とりあえず、今日は、これで良し」

「へんなの……」

 お気楽にAKBの新曲を口ずさんで校舎に消えていく幼馴染に「イーダ!」をした麗であった。

コメント

高校ライトノベル・坂の上のアリスー14ー『聖地巡礼・2』

2018-03-17 06:27:35 | 不思議の国のアリス

坂の上のー14ー
『聖地巡礼・2』



 さすがは聖地、二人揃って背中に天使の羽を点けていも目立たない。

 純花は聖天使(ホーリーエンジェル)ガブリエル、わたしは暗黒天使(ダークエンジェル)メフィスタ。
「……まずは聖飯と聖水」
 ガブリエルの呟きに従って昭和通り口から降りる。
「昭和通り口じゃないわ、エデンの東口よ」
 昭和通り口から降りるのはヨドバシカメラに行くときしかない。ヨドバシカメラは北口だから、南口に向かうのは初めて。

 南口から出ると、すぐに公園。

「本当なら、ここで正しき聖飯をいただくんだけど、この暑さだから第二の聖飯にするわ」
 公園を左手に見て、天使の羽をユラユラさせながら一軒の食堂へ。

 秋葉原食堂

 間口二間ほどの秋葉原食堂は、ガチ昭和。

 カランカランとカウベルの鳴るドアは、ステンドガラスがはめ込まれたウッド。店内の什器もファストフード店にありがちなプラスチックやビニール張りなんかじゃなく、年季の入ったメープルが中心。
「おや、ガブリエルじゃないか」
 生まれた時からオジサンをやっているようなマスターに声を掛けられて、奥のテーブルに。
 二言三言の会話の中で「こちら暗黒天使のメフィスタ」と紹介される。「お帰りなさい暗黒天使」と百年の付き合いのように挨拶される。
「では、いつもの」
 待つこと五分、聖飯たる秋葉原ランチをいただく。トンカツの上に、ほとんどケチャップと見紛うばかりのデミグラソース。
 千切りキャベツの横に、鮮やかなグリンピースがポイントのポテトサラダ。付け合わせにザワークラウツ(酢キャベツ)。大ぶりの椀に赤だし味噌汁。
 仕上げに聖水たるトマトジュースをいただく。市販のものよりもコショウプラスなにかが効いている。
 綾香の頬に、ホワッと血の気がさし、瞳に力が宿る。地元で見る彼女とは、しっかり別物になる。

「第一の聖飯は、あれよ」

 秋葉原食堂を出て、最初に目に入った自販機を、純花は指さした。
 それはオデン缶の自販機だった。
 オデン缶がなぜ聖飯なのか聞こうと思ったら、そびえ立つ聖地アキバの神殿、ラジオ会館が目に入った。

「いくわよ」

 白の甘ロリをスピンして翻らせ、天上のエナジーを充填するように両手を高々と上げ、ラジオ会館に向けて放出した。
「うわー!」
 なんという不思議。昼日中であるにかかわらず、ラジオ会館の電飾が一瞬きらめいた。
 
 一瞬だけど、純花は本物の聖天使ではないかと思ってしまった。
  


 ♡主な登場人物♡

 新垣亮介      坂の上高校二年生 この春から妹の綾香と二人暮らし

 新垣綾香      坂の上高校一年生 この春から兄の亮介と二人暮らし

 二宮純花      坂の上高校一年生 綾香の友だち トマトジュースまみれで呼吸停止

 桜井 薫      坂の上高校の生活指導部長 ムクツケキおっさん

 唐沢悦子      エッチャン先生 亮介の担任 なにかと的外れに口やかましいセンセ 

 高階真治      亮介の親友

 三宮静香      亮介の親友 

コメント

高校ライトノベル・奈菜のプレリュード・8《加藤と鈴木 平凡な二人の非凡な出会い》

2018-03-17 06:22:09 | 小説・2

奈菜のプリュード・8
《加藤と鈴木 平凡な二人の非凡な出会い》




 加藤と鈴木という日本の苗字ベストテンに入る平凡な二人は、非凡な出会い方をした。

 前も言うたけど、あたしは去年まで演劇部にいてた。
 もっと早く辞めたかったんやけど、義理と人情でコンクールも手伝うたし、朱雀ホールでのO先輩らの芝居も観に行った。
 朱雀ホールの芝居にむかついたんは第三回に書いた通り。

 問題の非凡は、この帰り道に起こった。

 四天王寺前の赤信号で止まってたらアクビが出てきた。人間の心理は面白いもんで、こらえてたムカつきが、こんなとこでアクビと言う反応になって表れた。
 で、アホみたいに開けた口の中にたこ焼きが飛び込んできてビックリ。大阪人の悲しさで、たこ焼きが口の中に入ると、むせながらでも美味しく咀嚼してしまう。
「あ、ごめん、火傷しなかった?」
「え、ああ、いいえ……」

 これが鈴木君との縁の始まり。

「加藤さんも、あの詐欺みたいな一斉送信に引っかかったんだ」
 鈴木君は、たこ焼きのお詫びにお茶に誘ってくれた。同じ芝居のパンフ持ってたし、会場でも見かけた顔。ほんで、何よりたこ焼きの飛来で、気持ちがシンクロしてた。鈴木君もむかついて、帰りにたこ焼きを買ってやけ食い。赤信号に気いついて急に立ち止まったら、勢いでたこ焼きが、爪楊枝から外れて空中を飛翔して、偶然にもあたしの口の中に入ったというわけ。

 鈴木君はA高校の演劇部やけど、連盟には加盟してない。一年の時にコンクールに出て、アホくそなったんで、クラブの実権を握れた二年のときに連盟脱退。自分の演劇人生のプログラムをしっかり持ってて、演劇部は芝居の鑑賞に特化。将来はプロを目指すことにしてる。
 あっちこっちの芝居を観ては、その感想をブログに載せて、そのころには、いろんな劇団から招待券やら割引券をもらえるようになってた。

「一人で観るより、二人の方が楽しいから」

 そういうことで、時々芝居に連れていってもらうようになった。招待券の半分くらいは二名様というのが多いので、無駄にならなくていいと、鈴木君。
 芝居を観たあとは、お茶しながら感想の言い合い。彼は、そないしながら自分の考えをまとめてる。あたしも鈴木君と対等に喋りたいから、真剣に芝居観るし、パンフ読んだりネットで検索したり勉強する。

 いつの間にか「奈菜ちゃん」「貫ちゃん(貫太郎)」と呼び合うようになった。

 いっかい平凡について話題になった。
「あたし『奈菜は変わってる』て言われるんやけど、自分では、そない思わへん」
「同感。平凡というのは量の問題と違って、質の問題やと思う。例えば僕らみたいに好きな芝居を観て回ってるのは平凡で、自己満足の芝居やって事足れりとしてる大概の演劇部の方が異常いうか非凡な感性やと思う」

 この話題が出た時は、面白いことがあった。

「ほんなら、今日は、僕のオゴリね」
 お茶代は、一回ごとに交代でオゴっている。お互いにイーブンな付き合いにしたいから……それに、いちいち何度目か勘定なんかしてないから「次はどっち」ということになり、暗黙のうちに、その次会えることの了解にしてた。

 程よく男女の境を超えた付き合いだと思ってた。

 それが、バレンタインデーでは、あんなに悩んだ。過ぎてしもたら、アッサリやけど。

 そんな、早春のころ、貫ちゃんから「ちょっと話がある」というメールがきた。芝居のお誘いやない初めてのメール。

 平凡が非凡に変わる予感……。          奈菜……♡ 

コメント

高校ライトノベル・あたしのあした・27『ギャラクシースペシャル』

2018-03-17 06:13:53 | 小説4

高校ライトノベル
あたしのあした・27
『ギャラクシースペシャル』
      

 それは超特大のキャンピングカーだった。

「えーー、こんなの持ってきたの!?」
 呼んだ智満子自身が驚いた。

 ドッヒャーーーーーーーー!!

 あたしらは、バカみたいに大口開けて驚くだけだ。

「バスは車検中で、これしかなかったんです。御辛抱ください、お嬢様」
 運転席から下りてきたのは横田家の女執事の手島さんだ。あいあかわらずの黒の執事コスが板についている。
「普通じゃないとは思ってたけど、智満子んっちって……」
 ネッチがポツリと言って、みんなのため息で続いた。
「アハ、アハハハ、あたしんちブルジョアだから……家はね、家だよ、あたしは普通なんだから、アハハ」
 智満子の苦しい謙遜は、ちっとも嫌味じゃないんだけど、みんなは素直に圧倒されている。
 智満子は偉そうにはするけども、自分ちがブルジョアであることで傘に着ようとは思っていない。こないだ家まで行った時に強く感じたことだ。
「あたし、大型免許持ってないから、こんなの運転できないわよ!」
 萌恵ちゃん先生が、聞かれたわけでもないのにブンブン首を振る。
「大丈夫です、明日からのタヒチアンダンスも、この手島が運転いたしますから」
 シレっと手島さんが言う。

 で、連休の初日、あたしたちは超デラックス大型キャンピングカーに乗って滋賀県の会場を目指している。

 キャンピングカーは、智満子のお父さんが客寄せのために買ったもので全長が16メートルで重さ30トンという戦車並みのガタイだ。
 なんと二階建てで、一階には、豪華なリビングとキッチンやバストイレが完備されている。二階部分はサロンと大きなスィートがあって、サロンの部分はボタン一つで十二人が泊まれるベッドルームに変わり、一階と合わせると二十人が宿泊可能だ。

「チョー恥ずかしい……」

 智満子は助手席で悶々としていたが手島さんに促されて、最初のインターチェンジで輪の中に戻って来た。
「智満子だって、このキャンピングカーは初めてだったんだよね」
 あたしは智満子をフォローした。
「う、うん。ほんとはお客さんの送迎用のバスのつもりだったんだけどね。こんなのが来るなんて思いもしなかった」
「正確にはキャンピングトレーラーって言うんだね」
 ネッチがスマホで検索し始めた。
「え、どう違うの?」
 ノエが興味津々。
「えと……牽引する運転部分とキャビンの部分に分かれているのがトレーラーだって……ギャラクシースペシャルって言うらしい……ノエチン、あんたの座ってるソファーだけで三百万円だって」
「ヒエーーーー!」
 ネッチが、みんなが座っているところの値段を言っていくと、そのたびに奇声があがっていく。智満子一人真っ赤な顔をしている。
「あーーなるほど。お客さんに少しでもゴージャスなひとときを過ごしてもらおうってことで会社の備品として買ったんだそーよ。重役さんたちは忙しいんで誰も乗ったことがないんだって」

 ――みなさん、富士山がとてもきれいに見えますよ。二階のサロンに上がってみてください――車内放送で手島さんの声がした。

 うっわーーーー!

 サロンに上がるとみんなの声が揃った。
 めったに見られない快晴の空に初冠雪の富士山が、ビックリするような近さでそびえている。
 やっぱ、富士山はゴージャスな山だ。
「ゴージャスだけど、あれは日本人みんなのものなんだよね。昔は特別な人しか登れなかったけど、今は誰でも登れる……思うんだけどさ、智満子のお父さんて、そういう富士山みたいなものになればいいと思って、このキャンピングトレーラーだったけ? 買ったんだと思う。素敵だと思うわよ、智満子さん」
 自然な感想が口をついて出てきた。
 そんなつもりはなかったんだけど、壺にハマるフォローになってしまって、ひとしきりみんな頷いた。

「ありがとう……恵」

 蚊の鳴くような声だったけど、智満子は、しっかり言ってくれた。

コメント