大橋むつおのブログ

思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。

高校ライトノベル・アーケード・10《郷中》

2018-03-06 16:42:01 | 小説

・10
《郷中》



 まるで幼稚園の先生だ……神田校長が喋りだすと、花も甲も思った。

「小学校のクラスには定員があるんです。1クラス40人以下、一年生は35人以下。つまり36人を超えるクラスが出てくると、クラスを分割して35人以下にします。で、今年は4月の8日に転入生があって1クラスが36人になってしまいました。で、一年生全体をシャッフルし、それまでの3クラスを4クラスにしたんです。これは『公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律』に基づいています。ここまではいいかしら?」

 神田校長はニッコリと花と甲の目を見た。

「先があるのなら続けてください」
「どうぞ」
「シャッフルして4クラスにすると、26人のクラス2つと、27人のクラス2つができます。でしょう? 36人のクラスよりもよっぽど目が行き届く……でしょう? つまり子どもたちの為になるということで~す! 法律どおりだし子どもたちの為にもなる! とってもいいことじゃありませんか~!?」

 満面の笑みで神田校長は締めくくった。

「新しいクラスは、4つのクラスに均等配分されたんですよね?」
「ええ、若干の配慮や入れ替えはあるけれど、基本的にはそうですよ」
「じゃ、これを見てください」
 甲は、元の3クラスと新しい4クラスの編成表をテーブルの上に置いた。
「元のクラスが分かるように色分けしました」
「あ……………………」校長は目が点になってしまった。
「お分かりになりましたか? 1~3組は元の先生が元の自分のクラスの生徒を18人もとっています。4組はその残りの子どもたちを集めた……いわば寄せ集めです。均等配分とは言えませんね」
「この寄せ集めのクラスの担任は、今年新採でこられた女の先生です」
「8日に転入の児童が居たので、10日付で加配の先生がこられてますよね?」
「つまり……このクラス替えは、子どもの為というよりは、先生たちの都合じゃないですか?」
「……………………………………」

 校長室を重い沈黙が支配した。

「元のクラスに戻してください……校長先生」
「それは……もう決まったことだから」
 あとの言葉を濁して、校長は頭を下げた。
「相賀の町は『組』とか『会』を大事にするんです。町内会とか商店会とか子供組とか、そういう結合が重なったところに相賀の街があるんです。これは学校のクラスもいっしょです」
「小学校は、東京や他府県から来た先生が増えてきてますが、相賀の……あり方というものも気にかけて……いただけると嬉しいです」
「えと…………………」
「「よろしくお願いします」」
 一礼すると、甲と花は校長室をあとにした。

 プッ、プップー。 

 校門を出るとクラクションが鳴った。

「ご苦労、乗んなさい」
 相賀中学の水野教頭は、セダンの後部ドアを開けた。
「どうもありがとうございました」
 お礼を言いながら花が乗り込むが、甲は一礼しただけで言葉が継げなかった。
「岩見君は一言ありそうだな」
「あ……」
「本来は郷中でやりたいところだったんだろうがな、よその人には分かってもらえないからな……気にするな」
「いいんですよ、こうちゃん頭硬いから。明日になったら納得してますよ」
「さすが藤谷さんは西慶寺のおひーさまだ。鷹揚だね」
「フフ、こういう性格なんです」
「岩見君は具足駆をやったんだってな、そろそろ大人だな」
「あ、ショッピングモールの客寄せレプリカでしたから」
「それでも、相賀の甲冑師岩見甲太郎の作だ。立派なもんじゃないか。殿さまからお墨付きはもらったのかい?」
「そんな大げさなことは」
「わたしからお話ししておこう」
「それはいいわ。わたしたちも具足祝いしてあげたんですよ」
「そりゃよかった!」
「御家老さまも、なにかしてやってもらえませんか?」
 楽し気に花子が焚きつける。
「あ、相賀カボチャとかはけっこうですから!」
「ワハハ、先を越されたなあ!」

 商店街に着くまでの間、セダンの中は二昔ほど前の相賀の空気に満ちていた。


 ※:郷中……旧藩時代から続く相賀の自治的な教育組織、10歳から20歳くらいまでの若者が所属、地域のことには大人と同等な発言力がある。緩やかに、今の相賀の町にも生きている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・通学道中膝栗毛・13『妖精のユイちゃん』

2018-03-06 16:27:50 | 小説3

通学道中膝栗毛・13

『妖精のユイちゃん』        

 

 

 幼児の生活空間は狭い。

 わたしの場合、家の前の道路、あっちと向こうの電柱の間ぶんくらいしかなかった。

 

 その電柱一本分が自由にあそべる空間で、それを超えた向こう側に世界が広がっているのは分かっていたけど、臆病な子だったので、ひとりで踏み出すことは無かった。

「向こうに行くのにはシーちゃん経験値足りないからね」

 お母さんは、わたしの好きなゲームに例えて注意してくれていた。

 ファインファンタジーというゲームでは、経験値不足のままエリアを出てしまうと、お気に入りの魔女っ娘ロッドでは倒せないモンスターなんかがいて、あっという間にやられてしまう。やられてしまうと最後のセーブポイントまでもどされて、アイテムとかみんな没収されてしまう。

 例外は妖精のユイちゃん(デフォルトでは別の名前なんだけど、お母さんが付けた)が誘ってくれた時だけ。

「見るだけだったら連れてってあげるよ☆彡」

 魔法の葉っぱに乗って、五分の時間制限で見せてくれる。そうやって、次のエリアに慣れて、経験値を貯めてから本格的に進出できるわけ。ま、イージーモードのチュートリアルって感じ。

 ゲームに例えて注意するというのは、お母さんも考えたもんだと思う。ゲームオーバーになると大泣きしていたわたしだから、この注意の仕方は効果抜群で、お母さんがちょっとの間家の中で用事していても電柱一本分を踏み出すことは無かった。

 

 ある日、電柱一本向こうの十字路を妖精さんが横切った。

 

 今から思うとキックスケーターなんだけど、わたしには春風に乗ってやってきた魔法の葉っぱに見えた。

 若草色で、ハンドルの所には小っちゃい羽が付いていて、いかにも妖精さんの乗り物。その子の背中にも天使の羽が付いていて、もう、まるっきりの妖精さん。

 わたしの視線に気づいたのか、妖精さんは魔法の葉っぱにブレーキかけて、わたしと目が合った。

「あなた、だれ?」

「え、え、えと、おさないしおり」

 わたしは行儀よくフルネームで応えた。妖精さんにはきちんと応えなきゃいけないと思ったから。

「そーか……おさないんだ。おさない子はめんどうみなくちゃね」

 おさない意味を勘違いしているようにも思えたけど、妖精さんの目はキラキラしている。

 そうか、安心させようと思ってギャグを飛ばしたんだ。わたしは嬉しくなってニッコリした。

 妖精さんは慈愛に満ちた目になって手を差し伸べてきた。妖精さんの羽がフルフル羽ばたいたような気がした。

「乗ってく?」

 妖精さんがニパっと笑った。わたしはコクコクと頷いた。

「おいでよ!」

「え、えと、お名前は?」

 ほとんど妖精さんだと思っていたけど、最後の確認をした。

「ユイちゃんだよ」

 わたしの思いは確信に変わった。

 葉っぱの前の方を開けて、わたしを載せると地面を蹴ってユイちゃんは出発した!

 ユイちゃんは、わたしより少しおっきくて、ハンドルを持つわたしの後から被さるようにしてくれるのが嬉しかった。もうゲームの中のユイちゃんといっしょだ。いや、ゲームの中から抜け出して迎えん来てくれたんだと感激していた。

 

 そして道に迷った。

 

 くたびれ果ててしゃがみ込んだのが、あの家の前だった。

 キーっと門が開いたので、ユイちゃんもわたしも驚いた。

 やさしいオバサンが出てきて「ま、かわいい妖精さん」と笑った、オバサンの後ろには、ちょっと拗ねた感じの男の子。

 いま思うと、あれが今を時めく若手俳優の青木ナントカさんだった……。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・センセがこんなカッケーわけがない!02・カッコわりーじゃねえか

2018-03-06 06:09:50 | 小説7

センセがこんなカッケーわけがない!02

  カッコわりーじゃねえか

 うちの担任は出欠を取るのが早い。

 早いと言うのは、よそのクラスより早くとるというわけじゃない。
 取り始めてから取り終るまで30秒ほど。そういう意味で早い。
 30秒には説明がいる、人によっては早いとは思わないかもしれないから。

 朝のショートホームルームで出席を取るんだけど、このショート開始のときに教室には10人ほどしかいない。

 10人ならあっと言う間だろうって? そうはいかない。
 出席者だけ確認していると、そのあと大量に遅刻してきた奴が「センセ、オレ居たぜ!」と言いだす。むろん嘘。
 センセも人の子だから、年に何度かは間違える。それを楯にとって「オレ居たぜ!」をやらかす。
 センセが気が弱いと「オレも」「あたしも」てなことになって、遅刻は実際の半分以下になることもある。ひどい場合には20人近くチャラになることさえあった。秩序もなにもあったもんじゃない。

 うちの担任はチャイムが鳴る3分前には教室の前の廊下に立っている。

「あと2分で本鈴! 昇降口の者は急げ!」から始めて「あと30秒、まだ間に合う!」てな具合に生徒に注意喚起する。
 イスラムの坊さんが寺院のミュナレット(尖塔)からコーランを読むのに似ていると冷やかすセンセもいる。
 でもって、遅刻の群れの切れ目を見て、教室に入り、こう叫ぶ。
「さっさと座れ! 席に着いていないものは欠席だぞ!」
 これを2度ほど叫び、大量にコピーしてある座席表で一気に確認する。目視だけではなく呼名点呼。それも必ず生徒の顔を見る。
 で、これを2回繰り返す。点呼途中に入ってきた者は「ギリギリだな」とセーフにする。

 まったく丹念な出欠点呼で、うちのクラスは朝の出欠でのトラブルは無い。

 遅刻が15回を超えると生指部長注意になる。生指部長はゴリラみたいな元ラガーマンで、めっぽう怖い。
 怖いから、みんな嫌がる。今朝〇〇が15回になった。
「〇〇、生指部長注意だからな」
 担任が宣告した。

 そのとき〇〇は仏頂面ながらも納得していた様子だったが、3時間目の休み時間に担任に食いついた。

「いっしょに来てる、隣の△△は15回とられてないのに、なんでオレは15回なんだよ!」
「本当は本鈴でアウトだ。混乱するからクラスの状況で多少のタイムラグがあるんだ。うちのクラスでは遅刻だ」
「それでも隣のクラスじゃ遅刻になってねー!」
「オレは10回超えた時から、毎回注意してるじゃねーか。なんで今さらプーたれる」
「だって、隣は遅刻になってねー!」
「話にならねー」
 担任は、ばっさり切り捨てた。

 これでケリがついたたかと思ったら、放課後になって△△の母親が文句を言いに来た。

 ハズイことに、△△と母親は教育委員会にまで電話したらしい。
 こんな△△を英雄みたく言う奴がいるから気が知れない。

 で、いま学校はもめまくっている。じつに不毛ってか、カッコわりーじゃねえか。

 で、2つ思う。

 どうしてビシーって言わねーんだろ?
 どうして朝の遅刻指導、担任一人でやってんだろ?
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・泉希 ラプソディー・イン・ブルー・4〈泉希の初登校〉

2018-03-06 06:04:41 | 小説6

泉希 ラプソディー・イン・ブルー・4
〈泉希の初登校〉
        


 当たり前の自己紹介ではつまらないと思った。

「今日から、いっしょに勉強することになりました、雫石泉希です。何事も初心が大切だと思います。よろしくお願いします」
 この一言だけで、クラスがどよめいた。字面では分からないが、声と喋り方は渡辺麻友にそっくりだった。
「モットーは、『限られた人生、面白く生きよう!』です。ね、秋元先生!?」
 今度はタカミナの声色で、廊下に学年主任の秋元先生が立っていることにひっかけたのだ。
「では、だれがウナギイヌだよ!?」
 北原里英という、ちょっとマニアックなところで、袖口から万国旗をズラズラと引き出して喝采を浴びた。
「この水色に黄の丸と、緑に赤丸の国知ってるかなあ?」
 今度は、百田 夏菜子の声。で、答えが返ってこないので百田 夏菜子の声のまま続けた。
「これは、水色がパラオで、緑がバングラディシュなんだよ。日の丸をリスペクトしてんの。豆知識でした……えと、これが自分の声です。体重は内緒だけど、身長:158cm バスト:84cm ウエスト:63cm ヒップ:86cm 完全に日本女性の平均です。よろしく!」

 ほんの一分ほどだけど、そこらへんの芸人顔負けの自己紹介で一気にクラスの中に溶け込んだ……一部を除いて。

「雫石さん、あんたの自己紹介セクハラよ」
「え、どーして?」
 見上げた机の横には、揃いのポニーテールが三つ並んでいた。
「たとえ自分のでもスリーサイズまで言うのはだめよ。中には自分のプロポーション気にしてる子もいるんだから」
「そんなこと言ってたら、なんにも喋れなくなってしまいます~」
「新入りが、そんなに目立つなってこと。虫みたいに大人しくしてな」

 都立でも優秀な部類に入る谷町高校にも、こんなのがいるんだと、泉希はあっけにとられた。当然だけど、周りは見て見ぬふり。

 次の休み時間、泉希は復讐に出た。
「虫が言うのもなんだけど、三人とも背中に虫着いてるよ」
 そう言って、三人の背中にタッチしてブラのホックを外してやった。二人は慌てふためいたが、真ん中のがニヤリと振り返った。
「そんなガキの手品に引っかかる阿倍野清美じゃないのよ」
「なるほどね」
 突っかかるほどのことでもないと、泉希は階段を上って行った……ところが、13段しかない階段が、何段上っても踊り場にたどり着かない。後ろで三人のバカにした笑い声。
「こいつはタダモノじゃないな……」
 そう思った泉希は、階段を下りて阿倍野清美のそばに寄った。
「阿倍野さん。あなたって、陰陽師の家系なのね」
 清美の瞳がきらりと光ったが、あいかわらずの薄笑い。
 泉希はスマホを出して、画面にタッチした。画面には白い紙のヒトガタが出ている。
「やっぱ、式神か……」
 泉希は、式神を消去すると、当たり前のように階段を上って行った。

 初日からひと波乱の学校ではあった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・坂の上のアリスー03ー『相談室のドアが開いた』

2018-03-06 05:57:22 | 不思議の国のアリス

坂の上のー03ー
『相談室のドアが開いた』


 三時間目が終わって呼び出し状をもらった。エッチャン先生からだ。

 エッチャンは綾香といっしょに救急車に乗って行ったので、病院とかでの説明を兼ねた事情聴取だと思った。人工呼吸の件は去年のことも含めて触れられたくないので、俺としても念を押しておくのにちょうどいいと思った。

「失礼します」

 そう言って入った相談室にいたのは、メッチャ怖い顔をした妹の綾香だった。
「ちょ、座って」
「あんだよ?」
「唐沢先生にお願いしたの、ニイニには知っておいて欲しいことがあるから。純花と今朝のこと。そこじゃ遠い、もちょっと傍に来て」
「俺も、お前にゃ聞きたいことがある」
 テーブル挟んだ向かいから、パイプ椅子一つ隔てた隣に移動。綾香は、その一つ空けたパイプ椅子に尻を移してきた。
「ち、近い……」
 綾香と三十センチ以内に近づくのは小学校以来。どうも落ち着かない。
「あの子、二宮純花って言って、つい二週間前に転校してきたばかりなの」
「転校生か?」
 六月の転校は珍しいので、ちょっと驚いた。
「ワケありらしいんだけどね、そのことはいい、あたしにもよく分かんないから。純花、二回来ただけで引きこもっちゃってさ。それで、今朝あたしが連れてきたってわけ」
「お泊りってのは、あの子のとこだったんだな?」
 普通なら順番として「なんでお前が?」になるんだろうけど、お節介なのは兄妹共通の性癖なので、この質問になる。
「うん、いま来とかなきゃ本格的に引きこもっちゃう。もう期末も目前だしね」
「でも、それがどうして血まみれ……いやトマトジュースまみれの呼吸停止になってんだよ」
「めっちゃ緊張してたのよ。学校までは、あたしが漕いで二人乗り。純花にすれば、心の準備が整わないうちにワープしたようなもんなのよ、だから学校に着いたら、真っ青になって心臓バックンバックン。やおら、カバンからトマトジュースを取り出した……トマトジュースはね、純花のHP回復の必須アイテム。一気飲みしてるうちにぶっ倒れたの」
「で、お前が人工呼吸してたのか」
「うん」

 俺は怖気をふるった。綾香の一見美少女らしさは見かけ倒しで、炊事洗濯はおろか絆創膏一つまともに貼れやしない、人工呼吸なんてもってのほかだ。

「でさ、ニイニに言っておかなきゃならないことがあるんだ」
 熱中した時の癖で、綾香は片膝立てて迫ってくる。
「片膝立てるのはやめれ、パンツが見える」
「うん、純花はさ、こんなことがあったんじゃ、もう学校には来れないんじゃないかと思うんだ……」
 純花は膝を下ろしたが胡坐になって貧乏ゆすりを始める。まるでオッサンだけど、綾香が神経を集中した証拠でもある。こうなると何を言っても無駄。女装した弟だと脳内変換する。
「朝にも言ったけど、ニイニが人工呼吸したのは絶対の秘密! 純花が知ったら悶絶して、呼吸どころか心臓まで停まってしまう。いいわね」
「お、おう、そりゃ、俺の方からも願うところだ」
「それから、純花を学校に戻すの、最後まで付き合ってね。もう、あたしの手には余るところまできてっから」
「お、おう」
「じゃ、指切りげんまんだ!」
 ずいっと手を伸ばして、俺の指に無理やり自分の小指を絡めてくる。意外なほどに細っこくて柔らかい小指にドギマギ。

「「指切りげんまん、嘘ついたら、針千本のーます!」」

 小学校以来十年ぶりで兄妹の仁義をきった。
「でよ、なんで俺を90分も早く学校に来させたわけ? やっぱ、あれは性質の悪いいたずらだったのか?」
 この梅雨時に、学校まで全力疾走させたことを問いただした。
「それは……ひょっとしたらニイニのレジェンドになるかもって」
「は、どーゆことだよ?」
「ニイニって、普通ってかオーディナリーじゃん。成人する前にさ、一個ぐらいレジェンドになるタネ? そーゆーもんがあってもいいかなって、妹からの愛よ」
「はー、俺を自分の登校時間に合わせたなあ? そんで万一の時には、俺が助け船だせるよーに?」
 どうやら、俺は綾香の掌の上で踊らされていたようだ。
「ま、とにかく純花を学校に来させること。時間がたてばたつほど……」

 その時、きしみながら相談室のドアが開いた。

「しし心配かけたわね、たたったたった今、二宮純花は復活したかららららら」

 二宮純花がトマトジュースを手に、真っ青な顔で震えながら立っていた。


 ♡主な登場人物♡

 新垣亮介      坂の上高校二年生 この春から妹の綾香と二人暮らし

 新垣綾香      坂の上高校一年生 この春から兄の亮介と二人暮らし

 二宮純花      坂の上高校一年生 綾香の友だち トマトジュースまみれで呼吸停止

 桜井 薫      坂の上高校の生活指導部長 ムクツケキおっさん

 唐沢悦子      エッチャン先生 亮介の担任 なにかと的外れに口やかましいセンセ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校ライトノベル・あたしのあした15『血相変えたネッチが飛び込んできた』

2018-03-06 05:49:51 | 小説4

 あたしのあした15
 『血相変えたネッチが飛び込んできた』
      


 横田智満子が登校してきた。

 えと……一週間ぶりだよね?
 ネッチに聞いたら「え、半月ぶりでない?」と答えがかえってきた。

 ほんとうは一週間なんだけど、あえて訂正はしない。

「あたし萌恵先生に用事があるから、お昼はいっしょできないの。じゃあね」

 渡り廊下でネッチたちと別れる。これだけ言っておけば、以前のように智満子を囲んで昼ご飯になるだろう。
 あたしがいたんじゃ、智満子のこと誘いにくいだろうしね。

「なに、あたしに用事って?」

 約束の生物準備室にいくと、萌恵ちゃん先生が椅子をくるりと回して言った。机の上にはお約束のお弁当が載っている。
「お世話かけます、ここいいですか?」
 萌絵ちゃんに断って、横に座る。お弁当はあらかじめ先生に渡しておいたものだ。
「あ、そだ、お茶沸かしていいですか?」
 お茶の用意くらいはしてくれているかなあと思ったけど、萌恵ちゃんは、そこまで気はまわらないようだ。

「どうして、あたしにお弁当預けたりしたの?」

「お弁当ぶら下げて教室出たら、いかにも意図的ってわかっちゃうでしょ。自然な形で智満子が溶け込めるようにって気を回したんです……はい、お茶」
「ありがと。でも、話ならお昼食べてからでも良かったんじゃないの?」
「食べてからじゃ時間が足りません。それに、あたしが居たんじゃ、智満子はハミゴになります」
 悪い人じゃないんだけど、萌恵ちゃん先生は、担任としての想像力に欠ける。
「智満子が来るんなら、あらかじめ根回しがいるような気がします」
「根回し?」
「知ってると思いますけど、あたしは、かなり衝撃的なやり方で智満子をボスの位置から引きずり下ろしました。そうしなきゃ、あたしへのイジメは終わっても、こんぐらがっちゃってクラスめちゃめちゃになりましたから」

「え、あ、そなの?」

 悪いけど、教師としての資質を疑うくらいに鈍い。
「そーですよ。それとなくあたしや智満子や取り巻きには話しておくべきでしたよ」
「え、どんなことを?」
 そんなあどけない顔で聞かないで下さいよセンセ。
「智満子には気負わずに学校に来ること。変に意識したら構えてしまってトラブルになるになるってなこと」
「え、むつかしい」
「ボス風吹かせたら、みんなから嫌われるでしょ。かと言って、ひとりイジイジしていたら『うっとい女!』ってことになって、クラスで暴力事件が起こります。で、智満子はクラスに居場所が無くなって、ヘタすりゃ、クラスは大波乱になっちゃいます」
「とりまきとかには?」
「その逆のことを言えばいいんです。以前みたいにお喋りしたり、いっしょにお昼したりすることです。ボスとしてじゃなく、お友だちとして。そしたらソフトランディングできます」
「そーなのか……」
「それに、そういう根回しやっとくと『さすがは萌絵ちゃん! なかなかの担任!』ということになって、今後のクラス経営がやりやすくなります」

 どーして、あたしが担任のポテンシャルまで心配してやらなきゃならんのだ!?

「恵ってすごいのね……正直いじめられっ子で、この先みこみないって思ってたんだよ」
 思っていても、そういうことは言わない方がいいと思う。
「えと……そろそろ食べません? お茶とかも冷めちゃうし」
「え、あ、そだね」
 やっと、おべんと箱の蓋に手を掛けると、準備室のドアがガラリと開いて、血相変えたネッチが飛び込んできた。

「ちょっと大変! 智満子が食堂で大暴れしてる!!」

 しまった!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加